My Favorite Things がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ZOverstocksJPN
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ∟イギリスからの発送のため、商品発送から18日ほどお待ちくださいませ。また、全ての商品は厳重な検品作業のうえ発送しておりますので、安心してお買い求めくださいませ。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,418
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 400MP3アルバムを購入

My Favorite Things Import

5つ星のうち 4.5 36件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,418 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、フルフィルメント エクスプレスが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ジョン・コルトレーン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • My Favorite Things
  • +
  • Giant Steps
  • +
  • Blue Train
総額: ¥3,889
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1994/6/16)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Atlantic / Wea
  • ASIN: B000002I53
  • JAN: 0075678134623
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 2,617位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
9:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
2
30
5:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
3
30
13:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
4
30
11:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 

商品の説明

Amazonレビュー

   帝王マイルス・デイヴィスのグループから独立したジョン・コルトレーンは、マッコイ・タイナー、エルヴィン・ジョーンズという彼にとっての最良のメンバーとカルテットを結成。本盤の録音に臨んだ。
   本盤のタイトル曲は、リチャード・ロジャースとオスカー・ハマースタイン2世のミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の挿入歌。しかし録音された時点では、名作といわれた「映画」はまだ封切られていない。舞台での人気曲ではあっても、この演奏がファンに支持されたのは、3拍子によるジャズの心地よさ、それを叩くドラマーのダイナミックさ、そして何よりもコルトレーンの吹くソプラノ・サックスがこのメロディに非常に良くなじんだからである。コルトレーン自身も気に入り、生涯の愛奏曲となった。晩年にはそれこそ凄まじい演奏になってしまうが、本盤では、かわいらしいメロディを、突き抜けるようなソプラノ・サックスで丁寧(ていねい)に吹いている。そこが人気の秘密であろう。ほかにもガーシュイン、コール・ポーターという大作曲家のスタンダード曲を演奏している人気盤。(高木宏真)


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
夜中に、偶然my favorite thingsを聴き、一発で気に入り、思わず注文してしまいました。
後からレビューを読み、ジョン・コルトレーンを聴く最初のアルバムはこのアルバムが良いとか、ジョン・コルトレーンはどんどん進化していくとか、my favorite thingsの初収録アルバムだというのを知り、JAZZ初心者の私にはうってつけのアルバムだったという事がわかりました。
CDが届いて聴いてみると、my favorite things以外の曲も全曲気に入り、大変満足しています。
ジョン・コルトレーンをもっと知りたくなりました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ついでにSACD化もして欲しいです、、、コルトレーンは絶対に売れますので採算とれますよ♪♪♪♪♪ モノラルの別テイクも最高です!!
🔶別テイクの6曲目は、イントロからではなくいきなりイントロ後の演奏から始まります!! 収録のエラーか、意図的なものかわかりません。。。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
FMで初めて聞いて気に入った曲でした。パイオニアからLP発売の情報を聞いて1971~1972にかけて購入した記憶がある。過去の機材は友人に預け、盤は手元にあるが聴けなかった。が42~3年振りに聴く事が出来て感無量です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 conray 投稿日 2003/9/8
形式: CD Amazonで購入
コルトレーンほど聴き手の思い入れを許すジャズも無いのではないだろうか?皆がコルトレーンに高いテクや音楽理論的なものを求めているとは思えないが、何か不器用ながらも自己の音楽的解釈とスタイルを追求する求道的なスタイルに共感を呼ぶのだろう。My favourite thingsを初めて聴いたときもそう感じた。
原曲の明るさはそこにはなく、呪術的で執拗なフレーズを吹くコルトレーンのリズムもトーンもお構いなしのブロウが吹き荒れる。マッコイの力強くも堅実なピアノが、嵐の中の船の舵を必死に取る。Ev'ry Time We Say Goodbyeでは、消えてしまいそうな蝋燭なようにナイーブなトーン、Summertimeのアレンジは大胆かつアグレッシブの目から鱗で、最後にスタンダード風のBut Not for Meで締めくくる。4曲がそれぞれ違う持ち味を持っていて、最後まで飽きさせない。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 1961年にリリースされたトレーンの代表作。ソプラノ・サックスを使用した一曲目はあまりに有名だ。それにしてもすでにこの頃から
宗教的とも言える悟りの雰囲気が漂っているのは何なんだろう?トレーンが創造した音楽に触れるとき、何か物事の真理を追求する
感覚が付随してくるのだ。まさに求道者の姿をそこにみてしまう。。

さてこの一枚。ピアノ奏者にマッコイ、ドラム奏者にエルヴィンとゆう最高のメンバーを迎えての演奏。エルヴィンは基本的にどんな
パターンでも歌える稀有な存在なので文句は出るはずもない。それ以上に素晴らしいマッコイ。私見だが、多分彼の演奏じゃなきゃ
本作は傑作足りえないだろう。とにかく妥協がない。バッキングにムラがないのだ。灼熱を内へ内へと内包し、表面上クリアでクールで
ブリリアントなピアノタッチ。それが〈この時期〉のトレーンと最高に呼応する。表面上は線が細いけど、芯がとにかく強い。鋼鉄の
ようなメロディアス。両者が補う理想形。精神レベルで繋がっていて、お互いがお互いを高め合っているのがよく判る。

一曲目と二曲目でソプラノ・サックスを、三曲目と四曲目でテナー・サックスを楽しめる。私的ベストは三曲目か。マッコイのソロパート
にゾクゾクくるし、後半でみせるバンドのグルーヴが見
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
映画Sound of musicを観た次の日に、サックスを習っている師匠から送られたCD付教材にMy favorite thingsがあって、CDに合わせて口練してみたら、ぴーんと来るものがあって、久しぶりに聴いてきた。何とも不思議な演奏に引き込まれた。その他の曲も、どうやって、こんなコルトレーンチェンジといわれるコードチェンジを考え出したのだろう。不思議だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 この後演奏され続ける事になり、まさに題名通り"My Favorite Things"となったヒット作の記念すべき初演。彼らしい論理的なフレイジングよりもペンタトニックを軸とした歌うような演奏が出色で、ビブラートを伴わず泣き叫ぶようでもあり歓喜の雄叫びのようでもあるそのプレイは極めて個性的だった。これらを可能としたのが、おそらくはソプラノサックスとの出会いだったのではないだろうか。そしてマッコイの両手が生み出すハーモニーとリズムの調和、速度とグルーブ感を制御するエルヴィンのドラムスを得た点が最も重要な要素であった事は言うまでもない。さらにこの曲の延々と同じビートを刻み続けるベースや方法論は60年代のロックバンド、特にL.A.のウィスキー・ア・ゴー・ゴーで同時代に演奏していた事もあるドアーズに大きな影響を与えている。既にロッククラシックとなった大ヒット曲"Light My Fire"が正にそれである。

 「より旋律的であること」をテーマにしたかのように著名作のカバーを揃えておりtrack3と4のテナーもいいが、寡黙ながらも深い解釈で聴かせる"Everytime We Say Goodbye"も含め、本作は「サックスなら歌える」と控え目ながら語っていた彼の言葉通り、肉声に限りなく近づく術を発見したソプラノサックスのリリカルな表現に尽きると思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー