Mike & Mechanics がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Mike & Mechanics Import

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,658 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Cyber Mondayのセール対象商品です

Amazon の Mike & The Mechanics ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Mike & Mechanics
  • +
  • The Living Years <25th Anniversary Deluxe Edition>
  • +
  • Beggars on a Beach of Gold
総額: ¥5,988
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1990/10/25)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Atlantic / Wea
  • 収録時間: 40 分
  • ASIN: B000002IIG
  • EAN: 0075678128721
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 200,278位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Silent Running
  2. All I Need Is A Miracle
  3. Par Avion
  4. Hanging By A Thread
  5. I Get The Feeling
  6. Take The Reins
  7. You Are The One
  8. A Call To Arms
  9. Taken In


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ジェネシスでは、フィル・コリンズが目立ちすぎて他のメンバーは地味に見えてしまいがちですが、マイク・ラザフォードの才能がこんなにすごいとは思いませんでした。曲自体に派手さは無いですが、キラキラしたシンセサウンドを絶妙に効かせたアレンジはセンスよく、洗練されています。大人向きのポップなロックという感じでしょうか。
個人的なことですが、このアルバムが発売されたのは冬で、その時期によく聞いていたためか、寒い時期にあうイメージがあります。冬のドライヴには会うんじゃないでしょうか?
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジェネシスのマイク・ラザフォードのソロプロジェクトの趣があった
マイク&ザ・メカニクス。
ジェネシスの各メンバとも超多忙の時期だったはずですが、
さすがノッている時はイイアルバムができるもんなんですね。
曲調はタイトルの通り。フィルのポップとは違う、多少AOR風の澄んだもの。
でも気取りは感じなくて、とっつき易いです。
多少真中あたりに流れから浮いた曲もありますが、シングルで売れた#2や、
ノリのいい#6の間に、美しいバラード#3や#7が絡みながら、
澄んだ奥深い世界が最後まで展開されます。
#9もシメにふさわしい隠れた名曲だと思いますよ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
Taken In という曲が、やはり一番自分の中に残っています。
昔、FMラジオで聞いて心が締め付けられたまま、今もこれを聞くと時間が止まります。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 寿 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/4/19
形式: CD Amazonで購入
85年発表の1st。ジェネシスのマイク・ラザフォードが、元サッド・カフェのポール・ヤング、ロキシー・ミュージックやスクイーズでの活動でも有名なポール・キャラック(vo)、ピーター・ヴァン・ホーク(dr)、エイドリアン・リー(k) らと結成したグループのデビュー作。ゲストとしてアセン・マーフィー(g)、ジョン・キアビー(vo)、サックス奏者らも参加している。全曲がマイクとクリストファー・ニールの共作になっており、実質的なマイクのソロ作と見るべき作品だが、今までの作品と大きく異なるのはヒット曲(2.全米5位、1.全米6位、9.全米32位)が出た事に尽きるだろう。このヒットのおかげでグループは本作以降もジェネシスの活動停止期に断続的ではあるものの長きに渡って活動していくこととなる。サウンドは典型的な80年代のもので、シンセサイザー主体となっているが、ヴォーカル陣の素晴しい歌声とうまくマッチはしていると思う。全体的にポップな曲調のものが多いが、ジェネシス・ファンが期待する重めの雰囲気・・・いわゆる英国風という奴はしっかりと残っている。『インヴィジブル・タッチ』前のジェネシスの雰囲気を残した1.はコアなファンでもなんとか許せる仕上がりだろう。80年代好きにはシモンズなどのエレドラが嬉しいはずだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 1985年冬リリース、当時はフィルコリンズのソロが大ヒットし、86年のジェネシスファミリー大ブレーク直前の時期、このアルバムもジェネシスファミリー大ブレークに大きく勢いをつけたアルバムだった。1曲目の「サイレントランニング」のPVが連日テレビでON AIRされ大々的に宣伝され大ヒットを記録、その後も「ミラクル」「テイクン イン」と3曲がヒット、アルバムも大ヒットした。このアルバムの成功した理由は2人の声質の違うボーカリストの起用と有能な2人の作曲家(BAロバートソンとクリストファー二ール)を起用したことにある。9曲目だけがフィル、トニー、マイクの共作で、007のサウンドトラックのような緊張感のある曲に仕上げられている。余談ながら、85年の映画「ホワイトナイツ」のサントラにマイクとBAロバートソンの共作曲「アザーサイドオブザワールド」が収録されている。ボーカルはチャカカーンだが、曲は完全にマイクアンドアンドメカにクスの世界だ。曲調は「リビングイヤーズ」にょうなドラマチックなバラードなので、ファンは要チェックだ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジェネシスから、各メンバーのソロを聴きだしたが、この、「マイク・アンド・ザ・メカニクス」は、本家をある意味上回るほどの傑出した存在。

楽曲の音数が少なく、無駄な音を発せず、シンプル、ソリッドで、ここまで聴かせている点がまず、特筆できる点。
ただ、それだけでは飽きてしまう可能性が大だが、何より、メロディーがあまりにも素晴らしい。
これほどの、美しい楽曲はまず、聴く事はできないんじゃないだろうか。

それほど言ってしまっても良いほど、このバンドは僕にとってフェイバリットだった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック