中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 並。目立つ傷み、汚れ、書き込み等ありません。再クリーニング後、防水梱包にて発送いたします。15時までのご注文は即日発送いたします。ISBNの無い書籍はAmazonコンディションガイドに沿って古書として評価しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2010年 04月号 [雑誌] 雑誌 – 2010/3/20

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2010/3/20
"もう一度試してください。"
¥ 720 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容説明

【特集】 坂本真綾

2009年7月号の菅野よう子特集は大変ご好評をいただきましたが、作・編曲家としての彼女の魅力を最もわかりやすく伝えてくれるのが、歌手・坂本真綾です。
坂本真綾は8歳のころからCM歌手、そして声優として活躍し、1996年の「約束はいらない」でCDデビュー。透明感あふれる歌声には、“声優歌手”にありがちな演技の過剰さがまったくなく、菅野よう子が手がけるカラフルな楽曲とあいまって、アニメ・ファンでなくても楽しめる、恐ろしく質の高い音楽を作り続けてきました。菅野よう子がプロデュースを離れたあとも、鈴木祥子ら気鋭のクリエイターと共作して、より自立した女性シンガーへと成長を続けています。
ベスト・アルバムが発売され、日本武道館公演が行われるこの機に、彼女の音楽の魅力を徹底検証します。

■ 最新インタヴュー~15周年を迎えた歌手活動を振り返って(吉田豪)
■ ベスト盤『everywhere』から見える歌手としての軌跡(高橋修)
■ アルバム/シングル/DVDコンプリート・ガイド(荻原孝文、鈴木隆詩、冨田明宏、馬場敏裕、水上渉、宗像明将、村尾泰郎、高橋修)
■ アニメ、ゲーム・サントラ、参加ユニットなどで聴ける曲(宗像明将)

□ 鈴木祥子~最新DVDとシングル、それから坂本真綾を語る(村尾泰郎)
□ ジム・オルーク(高橋健太郎)
□ ジョアンナ・ニューサム(村尾泰郎)
□ アントニー(岡村詩野)
□ [リレー・エッセイ] 音楽シーンへの視線(4)(渡辺健吾)
□ 忌野清志郎(原田和典)
□ 東京スカパラダイスオーケストラ(大石始)
□ 小坂忠(サエキけんぞう)
□ スモーキー・ロビンソン(河地依子)
□ ザ・スウェル・シーズン(和田靜香)
□ ポワリエ(石田昌隆)
□ まつきあゆむ(小山守)


Tune In!
◇ ヨンシー
◇ シー&ヒム
◇ ジョン・バトラー・トリオ
◇ ザ・バンブース
◇ サカナクション
◇ Ken Yokoyama
◇ KAN

ほか


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: ミュージックマガジン; 月刊版 (2010/3/20)
  • ASIN: B0039QYT5E
  • 発売日: 2010/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
インタビュアーやライターが坂本真綾自身のファンであるということで、
多少手前味噌感がないとも言えないが、それはそれで、だからこそ
ここまで突っ込んだ内容のものを読むことが出来るのだとも言える。

本人インタビューは勿論、多少ファン寄りでありながら、音楽評論家による
筆にて、これまで15年間の間にリリースしてきた全作品を、きっちり網羅。
昨年の菅野よう子特集と共に、今まで知らなかった本人の内面や、改めて
気付かされた面などもあり、ファン必須の内容を堪能させて貰った。

確かに声優でもある坂本真綾はアニメ系アーティストであるという事実は
否めないが、それでも本特集で語られているように、デビュー当時からの
菅野プロデュースを地盤として、非常に聴き応えのある魅力的な濃い内容の
数々の作品群を世に送り出してきたことは確か。その点は高く評価されてもよいと
思うが、それを踏まえた上で、楽曲やその歌声が持つ繊細でメロウな、どこまでも
洗練された世界とは別に、さっぱりした飾らない本人の性格や物怖じのなさが
核となり、今日に至るまで(菅野から離れたあとも)確固とした自身の作品世界を
形作ってきたのだと実感。さらに坂本真綾を客観的に見る一つの切っ掛けともなった。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とりあえず、『ミュージック・マガジン』が坂本真綾を取り上げるとしたらこんな感じでしょう、と。

詳細なディスコグラフィーが嬉しい。なんやかや言って、『Rockin'On Japan』や『Snoozer』で彼女の特集が組まれることはない訳だからw(と言いつつ、『エヴァ・破』以降やたらと『H』と『Cut』で本人さんのインタヴューが組まれてるのも当然気にはなってるのだが)。

自分的に気になったことを。まず、オリジナル・アルバム/シングル以外のマテリアルも詳細に取り上げてくれてるのが嬉しい。自分は結局、これの後で"『夜明けの風ききながら』by桂木萌(坂本真綾)"をちゃっかり購入してしまったものだからして(本人さんは「キャラソンは歌わない」と言ってたらしいが…これが唯一の例外か?この盤がビクターではなくPony Canyonからリリースされてることを踏まえると、このやり方なら『Q+完結編』絡みでも何か…とか←妄想)。

あと、『さいごの果実/ミツバチと科学者』って両A面だったの?、と。これはオフィシャルサイトでも『0331』でもそう記載されていたけど、実際の商品はあくまでも『さいごの果実』のタイトルが表に出てるものだからして(『風待ちジェット/スピカ』はそうではない)。個人的に"ミツバチと科学者"が大好きなもんだからして。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
坂本真綾のファンなので、雑誌で特集していると聞いて早速アマゾンで購入しました。そうしたら、特集と銘打っているわりにはインタビューは4ページしかないし、内容もいまいちでした。ライブパンフレットの「日刊坂本真綾0331」の方が余程ページ的にも内容的にも充実していて優れていますし、読みごたえがありました。この雑誌で評価できることがあるとすれば、坂本真綾本人のCD、DVDだけでなく、関連の一曲だけとかしか収録されていない一般にあまり知られていないCDなども掲載していたところです。オフィシャルサイトにものっていないCDなんかも載っていて、その辺りは坂本真綾の歌をコンプリートしたいファンにとっては貴重な情報だと思うのでそこらへんを納得した上で購入するかどうか検討した方が良いと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック