Making Mirrors がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 958
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,800MP3アルバムを購入

Making Mirrors Import

5つ星のうち 4.1 19件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 933 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り6点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆Remedia OUTLET★【アマゾン倉庫より年中無休で発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 933より 中古品の出品:10¥ 185より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ゴティエ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Making Mirrors
  • +
  • Like Drawing Blood [解説・歌詞対訳付 / ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC-197)
総額: ¥3,002
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2012/2/7)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Hostess Entertainment
  • ASIN: B00584UF4E
  • JAN: 0602527757537
  • その他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 68,633位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

奇跡の声を持つ天才シンガーでマルチアーティスト、ゴティエによる6年振りとなる3rdアルバム!本作は全英4位(2/25付)、全米総合9位/ロック2位(3/31付)、オーストラリア(全豪)総合チャート(8/29付)で初登場1位(トリプル・プラチナディスク)、ベルギーで3位を獲得!
先行シングル「サムバディ・ザット・アイ・ユーズド・トゥ・ノウ (feat. キンブラ)」が全英1位(4週連続/通算5週)(3/24付)、全米総合5位/ロック1位(3/31付)、全豪1位を獲得(8週連続チャートイン)し、プラチナディスク×7を獲得(56万枚以上売上)。全世界10ヶ国で1位を獲得している。オーストラリア版グラミー賞“ARIAアワード2011”では全6部門を受賞した。またミュージック・ビデオはYouTubeで1億回以上再生され世界中のブログやツイッターで話題となっている。
ポップ、ロック、ダブ、ジャズ、ダンスなど様々な音楽的要素を注ぎ込んだオリジナリティー溢れる本作で、海外チャートを席巻するゴティエが遂に日本で本格ブレイクを果たす!


【バイオグラフィー】
ベルギー生まれ、オーストラリアを拠点に活動するシンガー・ソングライター/マルチアーティスト。06年にアルバムデビュー。オーストラリア・ミュージック・プライズで注目の新人賞、07年のオーストラリア版グラミー賞ARIAで最優秀男性アーティストを受賞。'11年、ARIAでシングル曲が最優秀男性アーティスト、最優秀ポップ・リリース、シングル・オブ・ザ・イヤー他全6部門受賞。本作は全豪1位を獲得している。
ゴティエの6年振りとなる3rdアルバム『メイキング・ミラーズ』は全英4位(2/25付)、全米総合9位/ロック2位(3/31付)、オーストラリア(全豪)総合チャート(8/29付)初登場1位(トリプル・プラチナディスク)、ベルギー3位、ドイツ5位を獲得!先行シングル「サムバディ・ザット・アイ・ユーズド・トゥ・ノウ (feat. キンブラ)」は全英1位(4週連続/通算5週)(3/24付)、全米総合5位 / ロック1位 (3/31付)とチャートを席巻。全世界10ヶ国で1位を獲得しARIAアワード2011では全6部門を受賞した。2012年3月の時点で、UKで50万枚以上(55万8000枚)のセールスを超えた唯一のアーティストに認定された。ポップ、ロック、ダブ、ジャズ、ダンスなど様々な音楽的要素を注ぎ込んだオリジナリティー溢れる本作で、海外チャートを席巻するゴティエが遂に本格ブレイクを果たす!過去にフジロック08で神懸かり的なステージを披露し、日本のオーディエンスを感嘆させた。日本でもJ-WAVE TOKIO HOT 100で87位(1/15付)、ビルボードジャパンHOT 100で総合チャート初登場82位(3/19付)にチャートイン。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
色々なテイストが入ったアルバムでしたがどの曲も心地良く飽きずに楽しめました。
Gotyeの声はよく言われているスティングの他にピーター・ガブリエルやフィル・コリンズも彷彿とさせる。
(英・米では綿密な音づくりのスタイルから「オーストラリアのベック」、じわじわと大ヒットしたことから「オーストラリアのアデル」とも言われているとか)

アルバム制作ドキュメンタリーの様子を見ると、納屋で1人黙々と色々な試みをやっている姿はまさに音楽オタク。
本当に音楽が好きなんだな〜という思いが伝わってきます。
(ドキュメンタリービデオ→[・・・])
また彼のミュージックビデオもどれも独創的で一度見たら頭から離れない程芸術的でインパクトが強い。
プロデュースやジャケットデザインまですべて手掛けるまさにマルチアーティスト!!

「Somebody That I Used To Know」が世界的にあまりにも大ヒットしているので、このサウンドイメージに捕われがちですが、
ぜひ他の収録曲のミュージックビデオ(「Eyes Wide Open」「State Of The Art」等)もチェックして見てください。
「Somebody〜」の様なサウンドを求められている方はアルバムよりもシングルを買われ
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
本作収録の「SONEBODY THAT I USED TO KNOW」が全世界(但し日本除く)で一大旋風を巻き起こしているGOTYEの3作目。
YOU TUBEでPVを見て(めっちゃ面白いです!)すっかり虜になり購入しました。
ベルギー出身のオーストラリアン、シンガーソングライター、マルチ・インストゥルメンタル・プレイヤー、ということで、何だかいかにも一癖二癖ありそうな匂いがプンプンのキャラを持った人なんですが、アルバムを一通り聴き通すと、う〜ん、そんな雰囲気もありそうな、でもそう取っつき難くもないような・・・といった、一種独特の個性を放つ作品になっていると感じました。
僕個人の感覚だと、往時のピーター・ガブリエルやスティングが得意としていたエスニックな音作りを上手くサウンドに取り込んでいる人だなと思いました。歌メロや歌い方等の空気感も、その二人に似通った面があると思います。
あるいは、アーチストとしての立ち位置としては、トッド・ラングレンなんかに近いのかなという気もします。
ソウル/R&Bテイストも強く意識されてます。
つまりは、とにかく多種多様、雑多な音楽要素を自らのサウンドに節操なく取り込みつつ、それを極めて洗練されたポップソングスとして紡ぎだしている、といった感じです。
ラウンジ/アンビエントっぽいものも
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
久しぶりにいいアルバムを買いました。
斬新で色んなことに挑戦していて、それでいてどことなく懐かしい、そんなアルバムです。

話題のsomebody that I usetd to knowしか聴きごたえがない、他の曲は耳触りがよすぎるという意見もありますが、そんなことはないと思います。
音楽なので好みの問題なのでしょうが、おそらくバリバリのロックやPOPを普段からよく聞く人にとってはそう聞こえるのかも知れません。
ゴティエ自身「somebody〜は自分の作った曲にしてはかなりPOPな曲」と発言しています。
つまりそれ以外の収録曲はそれほどPOPではないということです。
そう考えれば「somebody〜」のような曲を期待してこのCDを買ってがっかりするのは当然かもしれないです。
私は古い曲やオルタナティヴが大好きなのでこのCDはどつぼにはまりました。
個人的には「somebody〜」より「State Of The Art」のような、より実験性の高い曲の方が好きです。

買ってからガッカリしたくないという人はyoutubeにゴティエ独特のちょっと気持ち悪い(←褒めてますよ ^^;)公式PVが沢山あるので、それで視聴してから買うことをお勧めします。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 キュート VINE メンバー 投稿日 2012/7/4
形式: CD
 この人はいわゆるスーパーヴォーカリストでもなく、飛び跳ねるくらい刺激的な音でもないです。以前はやったワールドミュージックを上手に処理している感じです。シンプルな音が心地良く、ついつい聞いてしまう今日この頃です。末永く活躍できる人かどうか、今後の活動が気になる人です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー