Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 939

¥ 168の割引 (15%)

ポイント : 258pt (27%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[Archer, Jeffrey]のNot a Penny More, Not a Penny Less
Kindle App Ad

Not a Penny More, Not a Penny Less Kindle版

5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー

その他(33)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 939
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 11,993 ¥ 5,139
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 767 ¥ 449
Loose Leaf
"もう一度試してください。"
¥ 19,988
CD, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 3,873
カセット, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 2,471

紙の本の長さ: 324ページ Word Wise: 有効 タイプセッティングの改善: 有効
Page Flip: 有効 言語: 英語
【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


商品の説明

内容紹介

The conned: an Oxford don, a revered society physician, a chic French art dealer, and a charming English lord. They have one thing in common. Overnight, each novice investor lost his life's fortune to one man. The con: Harvey Metcalfe. A brilliant, self-made guru of deceit. A very dangerous individual. And now, a hunted man.

With nothing left to lose four strangers are about to come together-each expert in their own field. Their plan: find Harvey, shadow him, trap him, and penny-for-penny, destroy him. From the luxurious casinos of Monte Carlo to the high-stakes windows at Ascot to the bustling streets of Wall Street to fashionable London galleries, their own ingenious game has begun. It's called revenge-and they were taught by a master

内容紹介

The conned: an Oxford don, a revered society physician, a chic French art dealer, and a charming English lord. They have one thing in common. Overnight, each novice investor lost his life's fortune to one man. The con: Harvey Metcalfe. A brilliant, self-made guru of deceit. A very dangerous individual. And now, a hunted man.

With nothing left to lose four strangers are about to come together-each expert in their own field. Their plan: find Harvey, shadow him, trap him, and penny-for-penny, destroy him. From the luxurious casinos of Monte Carlo to the high-stakes windows at Ascot to the bustling streets of Wall Street to fashionable London galleries, their own ingenious game has begun. It's called revenge-and they were taught by a master


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 715 KB
  • 紙の本の長さ: 324 ページ
  • 出版社: St. Martin's Paperbacks; Reprint版 (2004/5/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 英語
  • ASIN: B00268EVM2
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: マスマーケット
始めはスロー発進、だがひとたび著者のペースにはめられると、もうページを捲り続けずにはいられない。最後まで楽しませてくれて、後味も良い娯楽小説である。しかし物語を楽しみつつもそこに、著者の祖国イギリス(人)をみつめる愛情と批判のまなざし、典型的アメリカ人の一人に対する畏敬と少々の軽侮の念を読み取ることができれば、本書は単なる娯楽小説を超えて、非常に読み応えのある社会小説ともなるだろ.
物語自体は至って簡単でよくある話だが、その随所に著者のいわば英社会批評がちりばめられている。序盤で英国政府が北海油田の重要性に気付くのが遅れたことを悔やむことから始まり、物語の主人公達=英上流社会の主人公達の人物描写や、ウィンブルドン、競馬場、伝統ある大学の式典の様子等〡!...。但しこれらはいずれも、我々日本人には馴染みの薄い事柄で、それを全て英文で理解するには困難があるので、その時は邦訳の助けがほしい。
しかし著者の、その持ち前の小気味好いストーリー展開と、登場人物の会話の妙を味わうには、やはり原文から目をそらしてはならない。とにかく楽しんでもらいたい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット
TOEIC 630点レベルという本の帯が目に入り、空港で購入し欧州へ出発。サスペンスもので簡単な文章というと、シドニーシェルダンあたりしか知らずに困っていたところでした。ところが読み始めてみると、いきなり金融関係の話で少し難解でした。いわゆる株に騙された4人の被害者達が団結して4つのシーンで、騙したやつにやり返すという、まあ良くある話ですが、それぞれのシーンが本当にスリリングな展開でした。気がつくと、普段は2〜3ページづつで休憩になる小生が、数十ページを一気に読み続けていました。ちなみに表題の意味は、騙されたお金を1ペンスたりとも過不足なく騙し返す。という意味のようです。いよいよ4シーン目も終え、最後の最後という時に、とあるニュースが主人公に飛び込みます。これが最高に小気味良い。気分壮快かつウィットに富んだ、実に小生好みのエンディングでした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット
言わずとしれたArcherの処女作。今まで読んだ中で一番良かったコンゲーム。Henry Cecil のWays and Meansよりもずっとよかった。映画のStingなどが好きな人にはお勧め。英語としては多少読みづらいかもしれないが、それもまたArcherらしさ。
これは、テレビ映画にもなっていて、何度かNHKでも放送されている。もちろん日本語訳も出ている。原作には及ばないが、それを見て・読んでから読み直すと、またおもしろい。
サーガもいいけど、もっとこういう話を書いてくれないだろうか。ねえ、獄中のSir Archer.
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ハムなしソーセージ トップ1000レビュアー 投稿日 2014/6/29
形式: マスマーケット
I am not sure, but my impression about Jeffrey Archer is that although he has the ability to capture and hold the reader’s attention until the last page has been closed, he is a little bit too fictitious. There is no problem in that writers of fiction are fictitious, but there is some danger in that they are a little too fictitious. The danger is that the limits of plausibility may be exceeded, and the result is caricature. For example, the twist about the heroine at the end of this novel is surprising enough, but of too much coincidence. Such coincidence really may put too great a strain on t...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
この物語に出てくるロンドンやその周りの著名な地域が、アーチャー個人の経験から語られているようで、生き生きと読み手に伝わってくる。
何か所かに仕掛けられたプロットに、宙刷りになったような気分のまま読み終えた。
同時に何本も書き進めることが出来るなんて、このアーチャーの頭の中はどうなっているのだろう。
書き尽きないようなので、また次回作が楽しみだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover