+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Round3JP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注文確定の翌営業日にアメリカ合衆国・ジョージア州より発送いたします。全商品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Massenet: Esclarmonde Import

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,888 通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 2,888より 中古品の出品:3¥ 1,299より

50%OFF以上のCD・アナログレコード
話題作から名作まで。対象商品はこちら。 今すぐチェック

Amazon の Richard Bonynge ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • 演奏: Joan Sutherland, Giacomo Aragall, Huguette Tourangeau, Clifford Grant, Graham Clark
  • オーケストラ: National Philharmonic Orchestra
  • 指揮: Richard Bonynge
  • 作曲: Jules Massenet
  • CD (2004/6/15)
  • SPARSコード: ADD
  • ディスク枚数: 3
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Decca
  • ASIN: B0001HOY0O
  • EAN: 0028947550129
  • 他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 1,309,130位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
めったに上演されないマスネの大作オペラ。
しばらく忘れ去られていたが、サザーランドのこの録音によって再び世に出た作品。

ワーグナーの影響もありつつ、オルガンの荘厳さや流麗な管弦楽表現で壮麗でありながらマスネ独特のフランス的エスプリを持った感じ。

主役のソプラノの歌唱が余りに難しいのも上演されない理由の一つかも。
ドラマティックな表現力に加え、3点Fや3点G(しかも持続音!)の超高音を要求するコロラトゥーラ技術が必要という難物。これをまともに歌える歌手はめったにいないと思われるし、歌ったら喉への負担は大きく歌手生命を縮めてしまう可能性もあり。

はっきり言えばサザーランドの歌唱は評価できないレベルで、前述の超絶部分は音を下げごまかしたりしているし、音程もふらつく。録音時はとうに全盛期を過ぎている頃で、もう喉もどうなってもよいやということで歌ったのかもしれない…
しかし、この作品を再び世に出した功績は大きい。

全盛期のグルベローヴァ、デセイ、ダムラウあたりにも挑戦して欲しかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
タイス,エロディヤード,ル・シッドのように生き残った作品もあったが,マスネーは,お気に入りのアメリカ人ソプラノ,シヴィル・サンダソンが早世したときにサンダソンが創唱したオペラの多数を封印した.
この作品もその一つ.前世紀70年代にサンフランシスコオペラでサザランドにより蘇演され,その後ロイヤルオペラで再演されたが,それでロイヤルはサザランドに引導を渡し,その後も出演は多かったが,サザランドがロイヤルで脚光を浴びることは無かったと思う.
知る限り全曲版は「マスネー音楽祭」のもう一組しか無いはず.
しかし,この作品はマスネーの「印象派と後期ロマン派を行ったり来たり」の「後期ロマン派ワーグナー一派」を飾る名作だと思う.(印象派の名作は「アマディス」か?)
サザランドお得意の「耳が眩しくなるような超高音」や「ジャグリングのようなコロラトゥーラ」が無くても表現できる作品だと思う.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック