この商品をお持ちですか?

You Must Believe in Spring

5つ星のうち4.7 159個の評価

仕様
価格
新品 中古品
CD, CD, オリジナルレコーディングのリマスター, 2003/10/27 通常盤
¥4,732 ¥2,000
CD, 限定版, 2017/6/21 通常盤

Amazon の ビル・エヴァンス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • DREAMS COME TRUE特設ストア : 7/7は「ドリカムの日」。メガジャケ付CDが発売。オリジナルワッペン付CDを期間限定で販売開始。 対象商品はこちらをチェック

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
  • 梱包サイズ : 12.4 x 14.2 x 1.19 cm; 96.1 g
  • メーカー : Rhino / Wea
  • EAN : 0081227371920
  • 製造元リファレンス : 081227371920
  • SPARSコード : DDD
  • レーベル : Rhino / Wea
  • ASIN : B0000C24KC
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.7 159個の評価

商品の説明

Amazonレビュー

   このビル・エヴァンスはどうしようもなく悲しい。悲しいだけでなく、悲しさを昇華した美しさに魅了される。エレイン夫人が亡くなったのは1976年。翌77年には音楽教師だった兄ハリーが自殺している。そうした私生活上の不幸な出来事が本作に不安な影を投げかけているのだ。実際1曲目のワルツはエレイン夫人に捧げる曲だし、4曲目はハリー追悼曲で、その曲名は「フォー・オール・ウィ・ノウ」に登場する“ウィ・メイ・ネヴァー・ミート・アゲイン”という歌詞に由来する。なんでもエヴァンスはロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイのデュエットによる「フォー・オール・ウィ・ノウ」をハリーに聴かせてもらったことがあるのだという。共演はエディ・ゴメスとエリオット・ジグモンドで、本作はゴメスが参加した最後のアルバムでもある。

   エヴァンス・トリオというと一般に三位一体のインタープレイが有名だけど、本作はどちらかというとエヴァンス主導の演奏。録音は77年。ワーナーでの第1作ながら、発表されたのはエヴァンスの死後だった。(市川正二)
※ オリジナル・アルバムに3曲追加した[Bonus Tracks]盤です。

Product Description

When you think of lyrical romantic jazz piano playing, the first name that comes to mind, the one who influenced so many others who came later, is Bill Evans. he could certainly swing with the best of them, but it was a master of the melody that he reached so many. Miles Davis thought the world of him -- he included the pianist on his seminal "Kind of Blue" album. (Evans also wrote the liner notes for that album). "You Must Believe In Spring" was recorded late in Evan's career (1977). It has gorgeous playing and stunning production by Helen Keane (the artist's manager) and Tommy LiPuma. The trio is one of the last of Bill's great ones -- with Eddie Gomez on bass and Eliot Zigmund on drums. The songs are an ingenious mix of classics by such diverse writers as Johnny Mandel, Jimmy Rowles, Cole Porter and Evans himself. Of particular note is the title tune, which has become a standard for instrumentalists and singers, and Evans's haunting "We Will Meet Again."