Never Mind the Bollocks (... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,181
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
カートに入れる
¥ 1,680
101pt  (6%)
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 桂和商事株式会社
カートに入れる
¥ 1,880
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: CD・DVDのタジマヤ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,260MP3アルバムを購入

Never Mind the Bollocks (2012 Remaster) CD, Original recording remastered, Import

5つ星のうち 4.6 83件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 996 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の セックス・ピストルズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Never Mind the Bollocks (2012 Remaster)
  • +
  • London Calling
  • +
  • ラモーンズの激情+8
総額: ¥3,465
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2012/6/5)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Original recording remastered, Import
  • レーベル: Universal UK
  • 収録時間: 38 分
  • ASIN: B007WA10IW
  • EAN: 0602527965031
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  Mini-Disc  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 83件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 18,518位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

1. Holidays In The Sun
2. Bodies
3. No Feelings
4. Liar
5. God Save The Queen
6. Problems
7. Seventeen
8. Anarchy In The UK
9. Submission
10. Pretty Vacant
11. New York
12. EMI


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
RCサクセションに「言論の自由」という名曲がある。「本当のことなんか言えない。言えば殺される。言えばにらまれる」ガンジーとマーティン・ルーサー・キングとジョン・レノンは本当のことを言い続け、殺された。1976年に登場したセックス・ピストルズもまた「本当のことしか言えない」バンドで、18歳のジョニー・ロットン(ジョン・ライドン)は右翼の暴漢に襲われ、ナイフが脚と左手のひらを貫通する重症を負った。

「あやしい奴だな。お前はうそつきだ」「誰にも何にも感じねえ。自分が一番好きだから」「神は女王陛下をお救いになる。神は男で、あの女は人間じゃない。俺たちに未来はねえ」「俺は自分のやりたいようにやる。問題はお前だ。お前は何がしたいんだ」「まだヤクなんてやってんのか。くだらねえ」「俺は反キリストだ」「俺はアニマルじゃねえ」「俺たちが有名になって、EMIががっぽり儲ける。ハローEMI」ぶっきらぼうな旋律に乗せて、言葉のナイフが突きつけられる。

ピストルズがやったことは、かつてビートルズやストーンズにあって、ショービジネスの中で次第に損なわれ失われてしまった何かを、取り戻す闘いだったように思う。労働者階級出身のミック・ジャガーやジョン・レノンは今や豪邸に住み、あろうことかミックが娘(5歳)の誕生日に白い子馬を贈ったというようなニュースが流れて、誰が「満足でき
...続きを読む ›
2 コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
SEX PISTOLSの『勝手にしやがれ』は今まで何度も再発(紙ジャケやSPUNKとのセットなどで)されて来ました。
その度にリマスターを期待するものの肝心の中身は悪評を買っている1993年デジタルリマスタリングでした。

そして、発売35周年を記念してやっと、やっと出た新たなリマスター。

結論から言うと良くなっています。
旧盤を所有してる方が買い直す価値は十分にあると思います。

1993年デジタルリマスタリングとの比較ですが、あのどうしようもない音質はかなり改善されました。
音の輪郭が本当にくっきりし、音量も籠った感じの聴きづらいものから聴きやすいものになっています。
「God Save The Queen」や「Anarchy In The UK」でリマスターの効果を実感出来ます。
今までCDでこのアルバムを聴く際に音質の悪さにやきもきしてきたリスナーの方も、ある程度は納得出来る音に仕上がっているのではないかと。
ただ、完全に満足出来るかどうかは人によりけりです。

そして1998年にVirginから発売された21周年記念盤(21st Anniversary Edition)との比較。
デジパック・カラーブックレット仕様でオリジ
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
子供のころ聴いたときはなんて粗雑でやかましくてデリケートさのかけらもない音楽なんだって
思って嫌いでしたが、大人になり成熟した耳で聴くとこんなにもPOPでノリノリのロックンロールだったのかと
感動させられました。
他の初期パンクバンドに比べて格段に音圧が強力でビートが重たい。
プロデュースがクリス・トーマスによるものだからか音楽的な完成度が非常に高いです。
意外と演奏力がしっかりしていたことが伺えます。(特にグレンのベースは凄くドライブしていてカッコいい)
ジョニーロットンのボーカルも勢いがありみずみずしい。

思想的な面ばかりがクローズアップされてますが純粋にバンドサウンドとしてカッコいい。
でなかったらこんなにも長い間ロックの名盤として輝きを維持することはできなかったでしょう。
ロックの教科書でありすべての若き野郎ども必聴必携。
初心者がコピーするのにもってこいの簡単で分かり易いツボを押さえた楽曲がぎっしりです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 ピストルズの一番の魅力は、ジョニー・ロットンの歌う歌だと思う。
僕は不良じゃなければパンクスでもない。
デカダンスへの憧れも別に無いが、このアルバムが大好きだ。
なぜなら、ここには僕を楽にしてくれる歌があるからだ。
しかしそれはメロディとかリリックとかをややこしく説明するようなレベルではなく、
口を可能な限りおっぴろげて、バカみたいな声で
「ア‾‾ィア‾ムァ‾ンナンチクライストォァッ!!!!!」
(I am an anti-Christ)
てな事を堂々と歌えることにたまらなく魅力を感じるからだ。

 彼らはロック史上でも稀に見るくらいにバカなことをやったバンドだと思う。
しかし、本当にバカだったのではなく、完全に演じていたのだ。
ライドンにいたっては未だに・・・。
そして、そうすることによって、縮こまった世の中を笑い飛ばした。
そこにピストルズの存在意義があるように思う。

 時に傍若無人に笑いながら、時にふざけてムセ返りながら、
しかし言いたい事全てをたった1枚のレコードで言い切ってしまうジョニー・ロットンの歌声に、
きっと何かを突き動かされるに違いない。
『ゴッド・セイヴ・ザ・クィーン』において繰り返される「No future」という言葉に、
僕は未来への希望を感じてしまうのだ。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック