Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 600

¥ 102の割引 (15%)

(税込)
ポイント : 6pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[岸本斉史, ひなたしょう]のNARUTO―ナルト― 木ノ葉秘伝 祝言日和 (ジャンプジェイブックスDIGITAL)
Kindle App Ad

NARUTO―ナルト― 木ノ葉秘伝 祝言日和 (ジャンプジェイブックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 600
新書
"もう一度試してください。"
¥ 702 ¥ 1

紙の本の長さ: 240ページ
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ


商品の説明

内容紹介

【小説版登場!】ナルトとヒナタ、ふたりの結婚式を間近に控えた里では、ある極秘任務が遂行されていた。それは、ふたりのための結婚祝いを入手すること。木ノ葉隠れの里の仲間たちが選んだ贈り物とは? シノとキバがヒナタのために挑む第八班最後の任務とは? 新たな時代の到来に、言祝ぐ忍たち。まもなく、ふたりの結婚式が始まる。秘伝シリーズ第四弾!

内容(「BOOK」データベースより)

ナルトとヒナタ、ふたりの結婚式を間近に控えた里では、ある極秘任務が遂行されていた。それは、ふたりのための結婚祝いを入手すること。木ノ葉隠れの里の仲間たちが選んだ贈り物とは?シノとキバがヒナタのために挑む第八班最後の任務とは?新たな時代の到来に、言祝ぐ忍たち。まもなく、ふたりの結婚式が始まる。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 12112 KB
  • 紙の本の長さ: 162 ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/5/1)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0147YVLFW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 52,089位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
ナルトとヒナタへの結婚式の贈り物を準備するためにそれぞれが奔走します。
みんなの個性が出てて楽しかったです。
シカマルとテマリ・・テマリの勘違いが可愛かったです。
そしてイルカ先生、素敵です。
ナルトに対して一線を引いていた時期があったなんて初めて知りました。
でも、素敵です。
教師明利につきますね。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
The LASTとBORUTOの間のお話です。
とても平和な木の葉の日常が描かれていて、その中で仲間たちがナルトとヒナタの結婚のプレゼントとして奔走しています。
ナルトとヒナタはほとんど話に出てきません。あくまでも主人公は木の葉の仲間たちです。
一楽の話やイルカ先生の話、キバとタマキの話、シカマルとテマリの話と、本編を読み終えたNARUTOファンにとっても嬉しい話が盛り沢山でした。
そして何より、シノが結構活躍します。
お話全体を通してみても、とても筋が通っており満足です。
とっても読みやすいので、文字だけが苦手のヒトも大丈夫です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
個人的には最後までとても楽しく読めました。作者の方がNARUTOのキャラクター達の特徴をよく掴んでいらっしゃるので、場面場面でのキャラ達の行動・言動に違和感はなく、むしろ「そうそう!こいつはこういうこと言いそうだよね!」と、にやにやしながら読み進めてました。全体的にはコミカルな作りですが、ナルトをずっと見守ってきたイルカ先生とテウチさんの章では思わず涙が…。
そして原作ではなかなかスポットが当たらなかった第ハ班。彼らにも様々な物語があって、その中で互いの絆を深めていったんだなぁと感じられてとても良かったです。ナルト一筋のヒナタもきっとシノとキバにお祝いしてもらうのが一番嬉しいと思うんですよね。
あと、ずっと気になってた原作最終話でちらりとも出てこなかったヤマト隊長が、相変わらずカカシ先生の手足として働いてるという元気な姿が読めて満足です笑。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
カカシ秘伝から全ての秘伝シリーズを読んできましたが、登場人物が多いにも関わらず、
性格や口調は原作そのままな感じやノリで一気に楽しく読めました。
特に面白かったのは、シカマルとテマリのやり取りですかね。
天才なのに女心には鈍感なシカマルや、男勝り口調なのに可愛らしい様子のテマリが最高。
シカテマファン必須です。シカマル秘伝とは全く違って原作まんまの二人に安堵です。
あと、テンテンの武器マニアっぷりとか青春師弟コンビの話は面白いです。
各班ごとの短編集ですがシノとキバの出番が多いのでファンの方にはオススメです。
本当に他の秘伝本は酷すぎるので、唯一安心して読めました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
とても読みやすく、笑いどころも泣きどころもキッチリあって、大変面白かったです。NARUTOファンなら是非読んでいただきたい一冊です。
前作までの秘伝シリーズは、キャラ崩壊が激しかったりNARUTOを知らないで書いたのではないかと疑うような散々な出来でしたが、今作は違います。原作に忠実にキャラ作りがなされており、原作の続きを読んでいるようで、求めていたのはこれなんだよ!と感動しました。細かいところまで、彼女ならこう考えるだろう、彼ならこう行動するだろうという矛盾のない話の展開で、更にはアニメオリジナルの要素まで盛り込まれており、執筆者様がNARUTOという作品をよく理解し、愛を持って執筆に当たられたのだなぁということが感ぜられ、嬉しい限りです。
この場面が良かった、というシーンは多々あるのですが、内容のことをあまり書いてしまうと、読んだ時の感動が薄れてしまうかもしれませんので控えますが、これだけは言わせてください。木ノ葉同期+α、ひとりひとりの成長と葛藤、それが垣間見え、昔から見守ってきた彼等が大人になりゆく感慨深さ、NARUTOファンとして文句なしのお話でした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
各人の祝い品も書かれていたり(いなかったり)したが、それ以上にマンガの最終話でキバの隣にいた女性の正体やシノがアカデミーの教師に就いたきっかけが書かれていて、木ノ葉もそうだが、シノキバorキバシノ(または八班)秘伝といってもいいような気がする。現に第八班関係の話が一番長かったので。
ところで、ホントに何人か何を送ったのかわからなかったが、各人何を送ったのだろう?
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す