中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Monster (1) (ビッグコミックス) コミックス – 1995/6

5つ星のうち 4.4 38件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

人の命を助けるはずのメスが、怪物を産み出すことになろうとは!! 激動のヨーロッパを舞台にした、戦慄のサイコ・サスペンスいよいよ発進。


登録情報

  • コミック: 212ページ
  • 出版社: 小学館 (1995/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091836518
  • ISBN-13: 978-4091836519
  • 発売日: 1995/06
  • 梱包サイズ: 17.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
天才医と言われた日本人医師テンマ。今の自分自身の医療のありかたに疑問を抱きながらも万事上手くいっていたはずーある夜、「栄光」を手に入れられる市長の手術のかわりに名も知らない頭を撃たれた少年の命を救うことを選んだところまでは。

1巻はテンマとニナ、そしてヨハンの忌むべき出会いから青年になったヨハンとの忌むべき再会まで描かれいわば序章のようなものです。しかし誰がこれからテンマと周囲の人々におこるあのような日々を想像できるでしょうか?存在さえわからなくしてしまう「完璧」なヨハン。ほんとうに恐い。そんな相手にテンマはどう戦うのかー。

漫画だからこそモンスターのような作品が描ける。漫画だからこそテンマの苦しみや悩みが最大限にまで表現され、ヨハンの冷酷な策略が見事に描かれ私達に最大限の衝撃を与えられる。この作品が登場してくれたからこそ漫画は大人の読み物でもいけるというか大人のための漫画もあるのだと言っても過言ではないでしょうか。

さすがにドイツのアマゾンでも☆5つなだけあります。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
天馬はドイツの有名な病院にいる凄腕の医者である。
天馬は手術を終えた後に一人の女性に捕まり罵声を浴びせられる。
それは自分の息子より権力者の人物を優先したと、天馬は数日間悩み続けた。

その後、大物政治家の緊急患者と強盗で撃たれた子供の患者が来た、天馬は少し迷うが子供の患者ヨハンを手術する。
案の定大物政治家は死亡、天馬は何の影響力もない子供を優先したことから病院無いからほされる。
天馬は脳外科としての出世の道を断たれて落ち込む。
その数か月後にヨハンが消息を絶ち、病院の脳外科の幹部が次々に毒殺されていく。
出世のコースを外れたはずの天馬はくり上がりで部長に昇格する。

手術から9年、一人の警部はずっと天馬を疑っていた、あの毒殺で得をしたのは天馬一人だと、無論証拠はない。
あの毒殺で唯一生き延びた男は何かにおびえていた、こういしょうもあったがそれだけではない。
その後、青年になったヨハンが現れ毒殺で生き延びた男を銃殺。
ヨハンが毒殺事件を自分が起こした事を告白し消える。
警部は射殺事件を気にその場に天馬がいたことを理由に、天馬に逮捕状を請求する。
天馬は救急車から要請と騙してその場を脱出。

後に、ヨハンの妹アンナ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 行雲流水 VINE メンバー 投稿日 2009/10/31
形式: コミック
20世紀少年で今何かと話題の浦沢直樹先生による
天才医師Dr.テンマと"ヨハン・リーベルト"により紡がれるストーリーの第一巻です

概要に関しては既に書かれている方がいるので割愛しますが
序盤の30ページ程で医者の世界の政治というものがよく分かります
でも医者の世界メインでは物語は進まないのですけどね

・Dr.テンマ(物語の主人公で天才外科医)
この巻以降の展開を含め、不幸度でいえば某執事漫画の主人公を圧倒します
"いいひと"であり医師としての魅力(こんな先生に診てもらいたい!)は相当なものです
しかしながら、それが災いし銃弾を受けた双子の兄、ヨハンを助け彼の歯車は徐々に狂っていく・・・

・エヴァ(Dr.テンマの婚約者でアイスラー記念病院院長の娘)
選民意識と箱入りお嬢様で野心も持つ典型的な嫌な女として登場
婚約者であってもテンマがスタンドプレーで干されるとすぐに見捨てます
しかし、自分の地位を保障する父がああなってしまった後テンマとヨリを戻そうとするが・・・
意外とここが後々まで引っ張る伏線になっているのも注目です

・ルンゲ(BKAの天才警部)
彼も嫌なやつとして颯爽と登場します
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
浦沢作品に特徴的ともいえるのは、必ず人間ドラマが盛り込まれていると言うこと。この「Monster」にしても、ただサイコサスペンスとしてではなく作品中に一本貫かれている人間存在の不思議さ、悲しさ、そして愛にこそ本質があると思われます。漫画だからと寝っ転がってさらっと読み終えるのではなく、さり気なく出てくる、思わず考えさせられるシーンを大事にしたい、そう感じました。
人それぞれでしょうが、たとえば私の場合は2巻の一番最後のシーン、どうしても心を開かなかった少女が思わず笑う場面で、本当になぜかは分からないのですが涙が溢れ出て来てしまいました。そんなシーンにも気をつけて読んでみるのがいいんじゃないでしょうか。私は浦沢作品を読むときは手塚作品のように心を清めてから読むようにしています。
勿論、冒険活劇的な読み方でも最高に面白いのですが。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー