通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
MOTO NAVI(モトナビ) 2017年 04 ... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 両表紙に保管時の軽い擦れ、微傷がありますが、開き癖もなく、使用感少ないです。★送料無料★Amazonより丁寧な梱包にて、迅速に発送いたします。また、お急ぎ便も利用可能です。★Amazon専用在庫につき、売り切れはございません。★バーコード部分のAmazon管理シールは、きれいに剥がせるタイプのシールを使用しております。★不備がございましたら、誠意を持って対応いたします。安心してご検討いただければ、幸いでございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

MOTO NAVI(モトナビ) 2017年 04 月号 [雑誌] 雑誌 – 2017/2/24

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 1,200
¥ 1,200 ¥ 823
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • MOTO NAVI(モトナビ) 2017年 04 月号 [雑誌]
  • +
  • BikeJIN(ばいくじん) 2017年 04 月号 Vol.170 [雑誌] 「特集:空から見た絶景ロード」「発表!  読者&達人が選んだ絶景道ランキング50」
総額: ¥2,080
ポイントの合計: 37pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

走れ、バイク麺!


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: ボイス・パブリケーション; 隔月刊版 (2017/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MRZGOMY
  • 発売日: 2017/2/24
  • 商品パッケージの寸法: 29.4 x 20.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 雑誌
巻頭の編集長コラムの見出しは「47の編集部を作ろう」。
そして114ページ目は丸ごと「『Moto Navi Japan』プロジェクト、始動!」の宣言。

モトナビが休刊の危機を乗り越えた時のセンセーションを思い出すような、ゾクッとする、そしてワクワクする一文。
これだよ、これ。モトナビが、河西編集長が、前に進んでいく感じ。
単なる雑誌へのノスタルジーじゃなく、SNSの「今」な感じも取り込む意欲満々な感じ。
「いいこと思いついた!」っていう楽しそうな感じ。
たった2ページの文章だけど、とても期待が膨らみます。

バイク麺の特集は、それはそれで良いです。春になってツーリングに行くきっかけになるので、良いです。
蕎麦とうどんも欲しいなあ・・・と言う気持ちは次の特集に取っておきます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
麺類に例えるなら「パスタ」の印象だったモトナビが、何を考えたかぶっ放してきたラーメン特集。
意図がよくわからないが、昔からこの雑誌にはそういうところがある。

それにしても情報量がすごい。バイク雑誌とは思えないくらい、ひたすらラーメンが並ぶ。
だがその反面、「バイク雑誌でこの企画をやった意味」が感じられない。
バイクに乗らないと食べに行けないラーメン情報、とは言わないが、
バイク雑誌で都心のラーメンを紹介されてもちょっと…。
東京に住んでいてもこう思うのだから、遠方に住む読者は何を思うのか。

中盤以降は、ニューモデル情報などが並ぶいつものスタイル。
読者を巻き込んだ企画をいくつか立ち上げようとしているようだが果たしてどうなるのやら…。

と、ここまで書いているうちに、気づけばラーメンが食べたくなった自分がいた。
少なくともサブリミナル効果は抜群のようだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告