Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500
(税込)
ポイント : 2pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad

Number(ナンバー)926号[雑誌] Kindle版

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 500
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 590 ¥ 127

紙の本の長さ: 102ページ

商品の説明

内容紹介

2017年の松坂世代。

松坂大輔が甲子園で伝説を残してから、今年で20年目を迎える。
多くの有望選手を揃えて「松坂世代」と呼ばれた彼らも37歳になり、
第一線で活躍する者、故障に苦しむ者、引退した者と立場はさまざまだ。
そんな彼らに今シーズンにかける思い、切磋琢磨してきた同学年に対する思い、
この世代を牽引してきた松坂大輔に対する思いを語ってもらった。

そして、故障に苦しむ松坂は彼らの思いをどう受け止めているのか。
独占インタビューで、右肩の現状と胸中を明かした。

SPECIAL FEATURES
[巻頭言]文●石田雄太
あの日、彼らは「松坂世代」になった

[独占告白]
松坂大輔「再生のときを信じて」

[証言ノンフィクション]
片岡篤史&東尾修
「デビュー戦『155km』の衝撃」

[横浜高チームメイトは今]
後藤武敏/小池正晃/小山良男
「松坂への旅」

[比較年表]彼と彼らの19年

[特別エッセイ]文●矢崎良一
太陽と惑星の距離で

[トップランナーの心得]
和田毅「変わらないことの難しさ」

[逆境を乗り越えろ]
村田修一「世代最強打者の原点」

[前例なき決断を語る]
杉内俊哉「景色を変える勇気」

[NPB現役選手ギャラリー]
19人の肖像
藤川球児/館山昌平
小谷野栄一/渡辺直人
上本達之/矢野謙次
工藤隆人/實松一成
久保康友/梵英心
江草仁貴/久保裕也
永川勝浩/木村昇吾

[ひと目でわかる]あの人も松坂世代

[辞めたからわかること]
木佐貫洋/新垣渚/土居龍太郎
「そして野球と人生は続く」

[完全名鑑]
松坂世代プロ入り93名 同窓会名簿

[2017ダービー馬を探せ!(4)]
アルアイン「皐月賞馬の勝算」

[新チャンピオン誕生]
ふたりの神童がたどりついたマスターズの優勝争い

[ナンバーノンフィクション]
尹晶煥「韓国スタイルでも、日本スタイルでもなく」

[人類の限界点に挑む]
マラソン2時間の壁は超えられるのか

[2020東京へ 第8回]
野口啓代×野中生萌(スポーツクライミング)
「“登る”ことに魅了されて」

[The CHAMPIONS 第6回]
西城正三「シンデレラボーイ」

[最強高校部活探訪 第16回]
私立洛南高等学校陸上部

※「Number926号」電子版の編集ページは紙版と同じ内容です。

この雑誌について

ただ今絶好調、総合スポーツ誌の雄

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 62187 KB
  • 紙の本の長さ: 102 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2017/4/26)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07113XVS6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
正直、内容はイマイチでした。最近のNumberの悪いところというか、昨年の清原特集号で味を占めて二匹目のドジョウを狙った感じがプンプンします。松坂はまだ現役だし、松坂世代も終わったわけではないので、今年のこのタイミングに意味があるのか?と感じました。現役で必死になっている選手の怪物だった頃の特集?違和感を禁じえません。これを松坂へのエールだと編集部が考えているのなら、スポーツが好きじゃないのかな?記事の内容で勝負していた昔のNumberが懐かしいなぁ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
松坂世代のあの頃と今を描いた特集。自分たちの年齢や衰えと向き合いながら、変わらないものも持ち続けている。冒頭、松坂のインタビューからその後の世代選手の原稿まで1つのテーマが貫かれている。野球だけでなく、いろいろな世界のすべての30、40代に刺さると思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
いまだ日本復帰後、一軍での登板のない松坂大輔が表紙だ。しかし、この号の主人公は松坂も含めた、36歳から37歳へとさしかかる男たち。彼らはそれぞれに、それぞれの抱える課題に全力で立ち向かい、少しでもよい明日を迎えられるように、必死で、でも明るく前を向いている。人はみな、積み重ねてきた歳月の上に、今日を生きる。誰よりも〝投げたがり〟だった松坂は、肩の痛みと戦いながら、明日への希望を胸に眠りにつくという。股関節の手術から8割の回復を見せた杉内は、マウンドでの「全く新しい景色」に驚いている。和田毅は、5年後の自分のために牙を研いでいる。村田修一は「先に辞めたやつらの分までとことん現役にしがみつく」。先に辞めスカウトに転身した木佐貫洋は、スピードガンを片手に、自分たちの世代を超えるような名選手を探している。彼らは皆、必死で生きている。その姿に、胸を打たれる。断じて懐古主義ではない。今を生きる我々は、彼らの言葉に、彼らの言葉に背中を押されるだろう。よい特集だった。さあ、明日もがんばろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover