¥ 10,331
通常配送無料 詳細
通常1~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Madness at Home: The Psychiatrist, the Patient, And the Family in England, 1820-1860 (Medicine and Society) (英語) ハードカバー – 2006/3


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
¥ 10,331
¥ 10,073 ¥ 6,569
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 本カテゴリの商品を2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【判型について】 洋書の主な判型については こちらをご確認ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

The history of psychiatric institutions and the psychiatric profession is by now familiar: asylums multiplied in nineteenth-century England and psychiatry established itself as a medical specialty around the same time. We are, however, largely ignorant about madness at home in this key period: what were the family's attitudes toward its insane member, what were patient's lives like when they remained at home? Until now, most accounts have suggested that the family and community gradually abdicated responsibility for taking care of mentally ill members to the doctors who ran the asylums. However, this provocatively argued study, painting a fascinating picture of how families viewed and managed madness, suggests that the family actually played a critical role in caring for the insane and in the development of psychiatry itself. Akihito Suzuki's richly detailed social history includes several fascinating case histories, looks closely at little studied source material including press reports of formal legal declarations of insanity, or Commissions of Lunacy, and also provides an illuminating historical perspective on our own day and age, when the mentally ill are mainly treated in home and community.

レビュー

"A brilliant and profoundly original book, one of the most important contributions to the history of psychiatry in the past decade." - Andrew Scull, co-author of Customers and Patrons of the Mad-Trade: The Management of Lunacy in Eighteenth-Century London "Suzuki's sophisticated and revealing account is a persuasive reminder that the family's recent involvement in mental health care policy-making is nothing new. As he shows, in more ways than one, madness does indeed begin at home." - Ian Dowbiggin, author of A Concise History of Euthanasia: Life, Death, God and Medicine"

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 259ページ
  • 出版社: University of California Press (2006/03)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0520245806
  • ISBN-13: 978-0520245808
  • 発売日: 2006/03
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 2.2 x 22.9 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 176,832位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。シャーペン 高級