¥ 2,379 + 配送料無料
通常6~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、ワールド・ブックス が販売、発送します。
¥ 2,379 + 配送料無料
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Micro: Bit Iot in C (英語) ペーパーバック – 2016/8/15


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ペーパーバック
¥ 2,379
¥ 2,379 ¥ 5,260
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

The BBC micro: bit is capable of taking on a variety of roles including that of a powerful IoT device. In order to gain full access to its features and to external devices, however, you need to use C which delivers the speed crucial to programs that communicate with the outside world.

Written for the electronics enthusiast, micro: bit IoT In C starts with a first "Hello Blinky" C program with the mbed online compiler, we move to the desktop to using an offline approach using the yotta development environment plus NetBeans to make things even easier. Now we are ready to discover how to control the micro: bit's I/O lines, exploring the basis of using the GPIO. For speed, however, we need to work directly with the raw hardware and also master memory mapping, pulse width modulation and other more sophisticated bus types.

From here we can start connecting sensors using first the I2C bus, then by implementing a custom protocol for a one-wire bus, and eventually adding eight channels of 12-bit AtoD with the SPI bus, which involves overcoming some subtle difficulties. We then look at serial connections, one of the oldest ways of connecting devices but still very useful. The micro: bit lacks WiFi connectivity but using a low-cost device we enable a connection to the Internet via its serial port which allows it to become a server.

To conclude we look at the micro: bit's LED display. This may only be 5x5, but it is very versatile, especially when you use pulse width modulation to vary the brightness level, something we demonstrate in a classic game, written of course in C.

著者について

Harry Fairhead has been working with microprocessors, and electronics in general, for many years and is author of the best selling The 386/486 Personal Computer: A Power User's Guide and Exploring Intel Edison. Harry is Editor of IoT-Programmer.com and a regular contributor to I-Programmer.info, where he covers all aspects of hardware.


登録情報

  • ペーパーバック: 196ページ
  • 出版社: I/O Press (2016/8/15)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 1871962455
  • ISBN-13: 978-1871962451
  • 発売日: 2016/8/15
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 1.1 x 23.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 88,158位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー

Amazon.com: 5つ星のうち5.0 1 件のカスタマーレビュー
Jeffrey Smith
5つ星のうち5.0If you are serious about using the micro:bit to it's fullest potential, you need this book.
2017年10月28日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています.