中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 本のやまやま
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 多少スレイタミあり 状態良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

MUSIC (新潮文庫) 文庫 – 2012/10/29

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2012/10/29
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「痛快な小説を書きたかったのだ。どこまでもどこまでも痛快な」──。無敵の野良猫スタバ、猫笛を操る少年佑多、俊足の少女美余、恋人を失った北川和身、アートの世界的権威JI。4人の人間は1匹の猫によって東京から京都へと引き寄せられ、ついに「鳥ねこの乱(せんそう)」が始まった……。疾走は止まらない。猫と青春と音楽が奏でる二都物語は、時空間をも超越し、小説の奇跡がここに結実する。

内容(「BOOK」データベースより)

「痛快な小説を書きたかったのだ。どこまでもどこまでも痛快な」―。無敵の野良猫スタバ、猫笛を操る少年佑多、俊足の少女美余、恋人を失った北川和身、アートの世界的権威JI。4人の人間は1匹の猫によって東京から京都へと引き寄せられ、ついに「鳥ねこの乱」が始まった…。疾走は止まらない。猫と青春と音楽が奏でる二都物語は、時空間をも超越し、小説の奇跡がここに結実する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 436ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/10/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101305331
  • ISBN-13: 978-4101305332
  • 発売日: 2012/10/29
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 803,798位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

これは『LOVE』の続編。喪失を経験した者たちが集う群像劇。
猫を数える異能の少年、陸上競技に燃える俊足の少女、天才肌の芸術家、性同一性障害を抱える者、そして無敵の野良猫スタバ。不思議な運命に導かれる彼らが、一つの奇跡に向けて命の鼓動を刻んで征く。

物語はスタバが産まれる場面から始まる。親や兄弟と平穏に暮らすスタバ。しかし、ある日を境に家族を全て失う。そんな彼を偶然救った少年ユウタ。ユウタもまた戦いに敗れ、空虚な日々を過ごしていた。ユウタとスタバの出会いが、二人の命の鼓動を再び熱いものへと変えていく。更にはシュガーの名を捨てた少女ミヨも二人に加わる。

突然の乱入者JI。彼こそは天才肌の芸術家。新作品のインスピレーションを得るため、スタバを拉致する。時を同じくして天才的な猫を追い求める性同一性障害のかずみ。京都へ向かったかずみは闇組織の女性カナシーに導かれる。

決戦の地は京都。『LOVE』の舞台となった東京とは対照的な都市。ユウタとミヨはスタバを奪還するため、JIは究極の作品を作るため、それぞれの命の鼓動が激突する。

『LOVE』を筆頭とする著者の作品群は、ストーリーの着地点がオープンというべきか、はっきりした結末を意図的に示さず終わる場合が多いように思える。しかし本作では、登場人物たち
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
東野圭吾、伊坂幸太郎、有川浩、百田尚樹などなど、面白い小説を書く作家は数え上げればきりないけど、古川日出男はこのグループには入らないと思う。それは面白い小説を書かないということではもちろんなくて、なんか、違うものというか、読んでいるときの感覚が違う。これはタイトル通り、MUSICに近いのかもしれない。だから、20ページくらい読んで明日読もうかなーなんて考えは捨てました。曲なので、Aメロだけ聴いてやめたらもったいない、というか、そういうものじゃない。3〜4時間かけてバーッと堪能するのが気持ちいい。とてつもない音楽鑑賞ですよ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告