数量:1
NHKクラシカル 小澤征爾 ベルリン・フィル 「悲... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆商品をご覧いただきありがとうございます☆盤面には再生に問題ないレベルのキズが見られます。■中古品のためジャケットやライナー、ケース等にキズや汚れがある場合もございますので予めご了承下さい。■OPP袋に梱包した状態でお届け致します。■帯なし■ジャケット・ケース・ディスクのみ■※ハガキ・チラシ・応募券などは、原則付属しておりません。■
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

NHKクラシカル 小澤征爾 ベルリン・フィル 「悲愴」 2008年ベルリン公演 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,190
価格: ¥ 6,516 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,674 (20%)
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 6,516より 中古品の出品:12¥ 4,200より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • NHKクラシカル 小澤征爾 ベルリン・フィル 「悲愴」 2008年ベルリン公演 [Blu-ray]
  • +
  • ニューイヤー・コンサート2002(ブルーレイ仕様) [Blu-ray]
  • +
  • ベスト・オブ・カラヤンの遺産 [DVD]
総額: ¥10,934
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 小澤征爾
  • 形式: Color, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: NHKエンタープライズ
  • 発売日 2008/07/25
  • 時間: 72 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0018BL6VC
  • EAN: 4988066160110
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 44,073位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

2008年1月、ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕100年を記念して、ベルリン・フィルの本拠地フィルハーモニーホールで行われたコンサートから、世界のマエストロ、小澤征爾指揮のチャイコフスキー作曲「交響曲第6番 悲愴」を収録。ハイビジョン映像の高画質と5.0chサラウンド・リニアPCM(96Khz/24bit)の高音質により、小澤征爾とベルリン・フィルの熱演を、圧倒的な臨場感で再現する!!
指揮:小澤征爾
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
<特典映像> リハーサル風景
○2008年3月20日 NHKBS-hiで放送された「夢の音楽堂 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 世界最高のオーケストラ」よりブルーレイディスク化(日本市場向け)
チャイコフスキー/交響曲 第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」
-2008年1月23日 フィルハーモニーホール(ベルリン)-

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

2008年1月にヘルベルト・フォン・カラヤン生誕100年を記念して、ドイツのフィルハーモニーホールで行われたコンサートから、小澤征爾がタクトを振ったチャイコフスキーの「悲愴」を収録。日本が誇る指揮者・小澤征爾とベルリン・フィルの競演は圧巻。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Solem787 トップ500レビュアー 投稿日 2010/2/15
Amazonで購入
映像だけでなく音も素晴らしいとの評判だったので、確かめてみたく購入しました。96kHzと、CDの44kHzを超えて2倍以上のワイドな周波数レンジです。聴き始めて、すべての音が明瞭でくっきりしているのが分かります。弦楽器の響きも素晴らしいです。チャイコフスキーはヴィオラを上手く鳴らせる作曲家ですが、こんなに美しいヴィオラの音を聴いたのは生演奏も含めて初めてです。

映像も何も言う事はなく、金管楽器の黄金色の輝きや、ティンパニの本体の銅の美しさ、フォルテッシモで桜色に染まる演奏者の顔、指揮者のシャツやベストの質感など、細かな所までくっきり映し出されます。写っている楽譜も読めてしまいそうです。小澤のウイーンフィルとのニューイヤーコンサートDVDでは、ティンパニの連打で写るバチがコマ送りみたいになってしまいましたが、ブルーレイでは全然問題ありません。

演奏もベルフィルが、小澤を信頼して、しっかり付いていっているのが良く分かります。DVD「ロシアンナイト」に映っていたメンバーが古株となって演奏している姿も懐かしいです。相変わらず小澤は、木管楽器の歌わせ方が素晴らしくて、「悲愴」の世界にどっぷりつかれます。金管は小澤らしい、完璧に同期し、初めと終わりがくっきりと分かる演奏になっており、聴きやすいです。

オーボエから始まる音合わせか
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自分はクラシックはSACDでよく聞くのですが、リニアPCMのサラウンドはSACDのDSDよりも精緻だなぁ、という印象を持ちました。非常に透明度の高い、クリアな音です。SACDのDSD形式は「柔らかで暖かく密度の高い音」と評されることが多いですが、このBDのリニアPCMは「精緻で透明度も密度も高い音」という感じがします。

サラウンドも派手ではなく、直接音主体の録音に適度にホールトーンを加える感じで、それが絶妙な臨場感を醸し出しています。

映像も精緻で、楽器の質感もよくわかります。

接続についてですが、現状、96-kHz/24-bitサラウンドの再生には、HDMI接続が必須と考えた方がいいでしょう。常識的な価格のBD録再機の場合、同軸や光のデジタル接続では、48-kHz x 2チャンネルが上限のことがほとんどです。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
過去、パリ管弦楽団 ボストン交響楽団 サイトウキネンオーケストラと録音してきた小澤。
このDVDが決定盤と見る。
きめ細やかな音創りとその美しさは過去の録音を完全に陵駕している。
この録音直前に新日本フィルの定期で取り上げ、準備万端で臨んだ演奏家。
完璧な仕上がりである。若い頃の音の壮麗さは希薄となったとはいえ、それを補って余りある卓越した円熟度。
特に第4楽章は彫琢さらに素晴らしく、言葉も無い。
やはり小澤はマエストロ巨匠であった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
小澤は、その曲の表現方法やアレンジにおいて、自分自身への名声獲得のための派手さや、一部の人間にしか分からないような偏った<こだわり>を曲の解釈を用いず、<純粋な曲風>を再現しようとする素晴らしい指揮者だと私は思う。このチャイコフスキー6番の悲愴においても、これは個人的な感想ではあるが、<おそらく作曲者自身(チャイコフスキー)は、このような演奏を望んだのではないか>と思わせてくれる、非常に素晴らしい演奏である。

なのでこの演奏は、全盛期のカラヤン指揮BPOのような、いわば<煌びやか>で<高ドラマチック>な物とはまるで違い、足りなくもないが余計なものが一切ない<生粋のチャイ6>に仕上がっている。全盛期カラヤンのような演奏もそれはとても魅力的ではあるけれど、どこかノスタルジックで隠匿された精神性がにじんでいるこのチャイ6<悲愴>においては、清らかな石清水のようなこの小澤のアプローチが、もしかしたら正解かもしれない。

カラヤン表現のような雰囲気とは一線を画すといっても、決して平凡だったりダルかったりすることはなく、ち密に組み上げられ、とても深く歌いこまれているのも事実で、収録されているインタビューで小澤自身も言っているが<感じたものが外に表現されるのではなく(心や腹の)中で感じたものが上手く表現できれば…>と言っている通りである。
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...


フィードバック