National Health-remast がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 600MP3アルバムを購入

National Health-remast CD, Import  [アダルト]

5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,073 通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 1,028より 中古品の出品:7¥ 1,500より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ナショナル・ヘルス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • National Health-remast
  • +
  • Of Queues & Cures-rema
総額: ¥4,234
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2009/6/5)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Esote
  • ASIN: B001WIH1OW
  • EAN: 5013929722927
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
時代で言えばパンクとフュージョンの裂け目に落ちてしまった素晴らしい作品。ナショナル・ヘルスのデビュー時期をよく覚えておりますが、英国でさえリリースに時間がかかり、それが輸入盤として日本に入ってくるのに時間がかかり、当時「幻の名盤」的な扱いでした。音楽誌でよい評判を読むものの、現物を手にするまで随分時間がかかりました。エッグもハットフィールドも今ほどポピュラーな存在ではなかった気がします。わたしは、この作品によってデイブ・スチュワートの演奏と編曲に打ちのめされ、以後彼の参加する録音を追跡することになりました。

デイブ・スチュワートと他のフュージョン鍵盤奏者との違いは、音色です。彼は一聴してすぐわかる歪んだオルガン、澄んだピアノをよく用います。鍵盤奏者にしてはストイックで、刺激的な音を出すことを好みません。フィル・ミラーの粒立ちのあるギターと交錯して独特の世界をつくります。スピード感も中庸です。キャラヴァンより速いけれど、フュージョンほどではない。そんな感じです。ナショナル・ヘルスのユーザーは、楽器の音色、スピード感、リラックスした演奏によって独特のスリルと充実感が得られるしくみになっています。

ここまで長く聴ける作品になるとは…。ヘルスのどの作品も素晴らしいですが、入りやすいのはこのファーストです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ずるずるとはまります。
とにかく,1回聴いただけではなにやらつかみ所のないメロディーの応酬。音楽がそんなに好きじゃない友人に聴かせたら,何がいいんだかさっぱり分からないとのこと。
テーマとなるメロディは,冒頭だけのような気が。
ハットフィールドより数倍つかみどころなさすぎです。

しかし,10回くらい聴いてはまりました。しかも半端ないはまり方。
運転しながら聴いていて,違うCDに替えても,物足りなくてしばらくするとこれに戻してしまう始末。
そのくらい,変な中毒性があります。しかも,きもちいーい中毒性。
アマンダ・パーソンズの声以外はめちゃくちゃひずんでいると思います。音質的に「ひずんでいる」だけじゃなくて,もう音楽の姿勢というかスタンスそのものが。
そのひねくれさ加減が中毒性の原因と思います。

カンタベリー&プログレの究極の熟成物であるこれが,パンク全盛期→80年代MTVの流れの合間に生まれてしまったのは悲劇。
分かる人はさぞ少なかったことでしょう。
時代はカオスだけど音楽は平面的な今なら,きっと分かってくれる人いる。
是非いろんな人に聴いてもらいたい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
イギリスのジャズロックバンド、ナショナル・ヘルスのアルバム。1978作/紙ジャケリマスター盤
Hatfield and the Northのデイヴ・スチュワートとフィル・ミラー、GILGAMESHのアラン・ガウエンを
中心に結成された、まさにカンタベリーシーンのスーパーグループともいうべきバンド。
軽快なリズムの上を、デイヴのオルガン、ガウエンのシンセが鳴り響き、テクニカルなインストを聴かせつつ
途中にはしっとりと美しいピアノに女性ヴォーカルも入ってきたりと、展開力も見せつける。
クラシックの要素もあったEGGをさらに優雅に繊細にしたという雰囲気もあり、
ジャズロックとしての名作という以上にメロディアスな美しさがあるのが素晴らしい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 寿 トップ1000レビュアー 投稿日 2008/11/27
形式: CD
78年発表の1st。ハットフィールズとアラン・ゴーウェンの率いるギルガメッシュが合体して生まれたカンタベリー・ジャズ・ロックの最終形態とも言えるグループがナショナル・ヘルス。結成はハットフィールズ解散直後の75年頃、ギルガメッシュのライヴにゲストとして参加していたデイヴ・スチュワートが中心になったものと思われる。結成当初は元エッグのモント・キャンベルのクラシック指向が強かったものの、他のメンバーとの音楽性が合わず彼が脱退することになった。また彼らの作品を発表してくれるレコード会社がなく、その間にもメンバーの入れ代わりが激しかった。結果的にこのアルバムが製作された時のメンバーはデイヴ・スチュワート(k)、フィル・ミラー(g)、ニール・マレイ(b)、ピップ・パイル(Dr)、アマンダ・パーソンズ(vo) であり、リーダー格の一人アラン・ゴーウェンは既に脱退しており、本作にはゲスト参加となっている。またアマンダもアルバム発表後に脱退している。内容はハットフィールズを更に複雑にしたような内容でデイヴ・スチュワートのカラーが非常に強い。ちなみに本作も77年に完成していながら一年間オクラにされていた。
1.は現代音楽的な響きがフランク・ザッパとの共通性を伺わせる。中盤のコーラスからは露骨にハットフィールズを感じさせる作りはこのアルバムに強い期待を抱かせるのには十分だろう。とにかく美しい
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック