通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ONE PIECE 66 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ONE PIECE 66 (ジャンプコミックス) コミック – 2012/5/2

5つ星のうち 2.9 137件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ONE PIECE 66 (ジャンプコミックス)
  • +
  • ONE PIECE 67 (ジャンプコミックス)
  • +
  • ONE PIECE 68 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

因縁の過去を払拭し、魚人と人間に新たな絆は生まれるのか!? 魚人島編最高潮!! そして一味は遂に最後の海「新世界」へと帆を進める!! どんな冒険が待つのか!? “ひとつなぎの大秘宝"を巡る海洋冒険ロマン!!

著者について

Eiichiro Oda began his manga career at the age of 17, when his one-shot cowboy manga Wanted! won second place in the coveted Tezuka manga awards. Oda went on to work as an assistant to some of the biggest manga artists in the industry, including Nobuhiro Watsuki, before winning the Hop Step Award for new artists. His pirate adventure One Piece, which debuted in Weekly Shonen Jump magazine in 1997, quickly became one of the most popular manga in Japan."


登録情報

  • コミック: 216ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/5/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088704169
  • ISBN-13: 978-4088704166
  • 発売日: 2012/5/2
  • 商品パッケージの寸法: 11.2 x 2 x 17.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 137件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
ジャンプにワンピースの第一話が掲載されてから、ずっとファンでした。

特に頂上戦争での盛り上がりと登場人物一人一人の想いには胸が震えました。
評価はいろいろあるでしょうが、個人的によくあの壮大な規模のストーリーと
キャラの奥行きの深さを「漫画」におさめられたな、と感服です。

と、このように書くとアンチの方からワンピース信者と言われるでしょうが(苦笑)

ただ魚人島編は何度読み返しても、この先今までのように新たな気づきや隠された
メッセージを発見し感動する、ということはないように思います。
もちろん、おそらくテロや中東の宗教争いをモチーフとした差別意識への問題提起は
題材として素晴らしいものです。現実では泥沼化して終わりが見えない問題ですが、
尾田先生なりの考えが全面に表れた理想的な収束を漫画を通して見せてくれました。

ですが、いかんせん読みづらい。何より、ルフィの魅力が半減してしまった。

ルフィという男は、楽観的でノリが良く、考えるより先に行動する仲間思いの男です。
そういう基本的な所は変わっていませんが、今はこれに「無責任さ」がついてまわっ
ているような気がしてなりません。

...続きを読む ›
コメント 132人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
新刊買った場合、前巻の内容を忘れてるので 売らないで取っておいてますが。。。
惰性で買ってきてましたが、もうひどいよ。
魚人島編ラストも感動もカタルシスもなかったし、ただの流し読み。

絵がごちゃごちゃして分かりずらすぎて、
いらない情報が多すぎ、キャラと読んでる側とのテンションが合わないとなってしまいました。
とうとう続きも気にならなくなるほど。

発売日に欲しくもないし、大量に出る古本で良いよ。
1 コメント 149人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
退屈で長かった魚人島編もやっと終わり…。
ワンピースも今では巻数を重ねる毎につまらなくなってきてしまっている。ワンパターンな展開がここまで続くと痺れを切らしている読者も多いんじゃないだろうか?
基本的に彼はいらないであろうシーン、回想シーンにページを使いすぎ。他の漫画家ならに2ページも使わないで語れる事をコミックスにして半冊分もページを使うからテンポが悪く、回想を終えた頃にはそれ以前の状況を忘れてしまう状況に。如何に少ないページで、台詞で、テンポ良く話を理解させるかという少年誌向けの技量は残念ながら低い方だと思う。
映画で例えるなら、没シーンを無理矢理収録したディレクターズカットバージョンの様なものかと。
この辺りはプロデュース不足な編集者の責任も大きいのかもしれませんが…。
SBSのコーナーの様な読者を大切にしている素振りはあるが、本当に小さな子供の読者の事を考えているのなら現状の様な作風にはならないのではないか。
小さな子供から大人まで楽しめる、そういう点では鳥山明なんかはプロに徹っしていたと思います。
ストーリーは頭に残らない陳腐なもので、更に絵がゴチャゴチャしていて読みづらいのでここでもテンポの悪さが(このジャンルで読みにくいとゆうのは致命的な欠点)。
世界を拡げ過ぎて作者自身も手に終えなくなっ
...続きを読む ›
2 コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 wakao 投稿日 2012/5/10
形式: コミック
どうしたんだろう。巻を追うごとにつまらなくなってます。
65巻でもそうでしたが、とにかく漫画として下手。

もしかしたら、ストーリーは面白いのかもしれない。だけど、
漫画として見せ方や構成が下手すぎて本当に読むのが苦痛。
一度読んですぐにまた読み返してしまう漫画もありますが、
最近のワンピースは一度読んだらほぼ読み返さない。
なぜなら、印象に残るシーンや言葉が全く無いから。

漫画という表現手法は、実写映画やアニメや小説とは違う。
漫画だけにしかできない表現、漫画にこそふさわしい表現、
そういうものがあるはず。なのに、66巻はただ単に出来事が
並んでいるだけで、漫画として全く面白くない。

2年間の成果を見せる。
ポセイドンの正体を明かす。
この2点のために配置されたであろう魚人島編。
その役割は果たしたかもしれないけど、本当にそれだけですね。
「実はあれも伏線だった。すごいでしょ?」と言われても全然
伝わってこない。ただのこじつけ。

はっきり言って、作者が心配になってきました。
本当にこんなんでいいんでしょうか?なんか投げやりすぎませんか?
何のひねり
...続きを読む ›
2 コメント 194人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック