中古品
¥ 300
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 経年による日焼け、汚れ、表紙に多少のキズがあります。原則当社営業日(土・日、祝祭日を除く平日)午後3時までのご注文は東京都より当日発送致します。品切れの際は速やかにご注文をキャンセルさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Marvin Redpost #6: A Flying Birthday Cake? (英語) ペーパーバック – 1999/9/21

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

その他(9)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 1,312 ¥ 7,248
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 446 ¥ 647
ペーパーバック, 1999/9/21
¥ 317 ¥ 294
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

This chapter book in Newbery Honor–winning and bestselling author Louis Sachar’s Marvin Redpost series offers a sidesplitting take on being the new kid at school.
 
When Marvin and Stuart sleep over at Nick Tuffle’s house for Nick’s birthday, they set up sleeping bags in the back yard. Stuart and Nick go right to sleep, but Marvin tosses and turns. Then he hears a noise and something glowing zooms over his head. Is it really a flying birthday cake? Or could it be something even more bizarre? The next day, a very strange new kid shows up at school….
 
Hilarious and relatable, Marvin Redpost is perfect for kids who love to bond with quirky characters like Junie B. Jones and George Brown, Class Clown.

レビュー

'Louis Sachar is one of the few masters of American fiction' Independent on Sunday Praise for 'Holes': 'Magic and hard realism come crashing together. This is an extraordinary and unconventional novel' Observer 'An exceptionally good novel' Sunday Times Praise for 'Sideways Stories from Wayside School': 'Thirty clever, fast-moving stories that describe the bizarre events at Wayside School ... each story is refreshingly different' Guardian --このテキストは、ペーパーバック版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 96ページ
  • 出版社: Random House Books for Young Readers (1999/9/21)
  • 言語: 英語
  • 対象: 9 - 12歳
  • ISBN-10: 0679890009
  • ISBN-13: 978-0679890003
  • 発売日: 1999/9/21
  • 商品パッケージの寸法: 13.2 x 0.6 x 19.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 7,718位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 百地樹里 VINE メンバー 投稿日 2007/10/10
形式: ペーパーバック Amazonで購入
MarvinのクラスにJoeという男の子のが転校してきます。
Joeは少し変わっていて、みんなから仲間はずれにされてしまいます。
だけど、自分もいやな思いをしたことがあるMarviinはなんとか
Joeとお友達になりたいと考えるのですが、Nickたちの仲間に入れて
もらえなくのもちょっと怖い・・・。

子供の頃のほろ苦い思い出と言う感じですね。初めての小さな
出会いと別れ。うまく描いていると思います。
ほんのりと暖かいような、切ないような気持ちになる作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Somasoli 投稿日 2003/5/23
形式: ペーパーバック
「目指せハリーポッターを原書で読破!」で、まずはアメリカの小学校低学年レベルの本から読んでいて、どうせなら向こうの生活もわかる学校物をとおもってこのシリーズを読み始めました。 主人公のマーヴィンは、いたって普通の男の子。でもただ者じゃないんです!毎回色んな、へんてこな事件に必死に立ち向かって生きてます。その中で、私たち読者を「やっぱ人間っていいな♪」って気持ちにしてくれます。今回は「バースデーケーキが頭上をとんでいった」という想像もつかない事件から物語が始まりますが、その後はSACHAR氏ならではのユニークであったかい展開が楽しめます★童心にかえりたい&楽しく読書したい人にはMARVINシリーズぜひ読んでほしいです(*^.^*)/
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
Marvin Redpostシリーズの6作目
語数 7,249   YL 2.5

親友のNickの誕生パーティーの後、寝袋で寝ているMarvinの上を、
緑色の光る物体が飛んでいったような気がしました。Marvinは、空飛
ぶ誕生日ケーキだと思いますが、夢なのか現実なのかしっかりと判断
ができませんでした…。

小学3年生の男の子Marvin Redpostを主人公としたこのシリーズの
6作目は、このような現実空間から離れたような雰囲気で始まります。

誕生日パーティーの翌日、Marvinの学校に転校生がやって来ました。
シカゴからやって来たというJoe Normalという男の子ですが、どうも
浮世離れをしています。Marvinたちにとっては当たり前のことを知ら
なかったり、逆にMarvinたちが知らないことを知っていたり…。

StuartやNickは、この新入生のことを「変な奴」と言っていじめます
が、過去(2作目)にいじめられた経験のあるMarvinは、寄り添って
あげます。JoeはそんなMarvinに信頼を寄せ、家に遊びに行きました。

ところが、Marvinの両親たちは、J
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 minnie-may 投稿日 2003/10/15
形式: ペーパーバック
Marvinは親友Nickの誕生日会に行き、その夜、彼の庭で仲間3人と寝袋で泊まります。真夜中、夜空に光る謎の物体。一人目を覚ましていたMarvinは、度胆を抜かれ眠れなくなります。あれは一体なんだったんだ…まるで空飛ぶ誕生日ケーキ…。翌日、狐につままれたMarvinのクラスに、不思議な転校生がやって来ます。毎日同じ服、とんちんかんな会話…。当然クラスの中で彼は浮き上がります。そして・・・・。
一体彼は何者なのか???という疑問を抱かせつつ、物語は展開します。答えは読んでのお楽しみ?、です。謎が謎を呼ぶ…不思議な話、でもとても面白いです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告