中古品
¥8
+ ¥280 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★5%還元★お支払い方法に関わらず商品価格の5%をポイント還元!※ポイントは小数点以下を四捨五入している為、一部商品は5%未満となります。 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

MBAのリスク・マネジメント―組織目標を達成するための絶対能力 単行本 – 2002/10

5つ星のうち3.7 4個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2002/10
¥8
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   現代の企業は財務的なリスクのみならず、事故、天災、戦争、社員の不正行為など、さまざまなリスクにさらされている。そして、具体例を挙げるまでもなく、リスク管理が十分に機能しなかったために、大きな打撃を受ける企業も枚挙にいとまがない。

   歴史的にみて、企業におけるリスク・マネジメントは、保険を中心とした金融リスク・マネジメントを中心に発達したため、多くの企業においてその機能は財務部門の業務の一部とみなされている。しかし、それではさまざまなリスクに対応するには十分ではないと著者は考える。そして、リスク・マネジメントを全社的な問題としてとらえ、「部署の枠を超えた統合的指導システム」である組織的リスク・マネジメント(ORM)を提案している。

   本書の内容は、リスク・マネジメントの歴史に始まり、リスク評価、リスク・コントロール、リスク・ファイナンシングのそれぞれの考え方や手法、そして組織的リスク・マネジメントプログラムの導入方法にいたるまで、リスク・マネジメントについての基本的な内容がほぼ網羅されている。リスク・マネジメント業務に直接かかわりのない人や、今後かかわる人を対象に、リスク・マネジメントの基本概念を、図を多用しながらわかりやすく説明しており、入門書としての性格も備えている。

   もちろん、米国と日本の企業経営にはさまざまな相違点がある。だが、リスク・マネジメントに関しては、米国の方がより発達しているのは間違いない。その意味で本書は、海外に進出している企業のみならず、国内で活動している企業にも参考になると思われる。ただ残念なことに、米国企業を前提に書かれているため、本文中の法律用語や経済用語に、日本の読者にはあまりなじみのないものが含まれている。邦訳にあたってこれらの箇所に注釈をつけた方が親切であったかと思う。

   世界に通用する、スタンダードかつ先進的なリスク・マネジメントの知識を得るのに、おすすめの1冊である。(戸田啓介)

内容紹介

ここ十年ほど、リスク・マネジメントが注目を集めている。金融リスクのマネジメント手法の発達、災害リスクに対する意識の高まり、法的責任の増加、そして障害、健康、退職などの人的資源のリスク、人材育成の不確実性など、その理由は多岐にわたっている。また、最近のリスク・マネジメントに対する関心は、近年起こった相次ぐ事件、それにまつわる不祥事とそれに続く対応の不手際など、一連の社会問題に対する世論の高まりに拠るところが多分にあると思われる。リスク・マネジメント分野に注目が集まっているいまこそ、リスク・マネジメントが単なる一部門の管轄ではなく、組織目標に大きく貢献できるものとして、その本質を理解すべきである。本書は、従来の財務を中心にした従来型のリスク・マネジメントではない、組織的リスク・マネジメントについて論じる。リスク・マネジメントの歴史から昨今の新型リスクに対応するための企業の組織の再編成法などを論じる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 258ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2002/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569624782
  • ISBN-13: 978-4569624785
  • 発売日: 2002/10
  • 梱包サイズ: 21 x 14.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,212,458位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
評価の数 4
星5つ
31%
星4つ
38%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
31%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

4件のカスタマーレビュー

2005年7月16日
2003年8月14日
2002年10月17日
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告