中古品
¥ 306
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM)) (英語) ペーパーバック – 1992/7/28

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

その他(16)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 1,541 ¥ 3,013
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 427 ¥ 340
ペーパーバック, 1992/7/28
¥ 927 ¥ 295
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【25%-50%OFF】洋書のお買い得本
対象の書籍が大幅に割引中。オールジャンルでお買い得な本が勢揃い。 >詳しく見る

商品の説明

商品説明

   本文中のイラストは白黒。事実とユーモアと空想の世界を面白おかしくミックスした物語。魔法のツリーハウスを見つけた兄妹ジャックとアニーは、気がつくと6500年前の世界にタイプスリップ! そこは、恐竜と火山と冒険の世界だった。本を開くことで、子どもたちは好きなところへ行き、どんなに離れた場所でも見られる魔法を手に入れる。そんな「読書の力」を、経験豊富なストーリーテラー、メアリー・ポープ・オズボーンが、ツリーハウスの中に置かれた本という形で物語に取り入れた傑作。

メディア掲載レビューほか

アメリカの子どもたちに大人気の「マジックツリーハウス」冒険シリーズ。本が大好きな8歳のジャックと、空想することが大好きな7歳のアニーが主人公で森の木の上にある小さな小屋から冒険がはじまる。
1巻目では、およそ6500万年前の恐竜時代にタイムトリップ。小屋のなかに積まれた本を開いてある時代の世界に入り込む設定は、主人公といっしょに本へぐいぐい入ってゆく感覚を体験できる。面白い筋立で、同時に歴史も学べる。
著者のオズボーンはPresident of the Author's Guild=米国作家協会会長に1993年に任命された。2004年3月に31巻目、『Summer of the Sea Serpent』(0375827358)が出版されたばかりで、まだまだ勢いが感じられる。(か)
Copyright© ペイパーウェイト・ブックス All rights reserved. -- 『英語ペラペラキッズ(だけにじゃもったいない)ブックス』 より

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 80ページ
  • 出版社: Random House Books for Young Readers (1992/7/28)
  • 言語: 英語
  • 対象: 9 - 12歳
  • ISBN-10: 0679824111
  • ISBN-13: 978-0679824114
  • 発売日: 1992/7/28
  • 商品パッケージの寸法: 13.2 x 0.5 x 19.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 5,618位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
  マジックツリーハウスシリーズの第1巻。
ジャックは8歳半、アニーは7歳の兄妹。2人は家から近い森で、高い木の上にある家を見つけました。家の中には本が沢山あって、その本の絵を指しそこに行きたいと願うと、本当にその絵の世界に行ってしまいました。魔法の本だったのです!!二人は恐竜の世界で大冒険をしましたが、そこにはMの刻印のあるメダルが落ちていました。恐竜時代のもののはずはありませんから、ジャックはこっそり持ち帰ってきました..
  マジックツリーハウスシリーズは27冊もありまだ続々発刊される様子で、2人の冒険物語を楽しみながら、小学校中学年レベルの歴史や地理が学べるようになっています。子供用の本とはいえ、アメリカネイティブ向けですから、私達が学校では学べなかった単語は沢山出てきます。とはいえ文章は短く子供の会話ですから、中学程度の英語が出来れば、内容はほとんど想像がつき、辞書を使わず英語の本を読む醍醐味が味わえます!会話体が多用されていますから、生きた英語を再学習したい人にもお奨めですね。 
[...]で、さらに詳しい情報が得られるようになっており、英語のインターネットサイトを覗く練習も出来ます。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 fettle 投稿日 2002/12/1
形式: ペーパーバック
アニーとジャックの兄弟がコミカルで、最初から最後まで楽しく読めます。
英語は非常に簡単(HOLESやハリーポッターよりずっと易しい)なので、誰にでもお勧めです。英語の勉強もかねてPBを読む人にとっては、「そんな簡単な本いらん」と思うかもしれませんが(私もそう最初思った)、肩肘はらずにどんどん読めるのはとても快適で満足できました。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
Magic Tree Houseシリーズ
語数 4,750      YL 2.8

アメリカの小学生に向けて書かれた児童書で、魔法の木の家から冒険に
出る人気シリーズの第1作目の本です。

Jackは8歳半の男の子。妹のAnnieは7歳半でまだ幼い面も残っていて、
好奇心旺盛な女の子。この日も、一緒に歩きながら妹の遊びにつき合っ
ている最中に、突然どこかに走っていってしまいました。妹を探しに森の
中に入ると、Annieは大きな樫の木の前に立っていました。その樫の木
にはロープが上からかかっていて、その上には木の家があったのです。

ロープを上り、家の中に入ると、たくさんの本がありました。Annieから
恐竜の本を渡されたJackは、プテラノドンの絵を指しながら、実際に見て
みたいと願ったのです。そうしたら…。外の景色は一変。火山が見え、
魔法の木の家の下にはプテラノドンがいたのです…!

そして、2人は恐竜がいる時代を冒険することになったのです。恐竜を
恐れず大胆不敵な行動をとるAnnieと慎重なJackでしたが、最後は、
あの肉食恐竜ティラノサウルスも登場します…。
果たして2人は
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
「絶対に英語で読んだほうがいい」これがぼくの感想である。(別に日本語の訳が悪いわけではない)しかし、ぼくは原書のイラストが内容にマッチしていて好きだ。絵といい、文章といい、とても分かりやすかった。電子辞書を使わなくて読み終わってしまったので、英語初心者の小・中学生にお薦めする。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
面白かったので、子どもに、邦訳版を買ってあげました。原書と邦訳ですが、同じ本を読んで、「ティラノザウルスが・・・、トリケラトプスが・・・」と話す子どもの話を聞けて、よけいに楽しいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
多読だけでは孤独な作業になってしまうので、グループで一緒に精読する本として、このシリーズを選びました。
自分一人でざっと読み飛ばしていた時には気が付かなかった、作者の複線とか、日本語に訳し辛くて、改めて、日本語と英語のモノのとらえ方の違いが浮き彫りにされて、どうして、どうして、子供向けと侮りがたし。むしろ子供にも分かるように書いてある本だからこそ、英語の特質のようなものが見えてくると感じました。日本の英語の大家方は、こういった子供向けは読んだことがなくて、難しい大人向けの本ばかり読んでいるから、英語のシンプルさが見えてこないんじゃないかな〜なんて。
作者の複線と感じるのは、(翻訳本ではあっさりカットされてましたが)大昔の空飛ぶ爬虫類(恐竜ではないのですよね、この辺はさすが!)プテラノドンにジャックが初めて触る場面です。"The creature stared at Jack. His eyes were bright and alert."これはジャックとアニーを守るため、まさに勤務中のガードの、きびきびとした知性をを持った目つきを言っているのではないでしょうか。
多読が大事、時に精読も価値ありでした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック