Mona Lisa OVERDRIVE がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,518
通常配送無料 詳細
発売元: 即日発送のホビーショップTOYまる
カートに入れる
¥ 3,413
通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

Mona Lisa OVERDRIVE

5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 2,518 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 628 (20%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 2,518より 中古品の出品:10¥ 1,159より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の BUCK-TICK ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Mona Lisa OVERDRIVE
  • +
  • 極東I LOVE YOU
  • +
  • ONE LIFE、ONE DEATH
総額: ¥8,050
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2003/2/13)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: BMG JAPAN
  • 収録時間: 48 分
  • ASIN: B00007KL98
  • JAN: 4988017613450
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 30,050位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
2
30
3:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
3
30
3:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
4
30
4:22
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
5
30
4:31
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
6
30
4:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
7
30
4:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
8
30
3:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
9
30
2:39
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
10
30
4:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
11
30
4:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
12
30
3:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 

商品の説明

Amazonレビュー

   一貫したロックを発信し続けるBUCK-TICKの攻撃的かつポップな15th作品。前作『極東I LOVE YOU』の流れを汲みつつのオープニングから、いきなり突き上げてくる焦燥感とそれに対する憤りのようなサウンドを展開。カオス渦巻くスピリチュアルなロックといったところでもあるが、欠けていた何かを埋めようとする、渇望したファンにとってはグッ染み入る快作と言えよう。(春野丸緒)

メディア掲載レビューほか

POPな中にアグレッシヴさも兼ね備えたオリジナル・アルバム。NTV系『爆笑問題のススメ』エンディング・テーマ「残骸」、「Black Cherry」「MONSTER」「愛の歌」他、全12曲を収録。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
前作の「極東I LOVE YOU」が櫻井色の強いアルバムだとすれば、
本作の「Mona Lisa OVERDRIVE」は強烈な今井色のアルバムと言えよう。
ハード・コア・テクノが炸裂する、まさに今井寿の世界である。
なんといっても、先行シングル「残骸」が素晴らしい。
BUCK-TICKと言えばたびたび、シングルチョイスのミステイクが指摘されるが、
今回はこれ以上ないほどのグッドチョイスであろう。
「悪の華」を彷彿とさせる今回のシングルは、BUCK-TICKがロックバンドとしての
勢いと攻撃性をいかに失っていないかを再認識させた。
これぞBUCK-TICK!
我々が待っていたBUCK-TICKがここにある。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sora 投稿日 2015/10/18
形式: CD Amazonで購入
激しいです。なのにうるさくなく、しっかりとメロディーラインもあり、何度聴いても飽きません。かっこいいです。今井氏の才能に驚き、それを昇華させる櫻井氏の実力に感服です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ファン歴1年足らずでいろいろBUCK-TICKの曲を聴きまくってますが最高です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
BUCK-TICKの アルバム 好きです ただそれだけ ですね。。。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
アトム未来派NO.9を聴いたあとでは、いかにもデジタルなピカピカした音は少し気恥ずかしくなります。でも音をぶっ放したバクチクは久々だったので、当時大興奮しました。

SIX/NINEとの共通性を見出している方が多いですが、そこまで内面に切り込んでいるわけでもなく、櫻井さんにも「どうしても表現しなければならない」という切迫感はここにはありません。どちらかというと、HURRY UP MODEに近い印象を受けました。いずれにしても、最高ってことなんだけどね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 keiser 投稿日 2003/7/17
形式: CD
まず初めて聴いて、理屈無しに「かっこええな~」と思えたこのアルバム。Buck-Tickファンだけに限らずロックが好きな人にはたまらないアルバムだと思う。まずは、「ナカユビ」から。パンク時代のちょっと恐ろしいという感じと現代の音楽を激しくアレンジした加速するこの一曲から吸い込まれるように次は「BUSTER」。歌詞もこの汚い世の中を皮肉って詠ったもので、聴いていて微笑してしまう。さすが、今井氏、歌詞が現代の様々なことに対して批判している。曲もSIX/NINE以来、ヘビーなギターを使い、表面的にはロック調ではあるがメロディーはポップだ。
「残骸」は、Buck-Tickが今まで吸収してきた音楽と知識、テクニックを上手く処理しBTカラーに染めて激しく、ストレートにぶつかってくる爆発的な曲。この曲を聴い!て、またBTが確実に進化しているのだと実感できる。バンドとはある一定のところに留まってしまう傾向があるが、BTはどうだ!邦楽界でも常に最先端を行っているのではないかと思わずにはいられない。続いて「Limbo」。テクノっぽいところがBTの何の曲にも似ていないと色んな評論家は言うが、似てなくていい。むしろ、いい意味でファンの心を裏切っているこの曲が凄まじい。テクノっぽいとはいうがあくまでもロックだ。テクノなのにロック?なんだ、それと思われる方はまずは聴いてみてください。あとに「Sid V
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mm 投稿日 2009/11/4
形式: CD
しっかりしたコンセプトのもとに長年活動を続けてきたバンドの音とは、これほど豊かなものなのか。80'sのバンド・ブームの頃からひたすらに自分たちの美意識を貫いてきたBUCK-TICKの本作は、揺らぐことのない核と、危ういチャレンジ精神がなんら矛盾なく両立している。BUCK-TICKは一貫してBUCK-TICKなのだ。SOFT BALLETは、再結成して以前にやりきれなかった音楽を達成していて感動的だったが、ずっと続いてきたBUCK-TICKのテンションの高さと成熟の深さもまた格別だ。アルバムのタイトルは、88年に発表されたSF小説と同じ。著者ウィリアム・ギブスンは「ニューロマンサー」「カウント・ゼロ」、そして「モナリザ・オーヴァドライヴ」の3部作で"サイバー・パンク"というジャンルを確立した。キブスン自身、大のロック・ファンで、音楽に多大な影響を受けたと語っていた。同時に、サイバー・パンクに触発されたミュージシャンやビデオ作家も多数いて、彼らもそのひとつだった。今作は彼らがそうした初期衝動をいまだに持ち続けていることの証である。そのうえで、今を表現しようとしている点が素晴らしい。特にドラムス、ヤガミトールの存在感が光っている。疾走感のある1と安定したビートの2は、現在のBUCK-TICKそのもの。そして、コンピュータ・ビートの4との対比も面白い。テクノやトランス、ヒッ...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す