[NHK DVD] B29を迎撃せよ 幻の戦闘機・... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

[NHK DVD] B29を迎撃せよ 幻の戦闘機・震電

5つ星のうち 2.9 8件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,240
価格: ¥ 2,506 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 734 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,506より 中古品の出品:1¥ 4,972より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • [NHK DVD] B29を迎撃せよ 幻の戦闘機・震電
  • +
  • NHK特集 紫電改 最後の戦闘機 [DVD]
  • +
  • NHK特集 零戦との闘い ~アメリカからの証言~ [DVD]
総額: ¥10,486
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 形式: Black & White, Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 竹書房
  • 発売日 2010/07/23
  • 時間: 28 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003JB554S
  • EAN: 4985914755313
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 60,647位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

かつて405ktの最大速度を出すという、B-29迎撃用の高速局地戦闘機が存在した!

【解説】
第2次世界大戦末期の昭和19年から20年にかけて、日本本土が米軍重爆撃機B29による激しい空襲にさらされている最中、福岡の九州飛行機で画期的な戦闘機の試作が極秘裡に進められていた。 弾丸型の機体で、これまでの飛行機の常識を破り、後尾にプロペラを取りつけた、この戦闘機の名は前翼型(エンテ型)飛行機「震電(J7W1)」。完成の暁には上昇高度1万2000メートル、最高時速740キロ。当時としては画期的な高性能を発揮して、わが物顔に日本の上空を飛んでいたB29に痛撃を加えることが期待されていた。
昭和20年8月3日、震電は試験飛行にて初飛行に成功。続いて8月6日、8日にも試験飛行を行い、福岡の空を飛んだ。しかし、1週間後の8月15日、日本は終戦を迎え、震電は遂に実戦でその高性能を発揮しないまま舞台を去った。

【収録内容】
当時、弱冠26歳にして震電を考案した元海軍少佐や、元九州飛行機の技術者たちの証言と、震電の試験飛行の模様を克明に写した貴重なフィルムをもとに、第2次世界大戦末期に九州で作られていた幻の高速戦闘機の実像にせまる。

カラー(一部モノクロ)/ステレオ/本編約28分/ 1985年4月19日NHK総合テレビ・九州ローカルにて初回放送

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

空襲で日本全土に多大な被害を与えていた重爆撃機・B29に対抗するため、極秘裏に開発されていた戦闘機・震電に迫ったドキュメンタリー。開発に携わっていた技術者の証言や試験飛行の模様を収めた貴重なフィルムを元に、幻の高速戦闘機の実像に迫る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.9

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
このDVDを購入する人ってどんなかたなんでしょうか?
私は、震電のDVDなんてすごいなーなんて
つられて買いましたが・・・・・

司会の方は、ピントはずれな質問ばかりで
受け答えする設計者の方が可愛そうな感じがしました。
奇異な機体だった感が漂うだけで
震電のすごさが全然伝わってこない!!

また、震電がスミソニアンで展示されてるなんて
嘘のナレーションもあるし
レストア計画も無く
倉庫に眠ってるだけだしね

ただ、設計者の話が聞けたのはすごいと思う
多分、番組制作スタッフが違えば
もっといい番組になっただろうと思う
1 コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kajiT VINE メンバー 投稿日 2010/7/24
Amazonで購入
十八試局地戦闘機震電は、海軍航空技術廠飛行機部の鶴野正敬技術少佐の提案により、九州飛行機がB29の迎撃を目指して開発を進めていた高々度迎撃戦闘機である。エンテ型と呼ばれる独特のフォルムをした高性能機として戦列に加わる予定であったが、わずか3回の試験飛行で終戦を迎え、今では「幻の戦闘機」として語り継がれる存在となってしまった。

本作は、1985(昭和60)年4月19日にNHK総合・九州ローカルで放送された「九州22:00 あの時わたしは… B29を迎撃せよ〜幻の戦闘機・震電〜」をDVD化したものであり、その開発を追った内容である。わずか28分という短い番組ではあるが、設計者の鶴野正敬をスタジオに招き、数少ない震電の映像を見ながら当時のエピソードを直接語っているところは見逃せない。

震電は、近年でも映画「スカイ・クロラ」に登場する戦闘機
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
映像資料としてなら価値ありかも。

NHK番組なので信じて購入したのですが、希少な映像集と設計者の談話として手に入れることは問題ありませんが、インタビュー番組としては論外です。

せめてレシプロ飛行機、世界大戦時の飛行気乗りについて、などの最低限の情報について知識のある人にインタビューをやって欲しかった。

観ていて腹が立ったドキュメンタリー(ってかこれドキュメンタリー?)番組も珍しい。

「映像資料の価値のみで、インタビュー部分は設計者のみの音声に価値あり」

特集対象としての価値が高いだけに、この内容のなさに☆1つ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
鶴野さんのインタビューは良かったですが、もう少し震電を詳しくレポートしてほしかったです
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック