この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

NHK大河ドラマ 花の乱 完全版 第壱集 [DVD]

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサル TVドラマ】 -アメリカのTVドラマ50%OFFや日本初上陸の新作情報など、ユニバーサルのTVドラマ情報はこちら

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 三田佳子, 市川團十郎, 野村萬斎, 佐野史郎, 草刈正雄
  • 監督: 小林武, 村上佑二, 黛りんたろう, 谷口卓敬
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2009/01/23
  • 時間: 833 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001JJE2BE
  • EAN: 4988102602239
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 180,149位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

大河ドラマだからこそ実現した豪華キャストの競演!
ファン待望の「花の乱」がDVD完全版で登場!
八代将軍足利義政の妻、日野富子は本当に悪女だったのか??
原作・脚本を手がけた市川森一の新解釈を加えながら、これまでほとんど触れられなかった富子の波乱万丈の生涯を描く意欲作。

【スタッフ】
作 市川森一
音楽 三枝成彰
題字・切り絵 宮田雅之
制作 木田幸紀
制作統括 村山昭紀
演出 村上佑二、小林 武、黛りんたろう、谷口卓敬

【キャスト】
三田佳子、市川團十郎、野村萬斎、佐野史郎、草刈正雄、平 淑恵、市川新之助(現 海老蔵)、役所広司、松本幸四郎 松たか子、松岡昌宏、奥田瑛二、藤岡 弘、永澤俊矢、ルー大柴、鶴田真由、かたせ梨乃、壇 ふみ、萬屋錦之介、京マチ子ほか

【ストーリー】
慈照寺銀閣をはじめ華麗な東山文化が花開いた室町後期。八代将軍足利義政の妻となり、文人肌の夫に代わり政治を切り盛りしたのが、日野富子。しかし、後世の歴史家は”応仁の乱の原因をつくった稀代の悪女”と富子を評した。本当に富子は悪女だったのか。

【テレビ オンエア情報】
1994年4月~12月 NHK総合テレビにて放送

第壱集は全37回の内、第1回~第19回を収録
単品商品 第一巻~三巻も同時発売 一,二巻は2枚組 三巻は1枚組
NHK大河ドラマ 花の乱 完全版 第一巻 (1~7回を収録) GNBD-7563 税抜12000円 POS:4988102602437
NHK大河ドラマ 花の乱 完全版 第二巻 (8~15回を収録) GNBD-7564 税抜12000円 POS:4988102602536
NHK大河ドラマ 花の乱 完全版 第三巻 (16~19回を収録) GNBD-7565 税抜6000円 POS:4988102602635

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

室町時代中期、将軍・足利義政の妻であり悪女と称された日野富子の人生と応仁の乱を描いた大河ドラマのBOX第1弾。足利将軍の妻を代々輩出している名門公家・日野家で、待望の女子が誕生する。第1回「室町夢幻」から第19回「東西東軍」を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

平均視聴率は歴代大河で最低という14%そこそこだというが、当時は今と比べると数字が出やすかったらしいので(詳しいからくりは知らない)、現在の感覚だと一桁でもおかしくないところなのだろう。琉球の風、炎立つ、と続く実験作ということだったそうだが、たしかに物語も後半になると低視聴率も手伝ってか視聴者置き去りで作り手がやりたいことをやっているような感じも見受けられる。
でつまらないかというと、そんなことは全くない。松たか子(今と顔が違う)が可愛かったし、なにより応仁の乱に至るプロセスがこと細かく(作者による脚色を当然含むが)描かれ、物語世界にはまると抜け出すことは困難だ。ただ逆に言うとこと細かく描かれた応仁の乱の複雑怪奇で陰湿な人間模様を含んだ顛末が、一般視聴者をテレビの前から遠ざけたのも事実なのだろう。個人的には知る人ぞ知る室町時代の大立役者、細川政元の姿が生き生きと描かれていたのが評価できる。
物語の最後、主人公・日野富子の死となるわけだが、「信長の上楽まで72年」というテロップが出る。個人的な憶測だが、91年太平記、92年信長に続く「室町三部作」の完結との思いがNHK側にもあったか。しかし太平記は皇室問題もろもろで「大変記」と呼ばれ、この花の乱は歴代最低視聴率。戦国物とは一線を画した「室町物」が今後NHK大河で放送される機会はきわめて遠いのかもしれない。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 長い歴史を持つNHK大河ドラマの中で,唯一,狭義の室町時代を扱った作品。
 足利幕府八代将軍・義政の正室である日野富子を主人公とし,応仁の乱に至る過程とその結末をじっくりと描いている。
 仔細に見ていくと,史実と異なる部分もかなりあるものの,却って物語に底知れぬ魅力を輝かせており,これが真実の物語かと見まごうほどで説得力があり,何とも不思議である。
 富子,義政,宗全,勝元,勝光,義視,それぞれが,あるときは結び,あるときは敵対し,やがて応仁の大乱へと発展していく修羅地獄の模様は悲しく,何度も不覚の涙をこぼしてしまった。
 若き日は,理想に燃えていた将軍・義政が,思うに任せぬ現実の中で次第に政治への情熱を無くしていく孤独な姿を,市川團十郎がはかなく演じており,さすがは千両役者というほかはない。
 東西両軍の雄である細川勝元役の野村萬斎と,山名宗全役の萬屋錦之介との競演も,名人ならではの輝きを放っており,大乱収束のために二人がそれぞれの思いで死んでいく姿は印象的である。
 また,後半では,富子の願いどおり将軍の座に就いた若い義尚も,義政と同じ轍を踏むように,理想と現実の狭間で苦悩し,やがて過干渉の母から独り立ちしようと焦るあまりに若くして散っていく様は哀れである。彼の時世「ながらえば人の心も見るべきに露の命ぞはかなかりけり
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 サイ 投稿日 2011/1/30
Amazonで購入
市川森一さんの脚本は見事です。過去ウルトラマンシリーズの脚本も書かれていたこともありますが、そのシニカルな姿勢が良くでていて、人間の業の深さを良く表現してます。大河ドラマで史実どおりでないという批判が多くありますが、歴史として押さえるところを押さえておけば、そんな事は問題にならないことがわかる脚本です。市川さんてやっぱり凄いです
音楽については、大河2回目の登板となった三枝成影さんです。NHKと制作陣が「太平記」を意識して依頼したことは明らかで、「太平記」との連続性を感じさせ、哀愁感漂う世界観をうまく表現していると思います
昨今の大河と異なり出演者の演技や演出も重厚です。一点だけどうかなと思ったのは、三田佳子さんや市川団十郎さんに20代を演じさせるのは無理があるような(^_^;)
こんな感じで南北朝時代を含む室町中期の大河を制作して欲しいところです
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
大河ドラマの中では、かなり地味な方だと思います。でも作品としては素晴らしい傑作だと思います。ストーリーは少し難解で、テレビの放映時はよく解らない事も多く、途中で観るのをやめていた時もありました。しかし、このドラマは観れば観るほど面白さが増します。歴史の流れに飲み込まれて行く室町時代の人々が、丁寧に描かれていると思います。役者さんの技量も素晴らしいです。特に野村萬斎さんはドラマ初出演なのに、他のベテランの方に全く負ける事なく、狂言で培った美しい所作と発声で、輝くばかりの存在感です。買って良かったです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す


フィードバック