Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,960
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 通販リサーチ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [DVD]

5つ星のうち 3.8 34件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 1,700 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,290 (57%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ジジックスが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [DVD]
  • +
  • Mr.ビーン!VOL.1 [DVD]
  • +
  • Mr.ビーン!VOL.3 [DVD]
総額: ¥3,554
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ローワン・アトキンソン, エマ・ドゥ・コーヌ, マックス・ボルドリー, ウィレム・デフォー, カレル・ローデン
  • 監督: スティーヴ・ベンデラック
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: UPJ/ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2008/07/09
  • 時間: 89 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 34件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0017UE0QW
  • JAN: 4571264905265
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 86,290位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

大人気シリーズの最新作は世界32ヶ国でNO,1の大ヒット・コメディ! あの伝説の“へんなおじさん”が帰ってきた!
【本篇ディスク特典】
1.撮影秘話 2.カンヌ国際映画祭 3.ビーンの役作り 4.未公開シーン 1-ビーン パソコンにコーヒーをこぼす 2-ステファン ビーンを見かける 3-ビーン 乗車券を調達する 4-ビーン ステファンをおぶる 5-ビーン セルフビデオを撮る 6-ビーン 影絵で遊ぶ 7-サビーヌ 大いに悩む 8-サビーヌ 危うくひかれる 9-ビーン 身振りで旅を語る 10-ビーン ガソリンをくすねる 11-ビーン 映画のセリフに驚く 12-ビーン 居眠りをする 13-ビーン 映写機と格闘する 14-カーソン・クレイ 映写機を支える 15-ビーチパーティ
【スタッフ】
監督:スティーヴ・ベンデラック『リーグ・オブ・ジェントルマン 奇人同盟!』(TV) 製作総指揮:リチャード・カーティス『ミスター・ビーン』(TV)『ラブ・アクチュアリー』『ブリジット・ジョーンズ』シリーズ 『ノッティングヒルの恋人』 製作総指揮・ストーリー:『ライラの大冒険 黄金の羅針盤』『ラストキング・オブ・スコットランド』『クライシス・オブ・アメリカ』 脚本:ロビン・ドリスコル『ミスター・ビーン』(TV)『ビーン』
【キャスト】
ローワン・アトキンソン『ミスター・ビーン』(TV)『ビーン』『ラブ・アクチュアリー』『ジョニー・イングリッシュ』
エマ・ドゥ・コーヌ『潜水服は蝶の夢を見る』『恋愛睡眠のすすめ』『ジョルジュ・バタイユ ママン』
マックス・ボルドリー本作で映画デビュー!
ウィレム・デフォー『インサイド・マン』『パリ、ジュテーム』『スパイダーマン』シリーズ『アビエイター』 カレル・ローデン『ボーン・スプレマシー』『ヘルボーイ』『バレット モンク』『15ミニッツ』
【作品紹介】
伝説の“ヘンなおじさん”が、カンヌで大暴走?! 教会のくじ引きで、カンヌでの1週間のヴァケーションとビデオカメラが当たったビーン。 ウキウキのビーンは、早速カメラ片手に列車でパリに向かった。 リヨン駅からカンヌ行きの列車に乗るところを通りすがりの男性に頼みカメラで撮影してもらうビーン。 しかし、ビーンがあれこれ注文をつけているせいで列車が走り出し、男性はホームに置き去りにされてしまった。 列車には父親とはぐれ、心細そうにしている10歳の男の子がいた…。
【劇場公開情報】 2008/1/19日比谷みゆき座ほか全国東宝洋画にて公開

Amazonレビュー

言わずと知れた、おとぼけ迷惑キャラの、これは10年ぶりの映画。主演ローワン・アトキンソンの肉体のシルエットが、ほとんど変化していないのには驚くばかり。今回は、教会のクジでカンヌ旅行に当選したビーンが、ロンドンからフランスへ向かうのだが、言葉が通じないことを逆手にとり、身振り手振りのギャグが中心になるので、よりストレートに笑える作り。これが成功のポイントになった。海老を殻ごと食べ、大道芸人のようにオペラを演じるなど、ビーンの肉体の動きの面白さを満喫できるのだ。
ビーンのドジ行動で、有名映画監督が駅に置いてきぼりにされ、ビーンは電車内にいた監督の息子とカンヌへ向かう。途中、映画の撮影現場に乱入したりと、相変わらずやりたい放題なのだが、クライマックスのカンヌでは、彼の行為が映画祭の観客にとって“痛快”になる展開がシニカル。オバカなギャグと名人芸の数々でノンストップに楽しませながら、「カンヌの海が見たい」というビーンのピュアな願いが叶うかどうかというラストは、心がほんのり温かくなるシーンとして結実している。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

1本丸ごと「カンヌ映画祭とその芸術志向」をコケにしまくったコメディー映画。89分。
ふ〜ん、ローワン・アトキンソンみたいな「骨のある」コメディアンって、やっぱりカンヌみたいな「権威」が好きじゃないのね。妙に納得。

たまたまクイズでフランス旅行を当ててしまったMr.ビーン,フランス語が全くしゃべれないのにハンディカムまで持参して一人で異国へ行ってしまう。途中で馬が合った謎の少年と、たまたま車に乗せてくれた美女と珍道中の末、カンヌ映画祭に乱入してしまう・・・。

アトキンソンって、チャップリンを意識してるというか、目指しているのかしら。
フランス語NO!という設定のためか、この作品は無声映画に近く、脚本的にビーン氏のセリフはほどんど無い。

この前見たスティーブマーティンのコメディーが、「セリフのキレで笑わせる」というタイプの映画だったので、ビーン氏のように体を張って笑わせる、という至芸を90分近く見せられると、こういう笑いのほうが(文字で笑わせるより)上品で高度かもしれないと、米・英、コメディー比較。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 何事 投稿日 2008/7/12
DVDで字幕、吹き替えで2回見ました。

前作の映画に比べ雰囲気は違います。

今回もビーンは外国に行きますが、そこでもハチャメチャな不幸の連続が起きます。
やはりとにかく笑わせてくれます。

そしてメルシーではなく何故かスペイン語でありがとうグラシアスと言うビーン。

あちらに行った事がある人は観光名所だたくさん出てくるのでより楽しめるかもしれません。

ストーリーはこれでもかと言うくらい序盤はツいてない事の連続だったので
最後の方はあっさりしてたように感じました。

また時間も最近の映画にしては1時間半で終わってしまったのもう少し見たかった気もします。

そーいえばビーンはパスポートとか荷物をなくしてますが、大丈夫なのでしょうか。

是非また作ってほしいです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
心の奥底からげらげら笑うということはあるいは10年前のビーンに比べたら難しいのかもしれません。インターネット、動画の普及によりそれ以上に私たちのお笑いにレベルが高くなってきていますから。だけど何もそれだけが笑うということではないはずです。

私の中のMrビーンは、例えるなら風のような存在だと考えています。自由気ままに世界を飛び交い、いたずらをしつつも最終的にはみんなを和やかにさせる祝福の風です。それ故に彼の行いに、理屈、常識、モラルといった重く冷たい鎖で縛られることはほとんどありません。無情な社会を生きる労働者の方々にそれはよく分かるのではないでしょうか?言いたいことも言えず、ひたすらに人の目線を気にし、自分の感情を押し殺して生きている切なさ。そうしなければ私たちは集団という中において生きることは出来ません。そんな私達から見て、まるで”男はつらいよ”のトラさんのようなマイペースさを保つビーンは、ある種の憧れの感情さえ持つような気がします。

 そのビーンらしさは今作でも健在でした。自由に旅をし、のんびりと自然を歩き、無邪気に喜び、無意識に迷惑をかけつつ自分は目の前のことに素直に楽しみ、人間としての優しさを持っている。決して深く悩まず、決して他人の顔色をうかがおうとはしない。そのビーンという一人の下心のない、どうどうとした立ち振舞いは視聴者をハ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
TVシリーズとは味付けや構成が異なる
映画版第二弾。

前作も好きだが、今回の作品のほうが
好きなので、結構繰り返し見ています。

まず俳優陣が脇役に至るまで良い味を出している。

・ジャン・ロシュフォールが演じるレストランのギャルソン。
 日本人にも理解できる彼のジェスチャー!!
・ウィレム・デフォーのナルシスト映画監督。
・フランスではTV俳優で有名なエマ・ドゥ・コヌの
 演じる女優の卵。でも「地なのか?」と思えるような、
 よくいそうな性格のフランス女性を演じていて好感が
 持てる。

イギリス人とフランス人は悪口を言い合うことが
多いけれど、本当はお互い憧れてるんでしょうね。
この作品は、そんな憧れを遠まわしに、ビーンという
ある意味透明に近いキャラクターを通して描出した
映画と思えてならないです。

また、シャルル・トレネの「ラ・メール(海)」を
大合唱するラストシーンは、言葉に出来ない
熱いものをじわりと感じる瞬間です。

フランス人にとっては「懐かしのあの歌手」でしか
ないんでしょうけど、歌手トレネが活
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ビーン

関連商品を探す