¥ 2,376
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
MATSUMOTO がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

MATSUMOTO コミックス – 2017/2/17

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 4,751
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • MATSUMOTO
  • +
  • GET JIRO!
  • +
  • ザ・ボーイズ 1
総額: ¥8,640
ポイントの合計: 261pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

日本のマンガ界が真剣に対峙することを避け続けた「日本犯罪史上最悪の凶悪事件」を、
フランス人の作家がバンド・デシネ作品として描き出した!
事実に着想を得、かつて実在した宗教団体のテロ事件をめぐる真実の物語、その衝撃の問題作が遂に邦訳化!

1994年、日本の小都市松本。
物語の登場人物のひとりである宗教団体の教祖は、30以上の会社を束ねるコンソーシアム代表をも兼ねていた。
しかし、信者たちにとって、彼はヒンドゥー教の神シヴァの生まれ変わりであった。
だが、宗教に名を借りた彼の組織の真の目的は、「ハルマゲドン」を引き起こし、
日本政府を転覆させることであり、組織の実行部隊を指揮する指揮官は、
松本で致死性の神経性ガス兵器の開発を極秘に進めていた。
しかし、松本は彼らの計画の第一歩にしか過ぎなかった。
1年後の1995年3月20日――後に「地下鉄サリン事件」として世に知れわたることになる恐るべき計画。
それは、第二次世界大戦後、日本で起きた犯罪史上、最大最悪のテロ事件として現実のものとなる!
『テラ・アウストラリス(南方大陸)』(Terra Australis)の作者LF・ボレとフィリップ・ニクルーが手を組んで贈る、
想像を絶する事件の真実を後世に伝え、理解のための手がかりを与えてくれる、驚愕のバンド・デシネ作品、迫真のオールカラーで登場!


【巻末特別対談LF・ボレ×切通理作】
巨大な悲劇、サリン事件とは何だったのか!――事件から20数年。
今なお混沌として、さらなる悲劇を繰り返し続ける現代社会への黙示録と化したこの事件の虚実を、気鋭の評論家、切通理作と『MATSUMOTO』原作者、LF・ボレが徹底解明するスペシャルインタビュー&解説を特別収録!

【切通理作プロフィール】
1964年東京都生まれ。文化批評。著書『お前がセカイを殺したいなら』など、映画、コミック、音楽、文学、社会問題とジャンルをクロスオーバーした批評で注目される。
『宮崎駿の<世界>』でサントリー学芸賞受賞。映画雑誌、文芸誌、新聞など幅広いメディアで時評・書評・コラムを執筆している。

内容(「BOOK」データベースより)

暴力と祈り。今、世界には過激派組織ISILによる戦争、頻発する無差別テロと、死と神話的暴力が広がり続ける。20数年前のこの事件とは、混沌と破壊的暴力の21世紀に対しての黙示録だったのか!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • コミック: 199ページ
  • 出版社: Graffica Novels (2017/2/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4416716702
  • ISBN-13: 978-4416716700
  • 発売日: 2017/2/17
  • 商品パッケージの寸法: 26 x 18.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindle版で購入
フィクションではあるが、オウム真理教が起こした松本サリン事件、地下鉄サリン事件を題材とした漫画。
日本の漫画と比較するとページ数が少なく割高にも感じられたが、フルカラーであり迫力も十分。
自分の高校生の頃に起きた該当の事件を思い返した。
できることなら日本の漫画でも同一題材に挑戦して欲しい。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
フランスの方が松本サリン事件を扱ってくれたことにありがたく感じます。20数年前、世界初の大規模都市型科学テロが起きたのが、我が国であることは哀しい現実ですが‥
風化してしまっていますね。防災ムックに、防毒マスクの使用法なんて掲載してませんから。
あやふやなテロ対策法案の行く先も相まって、事件を再認識させてくれてありがたく思っております。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
最初の印象は、「価格の割にページが少ない!」。マンガだけだと189ページ。平均的な日本のマンガ単行本だと大体250ページ弱なので、薄っぺらいなという印象。その後に、文章での解説が入ってかろうじて200ページ。出版側としてもなんとか200ページにしようとの努力の跡を感じます。
内容ですが、リアルタイムで当時の事件を見ていた者としては、新しい視点は無かった。もっと、多くのエピソードがあるのに、なぜここだけ?という物足りなさを感じます。オーム事件のことを知らなかった人が、ざっとレビューするには良いのかも。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告