この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Mahler: Symphony No. 9 Import

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 9,664より 中古品の出品:5¥ 550より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック


登録情報

  • CD (2004/8/18)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: EMI Classics
  • ASIN: B00076ONU0
  • EAN: 0724356296527
  • 他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 757,394位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. I. Andante Comodo
  2. II. Im Tempo Eines Gemachlichen Landlers
  3. III. Rondo-Burleske
  4. IV. Adagio

商品の説明

Amazonレビュー

Death-obsessed and superstitious, Mahler tried to outwit Fate by composing an unnumbered "song symphony" after the Eighth, but when he wrote the Ninth in 1907, he had been crushed by several devastating blows and knew he was fatally ill. It remained his last completed symphony, and was not premiered during his lifetime. The symphony is a heart-breaking mixture of holding on and letting go, of joy and beauty remembered and distorted by the anguish of loss, of doomed hope, protest, defiance, and resignation. Its extreme changes of mood and emotion are indicated by Mahler's instructions, such as: "with inmost feeling," "very tender and expressive," "like a heavy funeral march," "with fury," "with utmost force," "without expression." The third movement, called "Burleske," is marked "very stubborn"; the second, a three-part dance called "A comfortable Ländler," is subtitled "somewhat clumsy and very uncouth." Changes of tempo and dynamics are often sudden and violent; climaxes build up, collapse, rise again, scale the heights. The orchestral colors are exploited to their maximum. The last movement is a leave-taking reminiscent of the "Farewell" from the "Song of the Earth," and, like it, dies away into nothingness.

Recorded live in Vienna in January 1938, the playing is deeply committed if not entirely perfect, and if all the lines of Mahler's complex, multi-thematic counterpoint are not always clear, one must remember that if he had heard or conducted the work, he might, as always, have made emendations. The performance is historically significant: two months later, Hitler invaded Austria and Walter, Mahler's foremost champion, as well as concertmaster Arnold Rosé, who plays the violin solos, and many other orchestra members, had to flee for their lives. --Edith Eisler

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/3/15
形式: CD
縦糸横糸を駆使した芳醇な響きは、モノラルでは相当に減殺される。しかも時代背景もあり落ち着かないのか、今の録音ならたっぷり歌わせる部分を、せかせかと急がせているかのように聴こえる。そもそも最初のホルンと弦の音からして露骨に狂っている。このがたがたの録音をもってマーラー解釈の原点とすべしなどと批評家然とした戯言は口が裂けても言えない。しかし、気がつくといつの間にかここに戻ってくる。狂気へ走らんとするあの時代のきしみが、盤に刻まれた生き証人として私たちの前にあるのだろうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック