この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

A Moon Shaped Pool[輸入盤CD](XLCD790) CD, Import

5つ星のうち 4.2 35件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:29¥ 1,134より 中古品の出品:21¥ 1,055より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の レディオヘッド ストア

ミュージック

レディオヘッドのアルバムの画像
レディオヘッドのAmazonアーティストストア
59 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2016/6/17)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: XL Recordings
  • ASIN: B01FDF12W6
  • JAN: 0760644590274
  • 他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 12,432位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Burn The Witch
  2. Daydreaming
  3. Decks Dark
  4. Desert Island Disk
  5. Ful Stop
  6. Glass Eyes
  7. Identikit
  8. The Numbers
  9. Present Tense
  10. Tinker Tailor Soldier Sailor Rich Man Poor Man Beggar Man Thief
  11. True Love Waits

商品の説明

内容紹介

★世界で最も革新的なバンド、レディオヘッドが9作目となる新作『ア・ムーン・シェイプト・プール』を日本先行リリース決定! !
★サマーソニック2016にヘッドライナーとして出演決定! 英国を代表する最も革新的なロック・バンドとして、揺るぎない評価と絶大な人気を誇るレディオヘッドが新作『ア・ムーン・シェイプト・プール』をリリース!
2011年の『ザ・キング・オブ・リムス』以来約5年振り、通算9作目となる待望の新作は、長年のコラボレーターでありバンドとともに数々の名作を生み出してきた、ナイジェル・ゴドリッチがプロデュースを手がけている。
前作はダブステップからの影響を反映した作品であったが、今作ではギタリストのジョニー・グリーンウッドが共演経験のあるロンドン・コンテンポラリー・オーケストラによるストリングスを大胆に取り入れ今までにない作品が完成。
更に2001年にリリースされたミニ・アルバム『アイ・マイト・ビー・ロング(ライヴ・レコーディングズ)』に収録されていた「True Love Waits」のスタジオ・ヴァージョンを収録!
■日本先行発売、日本語歌詞対訳付*(予定)*アーティストの意向により日本盤、輸入盤ともにオリジナルの英語歌詞は掲載されません。

メディア掲載レビューほか

世界で最も革新的なバンド、レディオヘッドが9作目となるアルバムを日本先行リリース!待望の作品は、長年のコラボレーターでありバンドとともに数々の名作を生み出してきた、ナイジェル・ゴドリッチがプロデュースを手がけている。前作はダブステップからの影響を反映した作品であったが、今作ではギタリストのジョニー・グリーンウッドが共演経験のあるロンドン・コンテンポラリー・オーケストラによるストリングスを大胆に取り入れ今までにない作品が完成。 (C)RS

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 監桶ロック トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/9/17
形式: CD Amazonで購入
本作を聴いて、このバンドの表現の幅の広さを改めて感じました。オーケストラを音の柱にする、女性コーラスを加える、アンビエントを纏う、アコースティックさを前面に出す、シンプルにロック・バンドのサウンドを鳴らす、等々によって楽曲のカラーを決めていく。ひとつの楽曲の中でも、風景を微妙に変える。表現におけるそのち密さには、驚くばかりです。トム・ヨークの繊細でしなやかな歌い方が僕は好きです。そして、その声音にはいつも真実が包まれていると感じます。歌とサウンドが見事に一体となった快作です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
一曲目バーンザウィッチはありそうでなかった曲だと思います。高揚感。僕のつたない文章力ではそう表現するしかない。
単純に輸入盤を買ったというのもありますけど対訳がないだけでボーナストラックはないような感じだし輸入盤でも全然いいと思います。確かに焼き直し的な部分はあるんですけど僕は満足しました。レディオヘッドファンで迷っている方がいたら購入はオススメしますよ。二の次を踏んでる方がいたらですけど。
まあ一曲一曲の解説は他の方のレビューを読んでいただきたい
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
黄金期に戻した楽曲を作ってみるミュージシャンも多いなか、彼らは常に未開の土地を歩き続ける。
今作は大人のアルバムと思いきや、やはり挑戦的なやり口と、毒っ気があります。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 もはや説明不要の音楽集団、レディオヘッドの9作目。『A Moon Shaped Pool』(月の形をした水たまり)という美しいイメージに象徴される本作は、前作で試みられたクラシック的アプローチをさらに推し進めた、繊細かつ緻密なアルバムとなっている。とはいえ、ライブでたびたび演奏されるものの音源化されなかった楽曲(「present Tense」、「True Love Waits」など)が新しいアレンジで収められているとおり、これまでのキャリアの集大成といった側面も持ちあわせている。

 一聴したところ、今作はこれまで以上に夢幻的な音像といい、寓話的な歌詞といい、ちょうど『Kid A』の頃の彼らを思い出させる。また、ファンにはおなじみの「Identikit」や「True Love Waits」は、新しいアレンジによって『The Bends』や『OK Computer』をつらぬくある種のセンチメンタリズムを再現することに成功している。もちろん、サウンドはぜんぜん違うけれど。

 前作『The King Of Limbs』(枝の王)は「Bloom」(開花)、「Feral」(野生の)、「Lotus Flower」(蓮の花)といった自然をイメージさせる曲が揃っていた。そして、前作からの自然回帰的な流れは、依然として彼らの関心をとらえているようだ。オープ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
もやもや感。ぼんやりとした、曖昧模糊としたすっきりしない感じ。自分にとって大切な誰かの存在を失うといった個人的な喪失体験に基づくアイデンティティ・クライシスと、それに伴う感情的な揺らぎをマスに向けて発信/共有するというこれまで多くのバンドが通ってきた道・アプローチに関して、Radioheadらしい解答もしくはRadioheadにしか出来ないやり方でリファレンスを示したアルバム。なので当然霊界通信/幽体離脱的な音世界になるし、音楽的にはミニマリズム/現代音楽の要素が前面に出てきてはいるのだが、いつもならRadiohead特有の作用の仕方で聴き手を能動的に飲み込んでくる「深淵」が、ここではあくまでも聴き手にとっては「向こう側」で生起している事象として、それがうたかたのように生起しては消え去っていくのを傍観/モニターさせられる形でパッケージングされている。つまり、「噛み付いてこない」。何故なら、あくまでも「トム・ヨークの身に起こっていることは彼にしか分からない事であって、あなたに起こっている事ではない/分かろうとしても完全な理解には到達し得ない」という、至極全うな認識に基づく表現だという気がする。これが「自分にとっての世界の終わり=この世界自体の無意味性」に直結/論理的飛躍してしまう過去のロックスター(イアン・カーティス、カート・コバーン…etc)との違いであって、だからトム・ヨークが自...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
噛めば噛むほど味が出る、そんなアルバムだと思います。はじめは「退屈な曲が多いなあ」なんて思っていましたが、しばらく繰り返し聴くと、
「あれ、こんなにかっこよかったっけ??」というような発見をいくつもしました。
全体をアンビエントな統一感でまとめあげつつ、それぞれの曲に全く違った色をつけていて、アルバムとしても、個々の曲としても完成度は非常に高いです。

(ファーストはまあおいといて)The Bendsから今作に至るまでアルバム毎にガラッと雰囲気を変え続けてきていますが、今作からは、虹やTKOLの片鱗を感じることができると思います。

そして何より、アレンジのうまさは流石です。
全ての音が計算され、あるべき場所にあるというような美しさで、それぞれのパートの音を耳で追っていくとまた違った良さがいくつも見えてきます。(疲れますが…)

まだまだ聞き込むことができそうです。
なので星4。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー