この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Maison Ikkoku vol.1 (Maison Ikkoku Series) (英語) ペーパーバック – 2003/10/15

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 5,674 ¥ 2,998

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

著者について

The spotlight on Rumiko Takahashi's career began in 1978 when she won an honorable mention in Shogakukan's annual New Comic Artist Contest for Those Selfish Aliens. Later that same year, her boy-meets-alien comedy series, Urusei Yatsura, was serialized in Weekly Shonen Sunday. This phenomenally successful manga series was adapted into anime format and spawned a TV series and half a dozen theatrical-release movies, all incredibly popular in their own right. Takahashi followed up the success of her debut series with one blockbuster hit after another--Maison Ikkoku ran from 1980 to 1987, Ranma 1/2 from 1987 to 1996, and Inuyasha from 1996 to 2008. Other notable works include Mermaid Saga, Rumic Theater, and One-Pound Gospel.


登録情報

  • ペーパーバック: 224ページ
  • 出版社: VIZ Media LLC; Original版 (2003/10/15)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 1591160545
  • ISBN-13: 978-1591160540
  • 発売日: 2003/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 12.7 x 1.8 x 19 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 59,533位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
めぞん一刻は高橋留美子さんのラブコメマンガの中で、いや日本のラブコメマンガの中で一番の傑作ではないでしょうか。だまされたと思って読んでください。あなたのもう一つの青春が待っています。何度読み返しても笑ってしまうギャグのハマり方、誰もが恋せずにいられない響子さんのかわいらしさ、五代くんの人のよさ、想像を絶するサブキャラたちのずうずうしさwwwああ、面白い。 読む人を幸福にせずにはおかないすばらしいマンガ、ここにあり。
 1巻はまだ絵柄が濃いですが、だからこそインパクトがあり、響子さんの登場巻としてはむしろふさわしい絵柄と思えるほど。この巻以降ますます絵が可愛くなりますよ。こうご期待。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
おそらく高橋先生の大人向け作品のうち、最高であるのが「めぞん一刻」。
浪人の下宿人、五代裕作が、新しく来た美人の年上の管理人さんに一目ぼれ。
でも、管理人さんは、亡くなったご主人のことで頭がいっぱいだった。
さあ、どうなるか。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
~もちろん連載時から読んでいまいた。学生時代の思い出と一緒に、めぞん一刻の記憶が残っています。登場人物の性格付け、特に主人公の二人が徐々に変わって行くので、途中から読むと、あれっと思うかもしれません。数巻後からは、単に連載を長くするためだけのエピソードが増えるのですが、そこは、仕方ない。おかげで大学卒業後も、楽しませてもらいましたか~~ら。そういう難点もありますが、傑作です。四半世紀をすぎても、楽しめます。不滅です。そう言えば、ちょっと遅れて始まった「美味しんぼ」の連載は、まだ続いているんでしたっけ?~
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック