中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

MBA人材マネジメント (MBAシリーズ) 単行本 – 2002/7/12

5つ星のうち 3.2 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

グローバル化、経営環境のめまぐるしい変化などで、従来の人事・組織モデルでは対応しきれなくなっている。今日のビジネス・ニーズに即した「人・組織」のシステムについて論じる。

内容(「BOOK」データベースより)

本書のテーマは、「人・組織」である。組織および組織で働く人を取り巻く問題について、企業としてどう考えるべきかをまとめている。企業における「人・組織」の問題は、現在大きな転換点を迎えている。企業の中には、組織や人事の改革に取り組み始めたところも出てきている。成果主義を評価制度に取り入れたり、報酬制度を改革しているのは、そういった動きの1つだといえる。本書は、このような時代に人・組織の問題をどのような切り口で、どのような視点から考えればよいのか、その枠組みを示すことを目指した。いわば、従来型の人・組織の考え方ではなく、個人を活かし企業の戦略実行を助けるために、人・組織をどのように考えればよいのかを論じたものだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2002/7/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478374074
  • ISBN-13: 978-4478374078
  • 発売日: 2002/7/12
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 433,974位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2

トップカスタマーレビュー

投稿者 Comet King 投稿日 2007/11/3
形式: 単行本
この本ははっきりいってレベルが高くない。人事について全く知識が無い人が読んで意味がわかるとは思えない。逆に、人事に関する知識が深い人ならこの本が使えないことがわかる。なぜなら、端的に言えば、記載されちえる概念相互の関連性が希薄だからである。目的、趣旨、実益等、議論をする上で必要不可欠な突っ込みが全く無い。古い米国のMBAに書いてあるような記載をテキトーに引用しているだけである。
加えて、書かれてから時間がたっており、新しい議論に全く言及されていない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
MBAシリーズになっていたので期待したのですが、残念です。

評価、処遇、育成、戦略等、それぞれの分野が一貫したストーリーになっておらず、各所で矛盾とまではいいませんが、理論のぶつ切りを感じます。意地悪な言い方をしてしまうと、「途中で誤解してしまっても、そのまま読み進めてしまえる」のです。

おそらく、各章ごとに実際の著者が分かれているのでしょう。企画の方のところで消化しきれなかったところが残念です。

人事部に配属された新入社員のために、人事の役割を体系的に学べる本を探しているのですが、経理・財務に比べて良書と言えるものが少ないですね。

人事を学問的に扱っている大学も少ないからでしょうか。この分野の進化を強く望みます!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
個人ã‚'æ'»ã‹ã-企業の戦略実行ã‚'助ã'る為に、
人・組ç¹"ã‚'どのように考えればいいのかについてè«-じた本。
ã"のシリーズはå...¥é-€æ›¸ã¨ã-て非常にコンãƒ'クトにまとめてあったので
私はå...¨å·»ã‚'愛読ã-ているのだが、本書はシリーズのæ°'æº-以下だ。
ã"のシリーズはその分野への興å'³ã‚'惹かせる所に意義がある。
ã-かã-本書は興å'³ã‚'惹かせない。なぜか?
本æ
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/7/29
形式: 単行本
 グロービスのMBAシリーズは読者から高い評価を得ていますが、今までシリーズとして完成していないことが残念でした。このMBA人材マネジメントでようやく「人と組織」に関するテーマをカバーし、大体シリーズとして形ができたことになります。なお本書では「組織行動論」は入っていないので、そちらはまたいずれ本になるのではないかと期待されます。
 この本が出るのに時間がかかったことから推測できるように、このテーマに関しては単純な翻訳的な本ではだめで、日本的な組織の常識とMBA的な組織の常識の間にあるギャップをどう埋めるかがポイントとなります。本書ではそのギャップを乗り超えようとがんばっている姿勢が見えますが、残念なのは複数の著者によって書かれているため、グロービスの他の本とは異なりぶつ切りになっているという印象が強く、全体的な思想が読み取りにくいところです。たとえば二章二節の日本型雇用と人事システム自体は読みきりとなっていますが、それが他の章にどう跳ね返っているかが分かりにくいのです。また第三章の組織文化の章も個別に見ると完成度は高いのですが、本の中では孤立しているような印象があります。
 日本の組織変革を従来型の人事部の改革によって達成しようとするのか、それともその役割を人事部に任せようとするのかという点が、グロービス自体の日本企業への食い込み(研修営業のこと)を配慮したた
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 マネージャーとして、組織運営に携わっていらっしゃる方については、組織の力を引き出す人材マネジメントの方法をこの本で身に付けることができると思います。最近たくさんの人事に関する書籍が出版されておりますが、主張点が偏ったものが多く見受けられます。企業の人事担当者としては、「こんな事を書かれたのでは、そこで働く社員はたまらないな」と危険を感じるような書籍が多い中、本書は良識を持った内容になっています。
 また、体裁・レイアウトなど使い勝手がよいのもこのシリーズの長所だと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告