Mahler: Lieder がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,001
通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Mahler: Lieder CD, Import

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,806 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 1,034より 中古品の出品:8¥ 800より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • 指揮: Pierre Boulez
  • 作曲: Gustav Mahler
  • CD (2005/1/11)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Deutsche Grammophon
  • ASIN: B0006M4RPG
  • JAN: 0028947753292
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 501,276位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト - アーティスト (サンプル)
1
30
4:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
2
30
3:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
3
30
3:09
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
4
30
5:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
5
30
1:18
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
6
30
2:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
7
30
2:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
8
30
7:02
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
9
30
5:54
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
10
30
5:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
11
30
4:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
12
30
4:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
13
30
3:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
14
30
6:08
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 

商品の説明

Amazonレビュー

These songs reveal Mahler, that frankly autobiographical composer, at his emotionally most personal. For the Songs of a Wayfarer, the earliest cycle (later extensively revised), the poetry--a sorrowful tale of unrequited young love--is Mahler's own. The music is simple, lyrical, and deeply moving, going from inward grief through suicidal anguish to calm resignation. (Two of the themes reappear in the First Symphony.) In Kindertotenlieder, the poet Friedrich Rückert laments the loss of his children, a tragedy he knew from personal experience. Mahler, however, began composing the music before he became a father; two years after he'd completed it, his older daughter died. The cycle contains some of the most harrowing, wrenching songs in the literature. By contrast, the five other Rückert songs radiate a serene happiness that is like a breath of fresh air. The performances on this disc are breathtaking. Quasthoff's voice seems to become more and more beautiful; pure, velvety and warm, it has an endless range of dynamics, nuances and inflections. He draws the listener in from the first moment. Urmana gives the Rückert songs just the right sunny lightness, soaring up in long, sustained, caressing phrases; she keeps the last song, "Um Mitternacht," from becoming bombastic. Although the Kindertotenlieder are really a bereaved father's lament, von Otter makes them totally convincing. Her voice is dark, intense, and luminous. As for the orchestra, Boulez inspires masterful precision and impeccable balance, letting every line stand out. He turns Mahler's incomparable instrumentation into a tapestry of blazing, glittering colors, unleashing both inward and outward tempests. This record will leave you overwhelmed and heartbroken. --Edith Eisler

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/10/4
形式: CD
2003年6月 ウィーン、ムジークフェラインザールにて録音。この演奏もブーレーズのマーラー・チクルスの一部と見ることが出来るだろう。内容は以下の通り、

1. 歌曲集「さすらう若人の歌」(グスタフ・マーラーの詩による歌曲集)
2. 歌曲集「リュッケルトの詩による5つの歌曲」
3. 歌曲集「亡き子をしのぶ歌」(フリードリヒ・リュッケルトの詩による歌曲集)
何と言ってもマーラーのこの作品の特徴はオーケストラを従えて歌っているということだろう。しかもウィーン・フィルという豪華版の伴奏者だ。聴きようよっては歌曲入りのシンフォニーにも聴こえるところがこの歌曲集の肝なのだろう。

精緻で分析力に満ちたブーレーズの見事なマーラー解釈はここでも素晴らしく、これは聴きようによっては『大地の歌』の小型版のようだな、と感心した。第8番『千人の交響曲』はまるで舞台装置にお金をかけたオラトリオだし、マーラーの作り出す曲は今までのカテゴリの概念を変えてしまう力がある。

この作品まで網羅したと言うことはブーレーズは未完の第10番もやる気だな、と思える。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
リュッケルトの詩による5つの歌曲、ブーレーズ先生の大地の歌でも2, 4, 6楽章を担当しているヴィオレッタ・ウルマーナさんです。不思議なことに、マーラーの感情の世界の微妙さなんでしょうか、たとえばここでは4番めに演奏される「私はこの世にとって無いようなもの」という、誰でも心を引かれてしまう美しい曲がありますが、「私は死んだと思っていることだろう」「私は死んでしまいたかったのだから」「静かなところで安らいでいる」としみじみ歌われます。ウルマーナさんは妖精のように澄んだ歌声で、ブーレーズ先生も、明晰な演奏です。歌唱・演奏は素晴らしいですが、わずかなミスマッチを感じました。

不思議なのですが、同じウィーンフィル、ウルマーナさん、ブーレーズ先生でも(1999年)、「大地の歌」の「告別」ではいくぶん控えめな情感表出がかえって切ない別離をこみ上げてくるような効果を放っており(特にウィーンフィルの音色)、ウルマーナさんも透明な美しさよりも、可憐に耐え忍ぶような味わいが出ていますから、マーラーの音楽というのは実に多面性を持つものだと思わされました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告