通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-(1) (ヤ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-(1) (ヤングガンガンコミックス) コミック – 2014/4/25

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-(1) (ヤングガンガンコミックス)
  • +
  • MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-(2) (ヤングガンガンコミックス)
  • +
  • ムルシエラゴ(3) (ヤングガンガンコミックス)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 31pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

紅守黒湖、大量殺人犯。特技、殺し。好きなもの、女。


悪を斃すのに正義は要らないーー。

世にはびこる凶悪犯罪者に対応するため、超法規的措置によって選ばれた“公的"元大量殺人者、紅守黒湖。その監視者であり、無類の乗り物好きである相棒、屠桜ひな子。善悪の彼岸で繰り広げられるアンチジャスティス・バイオレンス・アクション、堂々開幕!


登録情報

  • コミック: 184ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2014/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757542909
  • ISBN-13: 978-4757542907
  • 発売日: 2014/4/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
「ムルシエラゴ」とはスペイン語でコウモリを指す言葉だそうです。
そんなタイトルを冠した本作第1巻の表紙を飾るのは、主人公「紅守黒湖(こうもりくろこ)」です。彼女は今どきの漫画作品の女性主人公としてはとても珍しい、美少女とはいえない見た目である上に、シリアルキラーのようなキャラ付けがなされておりとにかく強いです。その上レズビアンでスケベという属性まで兼ね備えているのですから、インパクトはとても強いです。
そんなにも個性が強烈な主人公は昔から数多くの殺人をこなしてきたようで、その代償として死刑にかけられようとしていたところを国家権力に利用されるという設定で物語は始まります。「猛毒を以って毒を制す」という方式で、警察の手に負えない超凶悪な犯罪者狩りが彼女の手によって始まります。
第1巻では、薬物に手を出して狂ってしまったプロレスラーとのバトルや人を切り刻むのが好きな殺人犯とのバトルを見ることができます。
これらのバトルは思いっきり派手でグロテスクなので、苦手な方はご注意下さい。また、初めから主人公と他の女性キャラの性描写もありますので、そちらも注意です。
さらに、主人公の相棒キャラ「屠桜(とざくら)ひな子」はとてもにぎやかな性格(おそらく彼女も異常者なのは否定できませんが)で、殺伐とした中に癒やしも感じさせてくれます。
なお、お
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
無敵の主人公(犯罪者)と可愛い系の右腕(こっちもヤバい?)のコンビ。
残虐な描写は多いけれど、それだけに頼らずちゃんと話も面白い。
展開は割と王道で、カッコつけ過ぎてるようなハードボイルド感もそれほどなく、絵のクオリティも高い。
特に1〜2巻の完成度は非常に高いと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
『あわーちゅーぶ』のよしむらかなさんがいつの間にか新作を出してくれてました。
主人公はガチ百合の暗殺者というか、必殺仕事人? どうも国家公務員のようです。表紙絵では目つきの悪い兄ちゃんに見えますが実は巨乳美人です。でも外見も行動もグレた横島忠夫・・・いや、可愛らしい相棒もいますし、美少女との深い“おつきあい”もあります。アクションシーンの描写は見事。更に残虐描写もなかなか丁寧です。何より漫画の内容そのものが素晴らしい。ためらうことなく既刊を全部購入。二度三度読み返してみましたが物語の構成も謎めいていて面白い作品です(^o^)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
自分が百合レズ好きなせいもあるかとは思いますがハマりました。
グロ描写のことが話題になりがちな作品ですが、グロ描写も高い画力から描き出されるアクションの産物と思いますので、気になるようなことはないと思います。
ちなみに百合レズ描写はそんなに多くはないのですが、若くて可愛い女性の恋人がちゃんといますので、いわゆる「ガチ」作品とみていいでしょう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
主人公は凶悪な犯罪者です。人を殺すことに何の仮借も感じず、虫を踏みつぶすどころかホコリを払う程度の関心しかなさいような人物です。本来刑務所から出るのは不可能な主人公が、手に負えない犯罪者を狩る必殺仕事人として暗躍するお話です。
ストーリーは大変オーソドックスです。鉄板中の鉄板で奇をてらった部分は何もありません。たまにコミカルな笑いが入り、そのままのノリで人が殺され、派手にアクションが展開される一方、頭脳戦もスパイスが効いています。とにかく作者がこなれており、安心して読み進められます。絵も大変見やすく、とても読みやすいです。……エログロさえ気にならなければ、の話ですが。

タイトル通り、この作品に真骨頂はエログロバイオレンスに毎回の百合です。作品の基本設計はオーソドックスながらバイオレンスに徹底しているので非常に刺激的です。登場キャラはそれぞれ得意分野が異なっており、敵も毎回バリエーション豊富でアクション(グロ付き)が楽しめます。また主人公は女性なのですが、真性レズなので女性を見ると手を出さずにいられません。そして毎回ゲストとして登場する女性キャラにせっせとモーションをかけています。そしてサービスシーンも大変多いです。タイトルに書いてる要素に拒絶反応がある人にはお勧めできませんが、平気な方には読みやすくてお勧めです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
百合の世界入門で紹介されていたので気になって購入しました。
百合というよりレズビアンな主人公のダークヒーローものです。
作者の先生は調べたところジャンプでやっていたぬらりひょんの孫でアシスタントをされていたようで、随所に影響が見られます。
グロ描写やエロ描写も多く人を選びますが、キャラが好みでアクションもわかりやすくかっこいいので、自分には久々のヒットでした。
特に相棒のひな子ちゃんがかわいくてたまりません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー