この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Melody (メロディ) 2014年 06月号 [雑誌] 雑誌 – 2014/4/28

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2014/4/28
"もう一度試してください。"
¥ 2,000
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

この雑誌について

花とゆめ・ララから誕生の感動コミック誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 白泉社; 隔月刊版 (2014/4/28)
  • ASIN: B00J9OG5XE
  • 発売日: 2014/4/28
  • 商品パッケージの寸法: 24.8 x 17.8 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「大奥」、治済公のある種の異常性の描写が際だってきて、怖いな、と思いました。

「花よりも花の如く」、やはり葉月にはそういうことが起きていたのか、という今回の話。しかし、それを能の世界とからめて全て正義感で解決しようとする憲人の姿勢に、今回は全く同感できません。世の中には「人間としての理屈が通じない相手」が必ずいて、憲人の「話し合いや善意だけで解決できる」という思考は全く通じない。通じるならばいろいろな事件や悲劇は起きないと思います。でも、これは物語なので、きっと違うんだろうな…と次回を待っているところです。それと、最近のストーリーはいろいろな事件にからみすぎて能をおろそかにしすぎていて残念。能をメインに持ってきて欲しいな、というのが個人的希望です。
あと…。うがった見方かもしれませんが、昔の犯人はともかく、今回の事件再燃の気配、犯人は由規ではないかと、ふと思ってしまいました。いつまでも自分に振り向いてくれず、他の男に心奪われる女。以前の事件でどうすれば一番葉月が追いつめられるかよく知っているのは由規。一見いい人そうなだけに、闇がありそうな…。

「色兼ネル」、話の展開としては面白いんだと思います。最近は見たくないシーンもほとんどないですし。でも、またまた真っ白…。目がすべりました。ストーリーがほとんど印象に残らないままです。担当の
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「わたしの銀河鉄道」ひかわきょうこ(和田くんとゆきこシリーズ)、「ミソ・スープは哲学する 青い瞳の食欲魔人」川原泉、「夢降る森のおとぎ話」山口美由紀(白雪姫のシリーズ)、「パタリロ!-FLY ME TO THE MOON-」魔夜峰央(敬称略)。「パタリロ」は、他人に命を分け与える少年の話です。全話読んだ訳じゃないんですが、唯一、心から泣ける作品ではないかと。悲しくて切なくて堪らないけど、大好きなお話です。また読めて良かった。古株ファンなら全部持ってる人もいるでしょうが、若者は、気に入った作品があれば、同じシリーズのも読んでみてください。

「そこをなんとか」再ドラマ化決定!漫画は今回、中道先生番外編と全くタイプの違う「徒花」の2本立て。落ち着いた大人の恋物語。こういうのも良いなぁ。

「なかじまなかじま」次号最終回。

「これから私は武士になる」11ページ…の内、4ページが弓の作法の図解(^_^;)いつの間にか、随分絵が変わって、可愛くなってましたねー。デビュー当時は、よく商業誌に掲載したなあと呆れかえるレベルだったのに。絵は描き続ければ上達するを体現した方ですね。お話作りは、ある種の天才だけど、あの絵でデビューさせた当時の編集長は偉いっ!

「日本全国方言男子コメディ 九州男児のつくり方」マツモトトモ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告