NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 46,750 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、◆TP shop ◆【年中無休・毎日迅速発送・保証付】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 46,400より 中古品の出品:12¥ 8,500より コレクター商品の出品:1¥ 18,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサル TVドラマ】 -アメリカのTVドラマ50%OFFや日本初上陸の新作情報など、ユニバーサルのTVドラマ情報はこちら

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 宮崎あおい, 瑛太, 松坂慶子, 高橋英樹, 堺雅人
  • 監督: 佐藤峰世, 岡田健, 渡邊良雄, 堀切園健太郎, 上杉忠嗣
  • 形式: Color, Dolby, Mono, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 6
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2009/03/25
  • 時間: 1049 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001GLIZKY
  • JAN: 4988102587635
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 23,026位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

平成20年、NHK大河ドラマ第47作目として圧倒的な視聴率と人気を誇る「篤姫」が、DVD完全版で早くも登場!

【初回限定特典】
●「篤姫」特製ストラップ

【商品仕様(封入物)】
●ブックレット

【本篇ディスク特典】
●「DVDオリジナルインタビュー集 ~篤姫とともに生きた日々~」(20分)
出演:宮﨑あおい・瑛太・樋口可南子・ともさかりえ・松坂慶子

【スタッフ】
原作 宮尾登美子「天璋院篤姫」
脚本 田渕久美子
音楽 吉俣 良
制作統括 佐野元彦
フ゜ロテ゛ューサー 屋敷陽太郎
演出 佐藤峰世、岡田健、渡邊良雄、堀切園健太郎、上杉忠嗣、松川博敬
語り 奈良岡朋子

【キャスト】
宮﨑あおい、瑛 太、小澤征悦、原田泰造、樋口可南子、ともさかりえ、松坂慶子、高橋英樹/堺雅人、堀北真希、松田翔太、玉木宏、鶴田真由、高畑淳子、稲森いずみ、山口祐一郎、中村梅雀、江守徹、北大路欣也ほか

【ストーリー】
激動の幕末、一人の女性の勇気と誇りが日本を大きく動かした・・・
幕末のヒロイン、篤(あつ)姫(ひめ)の波乱に満ちた生涯が幕を開ける―
「明治維新」という未曾有の大変革に向け、日本が激しく揺れ動いた時代。その動乱の幕末に己の信念を貫き、ひたむきに生きた一人の女性がいた・・・・その人の名は篤姫。
薩摩藩島津家の分家の娘から徳川13代将軍・家定の御台所となり、江戸城無血開城に大きな役割を果たした篤姫の波瀾万丈の一代記。

全50話のうち、第28話~50話をDVD-BOX第弐集に収録。

【テレビ オンエア情報】
2008年1月~12月 NHK総合テレビほかにて放送

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

24歳の若さで落飾して“天璋院”と号し、大奥を預かる総帥として活躍した篤姫の人生を描いた大河ドラマのBOX第2弾。家定は井伊と堀田に篤姫を次の将軍・慶福の後見にするよう伝えた直後、発作で倒れてしまう。第28回から最終第50回を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

後半もとても面白かったです。
前半に登場した重要人物が次々と去っては
また新たな人物が登場し、最後まで飽きませんでした。

最後は大円団のごとく、
公方様や幾島、果ては斉彬までも登場し
あの手この手を使ってなんとか江戸攻めを
阻止しようとします。

また二度と会えないと思われた
小松帯刀や母上様との再会シーンは泣けました。
いやーほんとに篤姫はよく泣いてくれました。
音楽もいいし衣装も素敵、
篤姫ファンは必須ですね。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 このDVDは天璋院篤姫の第28話から最終話までを収録したものである。
 すなわち、御台所であった篤姫が、夫である将軍・徳川家定と、義父・島津斉彬を亡くし、落飾して天璋院と号する頃から、1883年に没するまでを描いている。
 第27話ころまでの宮崎あおいの演技は、篤姫の気品・快活さを醸し出していたが、この回以降は、しだいに気魄と覚悟、そして周りを圧倒する迫力が加わり、とても20そこそこという自らの年齢を感じさせず、堂々たる大奥の統率者・大御台所たる天璋院を演じきっていた。

 印象に残るシーンがいくつかある。例えば、老中の安藤対馬守信正が、朝廷との交渉に失敗して14代将軍・家茂の直筆の誓文を孝明天皇に差し出さねばならなくなり、加えて御台である和宮が京へ里帰りしたいといって頭を悩ませていると泣きごとを言ったときの一言、「そちたちのやることはいつもそうじゃ。政を預かり、国動かす者としての気骨はないのか!意地は!誇りは!信念は!その点、井伊大老は立派であった。やり方はともあれ、こうと断ずる気概とそれを貫く力があった。そちは、おのれが腑抜けであることを知り、それを天に向かって恥じるがよい。」
 
 さらに、薩摩藩が勅使を奉じて幕府に圧力をかけ、一橋慶喜を将軍後見職に、松平慶永を政事総裁職に任命させた際に、上野寛永寺に亡き義父・斉彬
...続きを読む ›
1 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
宮崎あおいは言うまでもなく、瑛太の快演、堺雅人の怪演があちこちで称賛されたが、和宮役の堀北真希ももっと称賛されて良いと思う。史上最年少大河主演の宮崎あおいよりもさらに若いのに、あれだけ普通に画面をもたせてるって、実はすごくない?和宮という役柄上、ぺらぺら喋るわけにはいかず、セリフの量が制限された中で、しかも御所ことば。それでも、和宮の気持ちがあんなに伝わってくるとは、嬉しい驚きだった。天璋院と和宮の気持ちが近づいたり離れたり、脚本が素晴らしかったのもあって、二人の女優のケミストリーを目撃できた。
堀北真希本人キャラ的には、サバサバとした、元気一杯な人なんだろうけど、女優のタイプとしては、悲運の役がよく似合うのでは。生命力ある人に悲しい役をやってもらった方が、凄みが出るというもの。薄幸系の最たる例である和宮は、ハマリ役だったと思う。スピンオフのスペシャルとかにはならないんだろうな、そんな前例ないし。
ストーリーに必要なら何でもするというのは、女優として当然かもしれないが、それでも、ボートから本物の海に落ちたり、二重人格、男子校、深窓の姫君など、色んな意味で演技条件の厳しい撮影が多いのは気のせい?というか、配役を決める人(プロデューサー?)が堀北真希にムチャぶりをしたくなる気持ちはわかるような気がする。追い込めば追い込むほど、何か凄いものを見せてくれるのではという期
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
また見たくなって、最近改めて買いましたが、やはりよかった。

日本に誇れる女性『篤姫』を後世に伝えるに相応しい作品でした。

宮崎あおいさんをはじめ、出演者スタッフのみなさんに拍手を送りたい。

『日本人』なら見てほしい☆
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
当初は期待せず途中から観始めたのですが、凄く惹かれた作品。
幕末なのに、只の大奥物かと敬遠していた事が間違いでした。
詳細な史実は把握出来ていないですが、篤姫の鮮やかさやひたむきさは充分に伝わってきます。
また小松帯刀の印象もより深いものになったと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「篤姫」の優れている点は脚本の緻密さである。大河ドラマは1年間、全50話という非常に長いドラマである。民放のドラマの4倍であり、物語の前半と後半では舞台や状況が大きく異なってしまうことも多い。

特に大河ドラマは歴史上の業績のある人物の一生を描くことが多い。少年時代と老年時代では本人も周囲も社会も大きく変わっている。歴史的な偉業を成し遂げた人は人生の変転も大きい。このため、一つのドラマとしての統一性・一貫性に欠けてしまう危険がある。

篤姫の人生も激動の人生であった。薩摩藩主・島津家の分家である今和泉家・島津忠剛の娘として生まれながら、薩摩藩主・島津斉彬の養女となり、徳川家定の御台所となる。明治維新では江戸城無血開城のために大奥を立ち退くことになる。特に薩摩の少女時代と将軍家への輿入れ後では環境が大きく異なる。

しかし、本作品は異なる環境で新しい話を進めるのではなく、過去のエピソードが新しい環境においても活かされている。最終話のサブタイトル「一本の道」は於一(篤姫)が斉彬の養女となる際に女中・菊本(佐々木すみ江)が語った「女の道は一本道」から来ている。

戊辰戦争に際しては幾島(松坂慶子)が再登場して天璋院のために行動した。さらに西郷隆盛(小澤征悦)に江戸総攻撃を思い止まらせたのは、天璋院が勝海舟(北
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す