中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

NO CALL NO LIFE 単行本 – 2006/8

5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「時間を超えて電話が繋がるなんてこと、あると思う?」携帯電話に残された、見知らぬ男の子からの留守メッセージ。奇妙な間違い電話に引き寄せられて、東京湾に臨む埠頭で出会った有海と春川。17歳と19歳、オトナとコドモのあいだで押し潰されて行き場を失った2人の、それはあまりにも刹那的で欠陥だらけのつたない恋―。怖いものなんてなかった。無敵になった気分だった。明日地球に隕石が衝突して世界中の人類が滅んで2人きりになったって、困ることは何もないような気がした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

壁井/ユカコ
沖縄出身の父と北海道出身の母を持つ東京生まれの信州育ち。現在は愛犬・豆柴とともに東京の南の端に暮らす。学習院大学経済学部経営学科卒業。第9回電撃ゲーム小説大賞「大賞」を受賞し、2003年2月『キーリ 死者たちは荒野に眠る』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 293ページ
  • 出版社: メディアワークス (2006/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840235643
  • ISBN-13: 978-4840235648
  • 発売日: 2006/08
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 195,919位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
夏にぴったりの一冊。17歳の有海と19歳の春川のつたない、そして不安定な恋。力の抜けた十代の青年と少女を書かせたら壁井ユカコはピカイチではないでしょうか。目新しい設定はないのに、なぜか惹きこまれてしまう。おそらく作者の描写力のうまさが全てをカバーしているのでしょう。こんな小説があったらいいなと思い描いていた一冊。ある意味このジャンルの小説としては完成しているのでは?

また、ページをめくりラスト近づくにつれ、せつなさが増していくのがこの本の特徴です。イメージは墜落していくペットボトルのロケット。落ちてしまうとわかっているのに、見ていたい、そして、もしかしたら本当のロケットのように飛んでいくかもという希望と期待。

この作品は、まさに墜落するような恋をした青年と少女の青春ストーリーです。ラスト周辺では大方の読み手が「この二人の恋がうまくいきますように」と願わずにはいられなくなるでしょう。壁井ユカコ特有の痛せつなさにやきもきしますが、けして不快なやきもきではありません。とても綺麗な宝石箱をみせてもらった気分です。

ハードカバーで少しお値段も張りますが、装丁も綺麗で買って損はない作品だと思います。(あと読了してから本にちりばめられている挿し絵をみるともう一度せつない気分になります)
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
わたしは壁井さんの文章の雰囲気が凄く好きなので、発売を楽しみにしていました。

まず、キャラクターですが、主人公は17歳の女の子。章が変わると19歳の男の子の視点で描かれています。といっても、一人称ではありません。一人称ではないのに人物の描写がぐっと来ます。

幼い男の子の留守電がきっかけでこの二人は東京湾で出会います。ちょっと変わったところがある19歳の男の子はどことなく『キーリ』のハーヴェイとかぶってしまいます。女の子の方も……ちょっとだけ、キーリに似ているような。でもそこが壁井さんらしいなぁと。

最初は男の子の一方的な恋に振り回されていた女の子でしたが、彼の過去を探ることで、彼女もまた、不器用に恋をしていく…そんなお話です。

最後は涙腺がゆるんでしまいました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
壁井先生の話はいつもしみじみさせてくれます。

今回もラストは良かったです。泣きそうでした。

この作品はしっかり句読点が打たれたりしていて以前の作品より読みやすくなったのではないかと思われます。

設定はというと、登場人物の設定がちょっと重いかもしれません。

壁井先生が擦り切れそうな恋という設定で話を作ろうとした結果でしょうが読むのが少し辛いところがありました。

多少の覚悟は必要です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
文章としては、やっぱり壁井ユカコ先生だなぁと思う所がたくさんあって、ファンならニヤリとしてしまいます。
ストーリーは現代物で少し不思議。キーリやカスタムチャイルドでは、なかなか恋愛方面に進展しなかったけど、今作は結構早い頃からドキドキするシーンがありました。前作までと比べると、ある意味一番鮮烈だと思います。
主人公達は子どもで、独りだとすごく弱いけれど、子どもだからこそ、大人とは違う強さを持っているんだと思います。彼女の年齢の頃、誰でも彼女と同じ気持ちだったんじゃないでしょうか。
このお話は青春という言葉が本当によく似合う物語です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック