ONE PIECE ワンピース THE MOVIE... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 [DVD]

5つ星のうち 3.3 76件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,860
価格: ¥ 3,254 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,606 (33%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,254より 中古品の出品:8¥ 1,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 [DVD]
  • +
  • ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険 [DVD]
  • +
  • ワンピース 呪われた聖剣 [DVD]
総額: ¥10,303
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 田中真弓, 中井和哉, 岡村明美, 山口勝平, 平田広明
  • 監督: 細田守
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映
  • 発売日 2005/07/21
  • 時間: 91 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 76件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009ME7H6
  • EAN: 4988101118021
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 24,543位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   尾田栄一郎原作による「週刊少年ジャンプ」の看板人気漫画『ONE PIECE』の劇場用長編第6作。甘い言葉に誘われて、リゾート気分でオマツリ島にやってきたルフィ率いる麦わら海賊団。しかし彼らを待っていたのは、オマツリ男爵による地獄の試練だった。金魚すくいや輪投げなど、いかにもお祭チックなイベントを提供しながら、海賊団の結束を壊そうとする男爵の陰謀にルフィが迫る。監督はジブリの要請で『ハウルの動く城』を手がけるという話もあった注目の若手アニメ作家・細田守。『ONE PIECE』最大のテーマともいえる仲間同士の絆を主軸にしつつ、テレビシリーズの拡大版だったこれまでの劇場版とは明らかに異なる、いわば『ルパン三世』における「カリオストロの城」のような独特のカラーを持った異色作に仕上がっている。(田中 元)

内容(「Oricon」データベースより)

集英社「週刊少年ジャンプ」連載の人気漫画「ワンピース」の劇場版第6弾。地図を発見し完全に冒険モードとなったルフィたちは、その地図に描かれたオマツリ島へ!しかし、島はすごく地味でガッカリするルフィたち。そこへオマツリ男爵と呼ばれる巨大な男が現れた。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

私個人としては、好きな映画です。 細田監督の影なし演出のおかげで絵が手抜きっぽいと仰る方もいますが、それが細田監督の味だと思います。やたらよく動く絵と丁寧な背景などは拍手ものです。迫力がありました。 話の方は、ワンピースらしくない、キャラが違う、ワンピースを理解していないなどの批判や、タイトルが合ってない、ルフィ以外のクルーの活躍が少ない、仲違いがなあなあで終わっているなどありますが… 楽しい雰囲気の序盤やタイトルはミスリードの為ではないかと。 そのおかげで前半と後半の雰囲気の落差が激しく、惹き込まれました。 伏線も多くいろいろな視点から「仲間」というものを見られて、1つの映画として見ごたえを感じます。 ホラータッチの部分や他作品から浮いた話、作画はやはり賛否両論に別れるのは仕方がないかと。 楽しく爽やかなワンピースを家族で見たい方にはおすすめ出来ませんが、一風変わったワンピース、ギャグ的な意味でない「面白い」映画を見たい方には是非見てほしいかなと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
映画としてのクオリティはとても高いです。

レイアウト一つ、音一つとってもこだわりが感じられ空気感がしっかりでているクリアな印象で冒頭のタイトルまでのシーンを見ているだけでも映画だなぁという感じがずんずん伝わってきます。

作画監督がいつもより上手い人なので影がなくてもいつも以上に重さのある動きでよりリアルに感じました。

前半はおそらく企画段階であがっていたお笑い部分でそこは原作にとても近くてかなり笑えます。ただ監督としてはただのバライティにするつもりはハナから無かったと言わんばかりに中盤以降はシナリオがワンピースらしくない方向へ向かっていきます。

この作品では四人のリーダー(船長)がそれぞれ仲間を失いかけた時、また失った後どう行動をおこしたかというのが大きなテーマになってきますが。

ルフィのキャラクターからするとこのテーマ自体がワンピース的に後ろ向きな気がしました。

なので突き詰めていくと最後はあんなきつい状況に追い込まれて行くのは納得はできますが「ワンピースらしく」はないと思います。

あとグロテスクなシーンはやはりやりすぎ感がありました。

映画としてはとても完成度が高いと思うのですが、原作は前向きにいい意味で嘘を突き通す作品なので後味が微妙なモノに感じられたので星4つにしました。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これまでの映画作品のような内容を想像している人は、今回の作品にかなり驚くのではないでしょうか。
精巧に貼られた伏線、オマツリ島の謎、男爵に抵抗する人たちの人間ドラマなど、より高い年齢層を視野に入れた完成度の高さです。
男爵が執拗に『仲間』にこだわる理由、オマツリ島に隠された恐ろしくも悲しい秘密とは……ラストはハンカチなしに観られませんでした。
難点は、本来のワンピースとあまりに違う世界観ということでしょうか。
笑って見られるのは「地獄の試練」一回目まで。中盤以降は暗めの展開が続き、予告編からは想像もつかないエグいシーンも出ます。
これまでの子供向け映画から一歩踏み出し、新しい路線に挑戦した異色作品、と割り切って観るのが良いと思います。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まず、ワンピース映画屈指の完成度である事は言うまでもない。
ただ、賛派の私としても、作品の重要なファクターである筈の海賊団の崩壊から和解の流れが、不完全燃焼でうやむやになってしまった感が否めないのが残念な映画。よって星三つ。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この映画の良し悪しは細田監督>ワンピースか、細田監督<ワンピースで分かれると思う。
自分は細田監督の作品も好きなんだけど(デジとかおじゃ魔女とか)、
細田監督<ワンピースだから今回の評価は星2つ。
あくまでも自分見解だけど
ナミは怒ったときにあんな陰険な無視はしないだろうし、
サンジが料理を食べようとしてる者に食べさせないなんてことは
ないと思っているから。
どこかのHPでアップされてた監督のインタビューを読んだけれど、この映画に描かれている仲間同士の確執は
監督がある作品に関わったときの監督自身の体験が投影されてるらしいじゃないですか・・・。
やめてほしかった・・・。
男爵側は細田テイストが出ててすごくよかった。
でもルフィたちは中途半端だったし、やっぱり監督はたくさんの人物を動かすのは苦手なようだ。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック