お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Mommy/マミー [DVD]

5つ星のうち 3.2 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 4,069 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 35 (1%)
通常7~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 3,694より 中古品の出品:3¥ 3,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • Mommy/マミー [DVD]
  • +
  • マイ・マザー [DVD]
  • +
  • わたしはロランス(特典DVD1枚付き2枚組)
総額: ¥11,755
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アンヌ・ドルヴァル, スザンヌ・クレマン, アントワン=オリヴィエ・ピロン
  • 監督: グザヴィエ・ドラン
  • 形式: Color, Subtitled, Widescreen
  • 言語: フランス語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2015/12/02
  • 時間: 138 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B014ITG3KO
  • JAN: 4988013407084
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 56,081位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

まだ僕は幼すぎて、ただすべてを欲しがっていた。


≪映画界最重要人物、グザヴィエ・ドランの最新作にして到達点。≫
★『マイ・マザー』『胸騒ぎの恋人』で世界の映画シーンに鮮烈なデビューを飾り、
『わたしはロランス』『トム・アット・ザ・ファーム』とデビュー以来全作品がカンヌ国際映画祭、ベネチア国際映画祭へ出品され、
早くも三大映画祭の常連に。
一躍時代の寵児となった映画界の若き救世主、美しき俊英グザヴィエ・ドランの監督最新作!

★2014年末「話題の人物TOP5」に選ばれたフランスでは、
同日公開のデヴィッド・フィンチャー監督作『ゴーン・ガール』を抜いて週末動員ランキング1位となる驚きのスタートを切り、
最終的には100万人を超える動員を果たし、世界の映画界のビッグニュースに。
また韓国での公開も2週間で5万人を超え!

★2014年カンヌ国際映画祭において、83歳の巨匠ジャン=リュック・ゴダールと並び審査員特別賞をW受賞!

★本編にOasisの「WONDERWALL」を始めとする本編を彩る名曲の数々が登場!

★充実内容の特典映像は必見!


~あらすじ~
2015年、架空のカナダで起こった、現実―。

とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。
2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。
公共医療政策の改正が目的である。
中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。
発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、
施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。
ダイアン・デュプレの運命は、この法律により、大きく左右されることになる。


[特典]
「Mommy/マミー」の世界に迫る、ヴォリュームたっぷりの特典映像を収録予定! !

【特典映像】(予定)
■ミニドキュメンタリー「グザヴィエ・ドランのスタイル」
■カンヌ国際映画祭授賞式ドランスピーチ
■カンヌ国際映画祭 グザヴィエ・ドランインタビュー
■アントワン=オリヴィエ・ピロンインタビュー
■スザンヌ・クレマンインタビュー
■オリジナル予告編
■日本版予告編
※特典内容や名称は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。


[スタッフキャスト]
【CAST】
アンヌ・ドルヴァル
スザンヌ・クレマン
アントワン=オリヴィエ・ピロン

【STAFF】
監督:グザヴィエ・ドラン




[発売元]ピクチャーズデプト

(C)2014 une filiale de Metafilms inc.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『トム・アット・ザ・ファーム』のグザヴィエ・ドラン監督が“母と子”の深い愛情と葛藤を描いた人間ドラマ。とある世界のカナダでは、連邦選挙で新政権が成立。内閣が可決したS18法案は、ダイアン・デュプレの運命を大きく左右することに。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 bunocio VINE メンバー 投稿日 2016/12/16
形式: Blu-ray
作品を発表する度に世界中から高い評価を得て、今年のカンヌ国際映画祭に出品した最新作も、
パルムドールに次ぐグランプリ受賞の栄誉に輝いた、弱冠27歳のカナダ人監督グサヴィエ・ドランが
2年前に製作した本作は、夫に先立たれて荒んだ生活を強いられているシングルマザーとADHD
(注意欠如多動性障害:落ち着きがない、思い付きで行動する、衝動が抑えられず暴力的な行動に
走る等の症状)を患っている15歳の息子との葛藤を描いた愛憎劇です。
ドラン監督の作品を観るのは今回初めてでしたが、19歳に初監督してから現在まで6本の長編劇映画を
撮って来た経験からか、奇を衒う事のないオーソドックスな演出が老練の域に達していて、今までにない
瑞々しい感性の映像表現を期待していたので、少し肩透かしを食らわされてしまいました。
ドラン監督の処女作「マイ・マザー」も母を愛せないゲイの息子の話で、ゲイを公言している監督自身の
自伝的要素の濃い作品だそうですが、その他の作品の予告編を観ても、「マザーコンプレックス」と
「ゲイ」が彼の作品の中核にあるようです。ファンのレビューから察するに、本作の主人公を「ゲイ」から
「ADHD患者」に置き換えたことで、いつもの監督の心から発せられる痛みに伴う感情の揺さぶりが
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
ハリウッド映画のように盛り上がりもなく
出て来る人は理解できない人たちばかり?
ドランの描く世界はいつも世間から理解されずもがいている人ばかり?
確かにそうかもしれない

彼の映画はつらくて悲しくて、幸せだと思っていたら突然落とされて唖然とすることもあるけれど、
人間同士の心のひだ・・・複雑で繊細な心が描かれていて
決して華々しいドラマではないのだけれど、なぜか私はひきつけられる

それが何か いまだよくわからないので
ドランの映画が出るたびに私は観たくなる

映像もきれいで、説明しすぎない
余白が様々な想像力をかきたてる

台詞で説明する映画はナンセンス
ハリウッド大作があまり好きではない人向けかもしれない

この映画の最後は「希望」だった。

今までにない感じのラストに、次はどんな作品を作ってくれるのだろうと期待している
監督の名で映画を見たいと思わせる稀有な人です

ただ、同じような題材の1作目「マイ マザー」の方が私は好きです
なぜかこれを見てドランをほめている人に「マイマザーの方がいいよ!!」
と言ってしまった....
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nisi 投稿日 2016/5/14
形式: Blu-ray
パッケージのデザインで選んだので予備知識なく観ました。
が、いろいろと説明不足な映画だな。
というかわざと説明しないことで魅力的になる映画だと思いました。

まず、冒頭から画面が狭いので
TVの設定がおかしいのか?と困惑
みんな思いませんでしたか?(笑)

カイラはなぜ突然に失語症になり
また、ペンダントを千切られてなぜあれほど怒ったのでしょうか?
カイラの部屋の写真立ての男の子に関係していると思いますが
最後まで説明がありません。

カイラの家庭は冷え切っているのに夫のいないダイアンには羨ましい家庭
ダイアンの息子は問題児なのにカイラには楽しそうに見える。
お互いがカーテンの隙間からお互いを覗き合い
少しの間だけ親密に関わって別れていく
カイラは自分の悲しみを打ち明けないし
ダイアンは虚言癖がカイラにも対しても治らない。

人はそれぞれ孤独だけど
本当の愛は母の愛なんだというのがタイトルの意味なのでしょうか?

私はこの映画を人に勧めません。
一緒に観た妻(二児の母)は辛すぎると落ち込んでしまいました。
男性にとっては感情移入しずらい
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す