中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 通常中古品のため、若干の傷やヨゴレ、使用感はあります。記載が無い物は、帯・特典等は、付きません。メール便にてお届けします 7985
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Nのために 単行本 – 2010/1/27

5つ星のうち 3.0 120件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

それぞれがそれぞれの「N」を思うことで、殺人事件は起こった。あれから十年、事件の真相を明らかにしよう──。2010年、『告白』『贖罪』の湊かなえの新たなるステージ。

内容(「BOOK」データベースより)

「N」と出会う時、悲劇は起こる―。大学一年生の秋、杉下希美は運命的な出会いをする。台風による床上浸水がきっかけで、同じアパートの安藤望・西崎真人と親しくなったのだ。努力家の安藤と、小説家志望の西崎。それぞれにトラウマと屈折があり、夢を抱く三人は、やがてある計画に手を染めた。すべては「N」のために―。タワーマンションで起きた悲劇的な殺人事件。そして、その真実をモノローグ形式で抒情的に解き明かす、著者渾身の連作長編。『告白』『少女』『贖罪』に続く、新たなるステージ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2010/1/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488024556
  • ISBN-13: 978-4488024550
  • 発売日: 2010/1/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 120件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 164,390位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 のりべん 投稿日 2015/5/6
形式: 文庫
ドラマが好きで原作読みましたが、思ったのと違ったかな・・・
原作は基本的に登場人物の事件の証言で成り立ってて、原作に描かれていないところを映像化って感じなのかな。
ドラマ神すぎた。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ドラマがあまりにも良すぎたので、原作も読みたくなって購入しましたが・・・
ドラマの世界観には到底叶わないことを、明白にしてしまったようですね。
『告白』から始まり何冊か読みましたが、作品的には確かに面白いんだけど、どこか煮え切らない違和感を感じていました。
今回の作品で、その違和感がはっきりしたような気がします。
『小説』というより、『綿密なプロット』を読まされているような感じで、完成形をおあずけされたような、不完全燃焼な状態で放り出されてしまうのです。

その点、ドラマは素晴らしかった。
感動的なシーンや人物背景も丁寧に盛り込まれていて、登場人物たちが本当に魅力的でした。
物語の世界観にグイグイ引き寄せられました。

原作を読んでいても、多分ドラマを見ていなかったら、このシーンは理解不能だっただろうなあ・・・という、全体的にぼんやりとして曖昧な表現ばかりで、全く引き込まれる事はありませんでした。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マカ 投稿日 2014/11/14
形式: 文庫
ドラマの第三話まで見て、どうしても気になったので読みました。
ドラマでは希美と成瀬の島での高校生活からスタートしますが、原作ではチラッと出てくる感じで
殆どが10年前の話しにまつわるものでした。
私はドラマの島での二人の生き様が気に入っていたので、本での成瀬の印象には少し残念な気分になりましたが
これはあくまでドラマが先だったから、とゆうだけかもしれません。
ただ、ドラマを見ていたから読みやすかったような印象は受けました。
何も知らずに読んでいたら、ここ誰の話しかな?ってなりそうです。
読んでいる時はとても楽しく読めるのですが
最終的にアレはなんだったのかな?と思う場面が多かったように想います。
でもそれが作者の方の意図するところなのであれば、自分なりにきっとこうだったのだろう、と推測してみるのも楽しいように思いました。

ドラマとは少し違う部分が多いようなので、今後はドラマも期待して見たいと思います。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この人の作品は、読んでる時は面白いと思うんだけど、読後しばらく経つと、どんな話だったか思い出せず、かつ、わざわざ読み直すまでもないという、ポップコーン小説という印象で、それはそれでよかったのだけど、本作は、読んでる途中も特に面白いと感じなかった。
DVや虐待の記述も、本当に真剣に考えて書いているというよりは、登場人物を動かすための単なる道具立てという感じで、真面目に読むのが馬鹿馬鹿しくなる。
独白調子 をやめた代わりに文体の変化でで語り手をかき分けようとしてるようだけど、あまり成功していない。安藤の性別問題も作者が意図的にわかりにくくしたというより単なる文書のまずさだと思う。
また無闇に複雑すぎるプロットも物語の勢いを削いでいて、マイナス面が大きい。作者は、立体パズルを作りたかったと言っているようだが、上記のまずさが目立った結果、読者が見せられたのはパズルの組立図の方だったようだ。パズルの構造はわかるけど、驚きはないという感じ。

これに対し、ドラマの方はよくできてると思う。島の生活を丁寧に描いたおかげで杉下と成瀬の行動に説得力が増している。小説の二人には何の感情も抱かなかったがドラマには感情移入できた。
また、島の駐在を狂言回しとして配置したのも複雑なプロットをわかりやすくしていて良い。せっかく脚本がいいので、オチもドラマオリジナルにしてほしいくらいだ。
1 コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この話は確かドラマ化されたはずですが、生憎見ていないので、まっさらな気持ちで読みました。
登場人物はみんながNのイニシャルを持つ人物。
タイトルのとおり、「Nのために」のNが誰なのか、ということなのでしょうか。
個人的にとてもドラマチックな展開を期待しすぎていたせいかもしれませんが、結末のあっけなさに、え?これで終わり??と不服に感じました。
これがこのままドラマ化されたら、さぞ地味な物語が出来上がったのではないのでしょうか?
「告白」以来、少しこの作家さんとは水が合わないと思い、ずっと読まずに過ごしてきましたが、気まぐれで何となく手に取り読んでみました。
4時間程度で読める内容で、いろんな人物からある事件を違った角度で語られるというワンパターンな展開。
あと、これは個人差かもしれませんが、どうもこの作家さんの文章がスッとは入ってこず、同じ文章を何度も読み返しても、結局主語がわからず、誰が思ったり、言ったりしているのかが、とてもわかりにくい、と感じました。
結末がもっと感動的で、心に突き刺さってくるものだったら、それまでの文章をすべて帳消しにするような素敵な物語になったのかもしれません。
まあ、これはあくまでも主観的な意見ですが。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー