MISSA 1733 がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

MISSA 1733 CD, Import

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,901 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 618より 中古品の出品:1¥ 7,568より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック


登録情報

  • CD (2009/7/24)
  • SPARSコード: ADD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: WARNER CLASSICS
  • ASIN: B00277YJOW
  • EAN: 0825646905713
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 807,692位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. JS Bach : Missa 1733 - Kyrie eleison I
  2. JS Bach : Missa 1733 - Christe eleison
  3. JS Bach : Missa 1733 - Kyrie eleison II
  4. JS Bach : Missa 1733 - Gloria - Gloria in excelsis
  5. JS Bach : Missa 1733 - Gloria - Et in terra pax
  6. JS Bach : Missa 1733 - Gloria - Laudamus te
  7. JS Bach : Missa 1733 - Gloria - Gratiias agimus tibi
  8. JS Bach : Missa 1733 - Gloria - Domine Deus
  9. JS Bach : Missa 1733 - Gloria - Qui tollis
  10. JS Bach : Missa 1733 - Gloria - Qui sedes
  11. JS Bach : Missa 1733 - Gloria - Quoniam tu solus
  12. JS Bach : Missa 1733 - Gloria - Sum sancto spiritu

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
バッハ晩年の最高傑作「ロ短調ミサ曲」(BWV 232)は、1748年にバッハがミサの通常文全文の作曲を構想して作曲したものであるが、その際最初の部分、「キュリエ」と「グローリア」からなる「ミサ」とも呼ばれる部分を、1733年にドレースデンのザクセン選帝候に献呈した作品をそのまま用いた。このCDは、1733年に献呈され、現在もドレースデンにあるこの「ミサ」のパート譜にもとづいて演奏したものである。しかし、指揮をしているニコラウス・ハルノンクールは、テルデックのバッハの教会カンタータ全集に於けるように、声楽部をすべて男声とする、当時の演奏習慣にもとづいた編成ではなく、ソプラノ1、2とアルトに女声を起用している。推察するに、ハルノンクールは、上記教会カンタータの録音の頃からすでに抱いていた、ボーイソプラノ歌手の歌唱力に不満を感じており、それが後の録音に於いて女声をあえて起用すると言う選択をした理由であろう。しかしながら、当時の教会、プロテスタントであれカトリックであれ、においては、歌唱はすべて少年を含めた男声によって行われていたことは明らかであり、その点で、このハルノンクールによる録音が、オリジナル編成の演奏とは言えない。この点が、このCDの残念な点である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック