Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 961

¥ 222の割引 (19%)

ポイント : 192pt (19%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[Konigsburg, E.L.]のFrom the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler (English Edition)
Kindle App Ad

From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler (English Edition) Kindle版

5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー

その他(38)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 961
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 1,931
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 571 ¥ 621

紙の本の長さ: 188ページ Word Wise: 有効 タイプセッティングの改善: 有効
Page Flip: 有効 言語: 英語
【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



商品の説明

商品説明

   クローディアは退屈だった。何か変わったことがしてみたい。でもダサいのはいや。家出することにしたクローディアは、一定の目標を持って計画を立てる。それは、快適で、今までとまったく違っていて、家のように気楽でいられるところへ行くこと。クローディアは慎重にパートナー(弟)を指名し、行き先(メトロポリタン美術館)を選んだ。でも、冒険に不測の事態はつきもの。すぐに、クローディアと弟のジェイミーは、専門家でも解けないような美術品にまつわるミステリーに巻きこまれることに。しかし、この謎を解くことができれば、クローディア自身が求める答えが見つかるかもしれない。

   ユニークなストーリー、読者の心をつかんで離さない文体、独特な線画で定評のあるカニングズバーグの作品。ニューベリー賞受賞作の本書も、読者に本を置かせるすきを与えない。一角の人間になりたいというクローディアの願いと、その願いをかなえるために自分探しに出る物語は、特に思春期の入口にいて本当の自分を探し求めようとする子どもたちにとって、共感するところが多いはず。(9~12才向け)

メディア掲載レビューほか

「いい子」と言われる毎日にウンザリの12歳の少女クローディアは、綿密な計画を立て、お小遣いをたくさん貯めている弟ジェイミーを相棒に選んで、家出することにする。行く先は、ニューヨーク、メトロポリタン美術館。ひっそりと美術館で暮らすうちに、ふたりは数ある美術品のなかでも、1体の美しい天使の像に心惹かれる。ミケランジェロ作といわれているその像の謎を解こうとする。
新しい自分を捜し求めるクローディアの姿は、同世代の子供たちにとっては、まさに自分自身そのものだろう。この洗練された知的好奇心に満ちた物語は、夢とは、魔法使いの登場するファンタジーのなかだけで叶えられるものではないことを教えてくれる。著者カニグズバーグには、ほかにも少年少女向けの素晴らしい作品が数多くある。(み)
Copyright© ペイパーウェイト・ブックス All rights reserved. -- 『英語ペラペラキッズ(だけにじゃもったいない)ブックス』 より

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 16685 KB
  • 紙の本の長さ: 188 ページ
  • 出版社: Atheneum Books for Young Readers; 35th Anniversary版 (2010/12/21)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 英語
  • ASIN: B004FGMDNW
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効になっていません。
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
 小学生の姉と弟が家出する話。総資金約24ドル持って、ニューヨークの美術館内に1週間隠れ住む。ちょうどその頃、美術館のある彫刻がミケランジェロのものではないかという話が持ち上がった、2人はこっそり独自に調査を始めるのだが...。
 小学生3、4年生向けの本。160ページぐらいで、字も大きい。子供ながらのアドベンチャー感覚が楽しめるかと思ったが、大人にドキドキ感をもたらすには、いかんせん字数が少なすぎる:1日で読みきれる程度。また、英語が簡単であるだけに、内容の「児童文学らしさ」を感じた。しかし、受験英語には決して出てこないような日常単語はたくさん登場するので勉強にはなる。
 24ドルあまりでいったい1週間子供2人がどうやって暮らしたのか不明だったが、初版が1967年であることを知り納得した。本の内容よりも、初版から35年経ってからの筆者による後書きの方が面白かった。事実は小説よりも奇なり、といったところ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ラヘル 投稿日 2005/10/19
形式: ペーパーバック
出版35周年アニバーサリー版で、作者の35周年版用あとがき
(9・11ニューヨーク・テロに言及があるところに今を感じます)やら、
編集者からの手紙やら、クローディアとジェイミーの掛け合いやらが
ついていて、とてもお得でした。DVDの「特典映像」のように楽しめます。
しかし、35年!
そんなにたつんですね。
まったく古びない物語に、驚愕してしまいます。
「美術館に家出する」都会っ子ぶりも子どものころに読んだときは
ちょっと鼻についたけれど、まさに「今」ならかえってぴったりきます。
日本語翻訳では、クローディアへのフォーカスが強い気がしますが、
英文で読むと「語り手」であるフランクワイラー夫人のコメントが随所で
なかなか味があって、夫人が最初と最後だけの登場人物では決して
なかったことがよくわかります。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
児童文学ですが、大人が読んでも面白いです。私は英語の勉強の一環として読み始めました。クラウディアとジェイミーの姉弟の家出の話です。
しかし、家出先がメトロポリタン博物館!どうやって警備員に見つからないですむかなど2人がいろいろ計画し、実行します。
また、メトロポリタン博物館の内部の様子が詳細に描写されており、とても行きたい気分になります。そして、2人は一つの美術品の謎の解明に興味を持ち、自分で調べたりします。
子供が読んだら、きっとこの本のなかから興味のあることを調べたりするでしょう。英語勉強中の人は、やさしい単語ばかりなのですらすら読めると思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/10/28
形式: ペーパーバック
子供の頃訳書を読み、おもしろかったのを覚えていて最近原書を読みました。1970年代ぐらいの小学生のお話ですが、クローディアは背伸びしていてかわいらしく、背伸びしていないジェイミーの方が大人なときもあり、兄弟っていいなあと思えます。英語も簡単で十分読めます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
童話(と言っていいのか不明)ですが、とてもリアル。NY好き、メトロポリタン美術館好きには是非読んでほしい。私は、小学生のころ、訳書を読んで、とても影響を受け、最近原書で読みました。とてもとても素敵です。子どもって大人が思っているよりもずっと大人なんだよね、と思います。童話ですが、まったく馬鹿馬鹿しくありません。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
~翻訳で読んで面白かったので、原語でも読もうと思って買いました。お話は、女の子の家での話ですが、お金儲けの上手な弟を連れ出して、メトロポリタン美術館に忍び込んで寝泊まりするという発想が面白い。都会の子供が家出して耐えられる場所は、やはり都会だ。
本書(と同時に発表された「Jennifer, Hecate, Macbeth, William McKinley and Me, Elizabeth」や、少し後の「About the~ B'Nai~ Bagels」)で著者は有名になりました。デビューからの3作は、単純に楽しめます。夢中で読んでしまって、電車を乗り越しました。
本書は原著刊行から35周年記念として、著者のあとがきがあります。ずいぶん時が流れたたので、舞台となったメトロポリタン美術館の様子も様変わり。入場料が必要になったことや、小説の小道具に使ったものがなくなったりかわっ~~たり。また9/11のテロのために街の雰囲気も変わったことなど。~
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover