中古品の出品:4¥ 2,720より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Manfred Mann Chapter Three Limited Edition

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:4¥ 2,720より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の マンフレッド・マン・チャプターIII ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2004/4/1)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: COOL SOUND
  • ASIN: B0008GIQR0
  • EAN: 4571136370467
  • その他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 542,422位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
5:51
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
2
30
5:49
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
3
30
6:00
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
4
30
2:40
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
5
30
5:27
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
6
30
7:29
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
7
30
3:34
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
8
30
5:12
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
9
30
2:00
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
10
30
4:08
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
11
30
2:51
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
12
30
2:26
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
13
30
5:22
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
14
30
5:27
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
15
30
5:15
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/17
形式: CD
マンフレッド・マンの歴史中,そして初期ヴァーティゴ・レーベルから出た作品中でも特筆すべき完成度の名盤です.よくジャズ・ロックと言われる作品ですが,ソロイストのアドリブよりも全体のアンサンブルやヴォーカルを重視した点で,BS&Tあたりに近いブラス入りロックだと思います.サウンドの鍵を握るのはキーボード兼ヴォーカルのマイク・ハグ,そして蛇が這うようにうねりまくるベースを弾くスティーヴ・ヨークの二人でしょう.実際この二人が参加していなかったら全く違う音楽になっていたと思う程,この二人は素晴らしい演奏を聴かせてくれます.重苦しく暗い典型的ヴァーティゴ・サウンドですが,発表から30年以上を経た今聴いても全く古くさくないのは凄いです.
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gib32 投稿日 2015/2/12
形式: CD Amazonで購入
45年前、深夜にAMラジオからカセットに録音していて、次の朝に聴いたら途中でテープがジャミングして止まっていました。
45年たって、やっと買いましたが、この時代のやや実験的なROCKとしてはめずらしく、CDを全部通して聴ける完成度です。
当時から、(途中までですが)気に入っていましたが、やはり、これは良いです。
この時代の実験的なROCKは、LP一枚で1~2曲程度が大変良くて、他の曲は聴けない場合が多いのですが、これは、全体として良くまとまっていて大変良いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 寿 トップ1000レビュアー 投稿日 2011/8/5
形式: CD
69年発表の1st。マンフレッド・マン(グループ名)のマイク・ハグ(p、vo)、マンフレッド・マン(org) が、同グループの別ユニットとも言える Emanon を発展させる形で結成したグループの1作目(ポール・ジョーンズ時代がチャプタ−1、マイク・ダボ時代がチャプター2とのことらしい)。2人の他、バーニー・リヴィング(fl)、スティーヴ・ヨーク(b、g、harp)、クレイグ・コリンジ(dr) が加わった5人組である。
1.は楽曲にブルース、R&B的な要素も感じられるもののアレンジはいわゆるプログレ的な雰囲気が濃厚。すでにマンフレッド時代とは異質の音楽性を開花させている。ブラスが登場する部分ではビッグ・バンド的な雰囲気も表れるが、ノイジーなサックス・ソロに至っては同時期のクリムゾンに非常に近い質感を生み出している。プログレとビッグ・バンド・ジャズの邂逅といった感じだろうか?2.もR&Bベースのメロディアスな曲で要所にブラスが登場するが、マンフレッド時代の面影はない。オルガン・ソロもプログレ色が強く時代性を考えればかなり先端を行っていたことが良く分かる。ベース・ソロも聞き物。3.はプログレ的なリズム隊に前時代そのままのブラスが乗ったイントロの後、ノイジーなオルガンが登場する。 いわゆるアート・ロック的な曲と言えると思うが、サックスのソロが叫びを上げる部分では初期クリムゾンを
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック