中古品
¥ 173
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Magnitude ZERO マグニチュード・ゼロ 大型本 – 2012/3/7

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2012/3/7
"もう一度試してください。"
¥ 9,247 ¥ 173
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

発行:MindCreators LLC

内容(「BOOK」データベースより)

大声で言われる「がんばろう日本!」の中、静かに語りかけてくるイラストがある。世界中から東北に寄せられた、数々のビジュアルメッセージ。


登録情報

  • 大型本: 128ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2012/3/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4021009094
  • ISBN-13: 978-4021009099
  • 発売日: 2012/3/7
  • 商品パッケージの寸法: 22 x 19.5 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 790,563位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 とら 投稿日 2012/3/17
Amazonで購入
震災のチャリティーとして、日本や海外の作家が描きおろしたイラストを集めたアートブックです。
タイトル『マグニチュード・ゼロ』は、「復興の震源地を作りだす」という意味を込めたそうです。

作家によって作風も違うので、一枚一枚を新鮮な気持ちで眺めることができます。
一方で、収録されているのは日本や震災をテーマにした作品ばかりなため、日の丸や桜、和服をモチーフにしたイラストが多く、食傷気味な気分になる可能性もあります。

気持ちのこもった素晴らしいイラストがたくさんあるという点では、評価できる一冊です。
好きな作家を探してみるという楽しみ方もアリだと思います。

帯に「どんな饒舌で虚しい言葉より心に響く一枚の絵。」と書かれていました。
本を開くといきなり文化庁長官(顔写真付き)の「虚しい言葉」が書かれていたのには驚きました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
たまたま入った近所の和食屋に置いてあり、手に取ってみたところ気に行ったのと、
売上げの一部が義援金にもなるとのことだったで、早速amazonで購入。
東北をテーマにした写真集は本屋で多数見掛けており、やや食傷気味なところもあったが、
イラスト集は聞いたことがなく、新鮮味も手伝って中身を見たが、期待を裏切らない出来だった。

前半はフランスで昨年9月に刊行された東北復興支援のためのイラスト集『Mginutude9』から
抜粋された作品、後半は新たに加わった日本人アーティストを中心とした作品なのだが、
前半は外国人から見た日本が描かれている一方(日の丸や桜、武士をモチーフにしたものが多い)、
後半は当事者としての内面を描いたものが多い。
この比較だけでも文化論的な価値があるかに思える。

中でも秀逸なのは、後半冒頭の、映画『座頭市』の題字などでお馴染みの平田弘史の
「マグニチュード・ゼロ」という題字と『薩摩義士伝』(記憶によれば)からの1カットを
描いた見開きのページ。
大雨のたびに氾濫を繰り返す木曾、長良、揖斐の3つの川の大治水事業を幕府から
任された外様の薩摩藩士の群像劇『薩摩義士伝』は、武家社会の理不尽に耐える
日本人を描
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
This is not simply the Japanese edition of the French "Magnitude 9"--that book has 250 pictures to this book's 115. Among those, 57 appear in both books. "Magnitude Zero" does not include 193 pictures from "Magnitude 9," but it does have 58 pictures (mostly by Japanese artists) that were not in "Magnitude 9." Anyone interested in this subject would be advised to invest in both books--they are well worth the price!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す