この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

NHK少年ドラマシリーズ つぶやき岩の秘密 [DVD]

5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 32,000より 中古品の出品:6¥ 16,900より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 佐瀬陽一, 巌金四郎, 西口紀代子, 美川陽一郎, 菊容子
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズ・ビデオ
  • 発売日 2001/06/22
  • 時間: 150 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005J50J
  • EAN: 4900950187300
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 95,041位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

1972年「タイム・トラベラー」で幕を開け、多くの少年少女達を魅了した秀作シリーズ「NHK少年ドラマシリーズ 」が今DVDで蘇る!

【収録内容】第1回~最終回 / 1973年放送作品
三浦半島の海岸近くに祖父母と住む少年・紫郎。紫郎は毎日のように洞窟へ入り岩肌に耳を近づけ、亡き母の泣き声を聞こうとする。そんなある日、紫郎は海沿いの断崖に不気味な老人の姿を見る。その日を境に、つぶやき岩に秘められた謎が、恐ろしい事件を引き起こし、紫郎を巻き込んでゆくのだった…。

【特典内容】
・ビデオギャラリー:「NHKビデオギャラリー つぶやき岩の秘密」/ 1988年11月13日放送

※この商品は現存するマスターテープの状態により、お見苦しい部分、お聞き苦しい部分がありますので、あらかじめご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)

昭和47年から58年にかけてNHKにて放映されていたSFドラマシリーズがよみがえる! 新田次郎原作の「つぶやき岩の秘密」の第1~最終話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 EXPO'70 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2002/3/13
オールロケ(フィルム撮り)による、じっくりと腰を落ちつけての制作により、どこかのんびりとした原作(当時、新潮社より刊行)のその味わいは残しつつ、さらにサスペンスフルに、そして『大人になるということ』にセットでついて来る、哀しみや切なさをも描ききった脚本、そして演出に脱帽。脚本の鎌田敏夫氏としては、「飛び出せ!青春」終了後、「太陽にほえろ!」のジーパン刑事編と(オンエア上では)同時期の作品であり、氏としてはややダークな、そして叙情的な面が強く出た作品となった。また、少年ドラマを支えた演出家のひとりである佐藤和哉氏のこの演出の手法は、翌年の「ユタとふしぎな仲間たち」(芸術祭受賞・DVD発売済)へと結実することになる。音楽は、近年再評価の声が著しい、ピコこと樋口康雄氏。石川セリのけだるい歌声が耳に残る、主題歌「遠い海の記憶」と共に、DVDでここに復活です。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 内容は当時のままなのですが、現在の放送コードに引っかかる登場人物名があり、その部分の音声は消されています。ちょっと物足りない感じです。だって、その人は物語の鍵を握る重要な人物だからです。当時はそのままの名前で放送OKだったのですが、現在ではねえ。。。
 NHK少年ドラマシリーズのなかでも、ひときわ輝く作品です。今でもあの主題歌は歌えます。とてもいい歌です。
 実は、ビデオも買ったのですが、今回、DVDで出るというので、また買いました。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この作品を亡くなった祖母と二人で観たのは、小学校1−2年だったはずです(1年後の再放送も見たはずです)。最後の主人公が海に漕ぎ出すシーンと、数多くの洞窟のシーン、そして主題歌の切なさが記憶に残っていて、つい子供のため(?)にと購入して、改めて作品のクオリティーの高さを感じました。基本的には試練と別れを乗り越えての少年の成長の物語ですが、これから大人になって行く世代のために、これだけ丁寧な作品をつくった原作者および当時のスタッフに頭が下がります。主題歌もまた石川セリさんの、どこかボーイッシュな声と、憂いのある転調、さびの部分の命令調の歌詞が相まって、ドラマから切り離しても(一度観てしまったら、決して切り離せないのですが)、記憶に留まるのです。この作品の放映1年後くらいに舞台となった三浦海岸の辺りを訪れていたのですが、当時はそれに気がつきませんでした(でもスイカ畑のイメージが頭の中でつながりました)。先生役の菊容子さんが、あの「好き好き魔女先生」であったこと、この数年後に不慮の死を遂げたことも初めて知りました。改めてご冥福をお祈り申し上げます。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 破理作 投稿日 2007/8/12
Amazonで購入
軽自動車が360ccだった頃、道路は未舗装で、電柱は木製だった。校舎も木造で机も椅子も木でできていた。NHKの少年ドラマシリーズを観る度に、自分もいつかあの主人公のように、不思議なドラマの渦中に入り込むのではないかと可愛い夢想に浸っていた。まだ,妄想や現実逃避という言葉を知らない年代で・・・。この作品をノスタルジーで語るのは卑怯かもしれないが、昭和という時代の記憶を確実に呼び覚ますことは確かだ。原作が持つジュブナイル性(?)を見事に昇華し、子供と少年、青年の狭間にある青臭い純粋さを描き出している。映像や音声は現代作品のようにはいかないが、あの当時のテレビで見ていたよりはずっと綺麗に思うし、作品内容を壊すほどのものではない。フィルム作品であるが故に奇跡のように残っていてくれた名作。テーマソングと共に、静かに浸るが如く鑑賞するべし。P.S.今回見直してみて、先生役の菊容子さんにはベッピンという言葉がよく似合うと感じた。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今からン0年前、僕が東京に出てきて初めて行ったことは、京浜急行に乗って三崎口まで行き、
三戸の漁村と海岸を歩き回ることでした。
紫郎少年が歩いていた道がここにある、紫郎少年が漕ぎ出した海がここにある。紫郎少年が住んでいた家がここにある!
それほど思い入れの強いドラマでした。
一人で漕ぎ出す海、謎の老人、日本軍の地下要塞と、少年が活躍するにはうってつけの舞台と登場人物が用意されている。
けれど、決して単なる娯楽冒険物語ではない。
身近なところに謎が潜み、その謎を解いていくうちいろいろな人と出会い、歴史を知り、
謎が解けるとともに少年の幻想は崩れるが、大人への成長の一歩を踏み出す。そういう物語です。
多くの少年はそういう体験を願いながらも実現することは難しいでしょう。
それを、テレビの中に結実させてくれたのがこのドラマです。
若いスタッフがマイナーな少年ドラマだからこそチャレンジした、斬新な演出もほほえましい。
クラスメートの志津子ちゃんがかわいくて、僕もこんなガールフレンドが欲しいなどと子供心に思ったものでした。
今では小林先生(菊容子)の色っぽさに眼が行ってしまう。僕もオヤジになったものだ。
昭和40年代の生活を見るのが楽しい、というか懐かしい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック