Nevermind がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,368
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Asleep
カートに入れる
¥ 1,368
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 流行ラボ OSACCO
カートに入れる
¥ 1,368
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: masterpiece Inc.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Nevermind CD, Import

5つ星のうち 4.3 255件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,368 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ウキウキ書房が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ニルヴァーナ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Nevermind
  • +
  • BLEACH
総額: ¥3,414
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1991/9/24)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Geffen
  • 収録時間: 59 分
  • ASIN: B000003TA4
  • JAN: 0720642442524
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  DVD Audio  |  LP Record  |  付属品  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 255件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 5,551位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Smells Like Teen Spirit
  2. In Bloom
  3. Come As You Are
  4. Breed
  5. Lithium
  6. Polly
  7. Territorial Pissings
  8. Drain You
  9. Lounge Act
  10. Stay Away
  11. On A Plain
  12. Something In The Way

商品の説明

商品の説明

Nevermind [CD] Nirvana

Amazonレビュー

   90年代ロックにおいて、最も重要な意味をもつ作品である。
   パンク/ハードコアを基調にしたハードエッジなサウンドとポップなメロディが奇妙に同居した本作は、アメリカン・オルタナティヴ、グランジを一気にメジャー・シーンへと引っ張りあげた。と同時に、先行きの見えない時代の閉鎖感をカンペキに表現し尽くした。特に大ヒット曲<1>の「Hello, Hello, Hello, how low?」(ハロー、ハロー、どのくらいひどい?)というフレーズは、殺伐(さつばつ)とした空気を見事に表している。全世界で1000万枚以上のセールスを記録した。(森 朋之)


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: MP3 ダウンロード Amazonで購入
Nirvanaの名作「Nevermind」のCDだと4枚組になる豪華デラックス・エディション。
Disc1は91年に発売された当時のアルバムにシングルのB面曲等を足した内容。
Disc2は「Nevermind」を録音するのあたってのセッションやリハーサルを収録した内容。
Disc3はAndy Wallaceとはミックス違いの「Nevermind」を収録した内容。
Disc4はParamountという所で収録されたライブ音源という内容。
Disc1はリマスターされたか表記されていないので判りませんが、音質はかなり良いです。嬉しいのは当時のシングルB面曲を足してくれた所。私はこれにJesus Lizardとカップリングで出したシングルの「Oh the Guilt」を勝手に継ぎ足して聴いております。
Disc2はリハとセッションですが、何とも荒々しいむき出しのNirvanaを体験できます。これを聴くと当時「Nevermind」は音が滑らか過ぎると批判されたり、Kurt自身が聴き易くし過ぎたと反省していたのが良く判る内容になっております。
Disc3はAndy Wallaceが手掛けたミックスとは異なるミックスの「Nevermind」が聴けますが、ドラムの音が控えめになっているのが判り、これでAndyに頼んでミックスし直
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 長野尚行 投稿日 2017/4/9
形式: LP Record Amazonで購入
14歳で初めて聴いてから41歳になる今までこのアルバムの価値が自分の中で下がった事は無い。カートが言う通りネバーマインドはロックスやパラノイドやバックインブラックと同じく聴かれ続ける本当の本物の名盤になった。今聴くとデイブグロールのドラムばかりが耳に残る。曲や存在感はともかく、プレイヤビリティはデイブが一番だったのかも。フーファイターズが成功したわけだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 高校時代、筆者はロックをむさぼるように聴いていて、あるときレディオヘッド経由でニルヴァーナというバンドのことを知った。典型的な中二病ルートである。正直なところ、音楽的経験値の乏しい高校生にはレディオヘッドは難解すぎた。その点、このアルバムのわかりやすさには一種の感動をおぼえたほどだった。スリーピースのバンドができる最高の音楽だと思った(いまではミューズのほうがすごいと思うが)。
 わかりやすい曲構造、キャッチーなリフ、荒々しさ。ロックを聴き始めた小僧が夢中になるだけの要素がすべてつまっている。カート・コバーン(なぜコベインではないのだろう?)のディストーションがかかったような声。しかし、歌詞だけは最後までさっぱり意味不明だったなと思う。たぶん、意味なんかないのだろう。カートは友達を見つけてうれしい(「Lithium」)とかそういうストレートなことをたまに歌う。彼は周囲からの共感を求めながらもそれらが得られずに、最後まで孤独に苦しんでいたのだろう。意味不明な歌詞は、彼のそういう鬱屈した感情を言語的にイメージ化したものなのであって、少なくともそういう感情のムードは否応なしに伝わってくる。繊細な心を持った少年・少女が人生のある時期で遭遇せざるを得ない感情である。大人になってこのアルバムを夢中で聴くことはできない。このアルバムは悩める少年・少女の憂鬱を吹き飛ばすためにあるのだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
グランジ・サウンドは、少年の心に通奏低音のように鳴り響く、孤独感や閉塞感といった心の叫びを音として表現したものだと解釈している。
〈ブルース感覚溢れる気怠くダウナーな導入から、爆発するように鳴らされる轟音ギター、喉から振り絞る絶叫。〉
それら全てが、時代の空気・90年代のキッズの気持ちを代弁していたからこそ画期的だった。

80's的なグラマラスなロックサウンドとの決別が、ここでは、鮮やかに行われている。
このパワフルで、スモーキーで、ソリッドでなによりもダークな音響が90'sロックのあるべき姿を描いていた。

爪痕ともいうべき幾つかのマスター・ピースを遺し、ヴォーカリストのKurt Cobain(カート・コバーン)は自らの手で命を絶ってしまう。そんな、不世出な姿というのもこの世代の気分を強く代弁していた。

…最後に、私が感銘を受けた、渡辺亮さんの文章を引用させていただく。

「ブルーワーカーの家庭に生まれ、小学生の時に両親が離婚したため、母親に引き取られて育てられたKurt Cobain(カート・コバーン)。よって少年時代は引きこもりがちだったという。
そんなカートが作ったNirvana(ニルヴァーナ)の曲の幾つかは、少年時代の彼自身の心の叫びでもあり、それら
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー