通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
The Name of the Wind (Kin... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】[ ご検討ありがとうございます。良好状態の商品です。※通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。また大きな傷・破れはありませんが、中古品である為、年数経過により焼け・スレ傷・書き込み・付属品欠品など特有のダメージや使用感が残っている場合があります。汚れは商品が傷つかない程度に可能な限り除菌クリーニングをしております。]◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送とさせて頂いております。◆30分経過後のキャンセル・注文内容・住所の変更はできません。(アマゾンご注文規約に準じております。)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送はヤマトメール便の為ポスト投函となり、着日指定および郵便局留・私書箱配送はできません。上記配送不可の場合は恐れ入りますが商品代金のご返金を致します。安価商品の為再配達はご勘弁ください。ご注意をお願い致します(アマゾン規約より)。◆検品には注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

The Name of the Wind (Kingkiller Chronicle) (英語) マスマーケット – 2008/4/1

5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー

その他(15)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 2,015 ¥ 7,248
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 1,193
¥ 871 ¥ 865
CD, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 1,920 ¥ 10,570
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 本とまとめて購入すると、対象商品が10%OFFに!詳しくはこちらをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • The Name of the Wind (Kingkiller Chronicle)
  • +
  • The Wise Man's Fear (Kingkiller Chronicle)
  • +
  • The Slow Regard of Silent Things (The Kingkiller Chronicle)
総額: ¥3,413
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

Discover #1 New York Times-bestselling Patrick Rothfuss’ epic fantasy series, The Kingkiller Chronicle.
 
“I just love the world of Patrick Rothfuss.” —Lin-Manuel Miranda • “He’s bloody good, this Rothfuss guy.” —George R. R. Martin • “Rothfuss has real talent.” —Terry Brooks
 
OVER 1 MILLION COPIES SOLD!
 
DAY ONE: THE NAME OF THE WIND
 
My name is Kvothe.
 
I have stolen princesses back from sleeping barrow kings. I burned down the town of Trebon. I have spent the night with Felurian and left with both my sanity and my life. I was expelled from the University at a younger age than most people are allowed in. I tread paths by moonlight that others fear to speak of during day. I have talked to Gods, loved women, and written songs that make the minstrels weep.
 
You may have heard of me.
 
So begins a tale unequaled in fantasy literature—the story of a hero told in his own voice. It is a tale of sorrow, a tale of survival, a tale of one man’s search for meaning in his universe, and how that search, and the indomitable will that drove it, gave birth to a legend.  

 
Praise for The Kingkiller Chronicle:
 
“The best epic fantasy I read last year.... He’s bloody good, this Rothfuss guy.”
George R. R. MartinNew York Times-bestselling author of A Song of Ice and Fire
 
“Rothfuss has real talent, and his tale of Kvothe is deep and intricate and wondrous.” 
Terry BrooksNew York Times-bestselling author of Shannara
 
"It is a rare and great pleasure to find a fantasist writing...with true music in the words."
Ursula K. Le Guin, award-winning author of Earthsea
 
"The characters are real and the magic is true.” 
Robin HobbNew York Times-bestselling author of Assassin’s Apprentice
 
"Masterful.... There is a beauty to Pat's writing that defies description." 
Brandon SandersonNew York Times-bestselling author of Mistborn

レビュー

“The best epic fantasy I read last year.... He’s bloody good, this Rothfuss guy.”
George R. R. Martin, New York Times-bestselling author of A Song of Ice and Fire
 
“Rothfuss has real talent, and his tale of Kvothe is deep and intricate and wondrous.”
Terry Brooks, New York Times-bestselling author of Shannara
 
"It is a rare and great pleasure to find a fantasist writing...with true music in the words."
Ursula K. LeGuin, award-winning author of Earthsea
 
"The characters are real and the magic is true.”
Robin Hobb, New York Times-bestselling author of Assassin’s Apprentice
 
"Masterful.... There is a beauty to Pat's writing that defies description."
Brandon Sanderson, New York Times-bestselling author of Mistborn
 
“[Makes] you think he's inventing the genre, instead of reinventing it.”
Lev Grossman, New York Times-bestselling author of The Magicians
 
“This is a magnificent book.”
Anne McCaffrey, award-winning author of the Dragonriders of Pern
 
“The great new fantasy writer we've been waiting for, and this is an astonishing book."
Orson Scott Card, New York Times-bestselling author of Ender’s Game
 
“It's not the fantasy trappings (as wonderful as they are) that make this novel so good, but what the author has to say about true, common things, about ambition and failure, art, love, and loss.”
Tad Williams, New York Times-bestselling author of Memory, Sorrow, and Thorn
 
“Jordan and Goodkind must be looking nervously over their shoulders!”
Kevin J. Anderson, New York Times-bestselling author of The Dark Between the Stars
 
“An extremely immersive story set in a flawlessly constructed world and told extremely well.”
Jo Walton, award-winning author of Among Others
 
“Hail Patrick Rothfuss! A new giant is striding the land.”
Robert J. Sawyer, award-winning author of Wake
 
“Fans of the epic high fantasies of George R.R. Martin or J.R.R. Tolkien will definitely want to check out Patrick Rothfuss' The Name of the Wind.”
NPR
 
“Shelve The Name of the Wind beside The Lord of the Rings...and look forward to the day when it's mentioned in the same breath, perhaps as first among equals.”
The A.V. Club
 
“Rothfuss (who has already been compared to the likes of Terry Goodkind, Robert Jordan, and George R. R. Martin) is poised to be crowned the new king of epic fantasy.”
Barnes & Noble
 
“I was reminded of Ursula K. Le Guin, George R. R. Martin, and J. R. R. Tolkein, but never felt that Rothfuss was imitating anyone.”
The London Times
 
“This fast-moving, vivid, and unpretentious debut roots its coming-of-age fantasy in convincing mythology.”
Entertainment Weekly
 
“This breathtakingly epic story is heartrending in its intimacy and masterful in its narrative essence.”
Publishers Weekly (starred)
 
“Reminiscent in scope of Robert Jordan's Wheel of Time series...this masterpiece of storytelling will appeal to lovers of fantasy on a grand scale.”
Library Journal (starred)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • マスマーケット: 736ページ
  • 出版社: DAW (2008/4/1)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0756404746
  • 発売日: 2008/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 10.7 x 4.2 x 17.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 8,034位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー Amazonで購入
近ごろはファンタジーのベストセラーが出ると何でもかんでもハリポタと比較されるが、少なくともこの本をハリポタと比べるのは全くのナンセンスである。
ハリポタは完成されたファンタジーだし、大人が読んでも面白いが、あくまで児童文学として書かれている。差別などの社会問題や戦闘シーンはあえて適度にぼかされているし、ハリーがほとんど大人になってもセックスしたりしない。
それに対してこのKingikillerシリーズは、大人(ヤングアダルト以上)向けに書かれたファンタジーである。世界設定(中世〜近世ヨーロッパ風)に当然付随する、差別などの社会の負の側面をくっきりと描いている。戦闘描写はリアルに痛そうだし、セックスもおおっぴらに出てくる。同じファンタジーでもジャンルが違うのだ。

ストーリーの本筋は、幼い頃にすべてを奪われた主人公の復讐の物語である。暗い部分はとことん暗い。ただ、暗い部分と明るい部分が交互にやってくる構成になっているので、暗すぎて読んでいられないということは(たぶん)ないはずである。
物語は、(王殺しとして悪名高い偉大な魔法使いのはずなのに)なぜか片田舎の宿屋の主人に身をやつしている主人公が自らの人生を語るという形の一人称で記されている。もっとも、ページの比率で言えば過去98:現在2くらいになるのでしょっちゅう視点が変わる話は苦手とい
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 渡辺由佳里 トップ500レビュアー 投稿日 2009/1/2
形式: マスマーケット
さびれた村の宿屋「Waystone Inn」の店主に身をやつしているKote(コート)は、実は「王殺し」として悪名高い、伝説の魔法使いKvothe(クウォーテ)だった。彼の真相を知るのは弟子のBastだけだったが、平和な村に不気味な出来事が起きはじめ、それに引き続いて伝記作家がKvotheを追って宿屋に現れる。

最初は伝記作家の申し入れを拒否していたKvotheだが、すべて彼の言葉のまま記すという約束のもとに彼の半生を語り始める。「The Name of the Wind」は、彼が3日にわたって語る半生の第1日目の部分である。

天才的な頭脳と音楽の才能に恵まれていたKvotheは、幼いときに謎のChandrianに両親を殺され、ホームレスとして生存のためだけに戦う。そこからようやく抜け出し、「University」に最年少で入学することに成功したが、才能があるゆえに敵を作り、体制を重んじない頑固で潔癖な性格のために何度も危機に陥る。

音楽を愛し、好きな女性に告白できず、弱者には優しい少年が、最もパワフルな魔法使いになり、悪名高い「王殺し」として伝説化し、ついに魔力を失うまでの波乱の人生を描く超大作。

ハリー・ポッターと比較する者も多いが、この作品は作者のRothfussが20年かけて書き上げたも
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット Amazonで購入
Book came in excellent (new) quality, it's just every now and then there is a mark on the pages where ink was left out. I think the printer had ink issues for some of these pages. Hence the 4 star! I'll review the book on goodreads...
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Satchmo 投稿日 2017/1/6
形式: Kindle版 Amazonで購入
Finished it much faster than I thought I would have. Can't wait to jump on the next one in the series. Some middle parts dragged a little, but still so good.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
これほど優れたファンタジーは10年に一作あるかないかだ。金庸の『神鳥剣侠』を思い出させる教養小説。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告