¥2,640
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2) (日本語) 単行本 – 2001/10/13

5つ星のうち4.2 54個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,640
¥2,640 ¥1,086
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 2 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2)
  • +
  • 図解でわかる企業価値評価のすべて
  • +
  • バリュエーションの教科書
総額: ¥7,700
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

商品説明

   昨今、タイトルに何がしかMBAと書かれた本は、ときとして西欧的なMBA教育のメリットの礼賛か、冷たく無味乾燥なファイナンス理論の本だと、先入観を持って考えられてしまうところがあるかもしれない。けれどもこの本では、精緻な企業価値評価理論を知るだけでなく、人々の信頼によって成り立つ資本市場を理解し、市場にかかわる人々の「息づかい」さえ感じることができる。

   著者はハーバード・ロースクールに学び、投資銀行などの前線における経験を豊富に持つM&Aアドバイザー。全8章立てで、価値評価方法の本質を説明することを目標に、基礎編と実務応用編に分けて構成されている。第3章までの基礎編では、「企業価値」およびそれを決める要因、価値の測り方など、MBA教育とその実践の場における、「経営のグローバル共通言語」を学ぶことができる。

   応用編では、「株価算定とM&Aの実務」が焦点になり、会社の値決めの実際や、「価値創造」の仕掛けに関して、最新のトピックスが数多く収められている。単色刷りではあるが図表が多く、M&Aスキーム全体についての理解の助けになる。巻末では、用語索引が日英併記され、参考書としての使い勝手もよい。

   本書は、単に理論を伝えようとする図書ではないし、練習問題がたくさん収められたテキストのたぐいでもない。むしろ、著者の「思い」が託された1冊である。ふとした行間で、現場を大事にする著者のメッセージに触れられるため、読んでいて楽しい。また、歴史的背景にまで言いおよぶ、著者の思いやりにあふれた筆遣いが印象的だ。

   これからMBA教育を受ける機会を得ようとする人、あるいはすでに企業価値評価やM&Aの知識を持つ人におすすめできる。これからこの分野に携わる人にとっては、教科書として学べることが多いし、すでに「実戦」にかかわっている人も、著者と視点を共にして、はっとすることがあるはずだ。久々に出合えた、大事にしたい1冊である。(任 彰)

著者からのコメント

教科書というより経験談収録書になってしまいましたが・・・
「会社の値段って誰がどうやって決めるの?」という素朴な疑問に答える本 を、MBA教育を受けないまま実務の世界で葛藤した者ならではの視点で書いてみました。外資系企業やM&A実務に興味のある学生諸氏から企業価値創造の責務を担う経営者の皆様まで、一読して勘所が頭に入る構成を心掛けました。難しげなタイトルにもかかわらず予想以上に広い層の方々から好評いただき、著者としては驚き喜んでいます。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は会社の値段が決められる仕組みを解明しようというものである。「投資活動の基本原理は意外に単純だ」と割りきり、核心部分だけをしっかり掴まえ、後はひたすら現場感覚で常識的に考える。そういうアプローチにより、ファイナンスやM&Aの世界が目鼻立ちすっきり見えてくる。これが著者の考える実務の視点である。

内容(「MARC」データベースより)

基礎編で、専門用語やファイナンスの背景や常識の説明から始め、実務応用編で外資系投資銀行等が実際に使う企業価値算定の各種手法を、株式評価・株式公開と企業買収(M&A)の両側面から具体的・実戦的に紹介する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

森生/明
1959年大阪府生まれ。1983年京都大学法学部卒。1986年ハーバード・ロースクール卒(法学修士)。日本興業銀行、米国投資銀行ゴールドマン・サックスにてM&A(企業買収)アドバイザー業務に従事。その後米国上場メーカーのアジア事業開発担当副社長、日系企業の経営企画・IR担当を経て1999年独立。現在は、上手国際法律事務所である西村総合法律事務所の経営顧問を始め、ベンチャー企業数社の経営顧問、M&Aアドバイスを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 日経BP (2001/10/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822242463
  • ISBN-13: 978-4822242466
  • 発売日: 2001/10/13
  • 梱包サイズ: 22 x 16 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 53件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,392位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
評価の数 54

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

53件のカスタマーレビュー

すべてのレビューを日本語に翻訳
2018年10月10日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年12月25日
形式: 単行本Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年8月23日
形式: 単行本Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年1月24日
形式: 単行本Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年8月11日
形式: 単行本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年3月8日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2006年12月17日
形式: 単行本Amazonで購入
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告