通常配送無料 詳細
通常1~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

MARCH STORY 1 (サンデーGXコミックス) コミックス – 2008/12/19

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • MARCH STORY 1 (サンデーGXコミックス)
  • +
  • MARCH STORY 3 (サンデーGXコミックス)
  • +
  • MARCH STORY 4 (サンデーGXコミックス)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 44pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/12/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091571565
  • ISBN-13: 978-4091571564
  • 発売日: 2008/12/19
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

投稿者 紙魚 VINE メンバー 投稿日 2008/12/22
形式: コミック
 舞台は18世紀ヨーロッパ。
 美しく細工された品物に宿る小さな命。人間に災いをもたらす悪魔のような存在。それは“イル”と呼ばれている。“イル”の潜む品物に触れてはいけない。人間の欲望に反応し目を覚ましたら……
 アンティークハンターを名乗るマーチ。実は“イル”が潜む品物追う狩人「システ・ビハード」で――(1〜4話収録)

 ストーリーとしては一話ごとにマーチが別の街に行き、イルの正体を突き止めたり戦ったりするような形になります。“イル”に憑かれた人間がどういう行動をとるのか、そしてマーチはどう対応するのか見所です。最後の話はマーチの過去の話であり、どうしてシステ・ビハードになったのかが描かれています。それと同時にマーチについて様々なことが判明するのですが、それらがどうなるのかが非常に気になります。
 『新暗行御史』で知っている人多いと思いますが、とにかく絵が綺麗です。大コマでの見せ方、登場人物の表情などは勿論。設定の都合、骨董品など精緻な模様のものが多く出てきますが、丁寧な書き込みによって雰囲気がでています。これは思わず触ってしまうよ、というか。マーチの戦い方もすごく華やかで見ごたえがあります。これは是非、直接見て確認下さい。

 ストーリー、イラストともに読者を楽しませてくれる作品。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
3巻まで読んでのレビュー。
美しい骨董品の中に潜み、その美しさに惹かれ、あるいはその囁きに誘われて触れた者の心臓を奪い、
人を殺させることによってその宿主の体を完全に乗っ取るという「イル」。
そしてそれを追う狩人「システ・ビハード」。
この二項対立で一つ一つ進んでいく物語です。
特に既刊3巻の時点ではイルによる強大な敵対組織などは出てきていません。
(まあそれやっちゃうとジャンプ臭くなるのでやめてほしいですが。)

絵は相変わらずきれいだし、骨董やマーチの荊棘の技も美しいです。
しかしこの作品には話に芯が通っていないように感じました。
キャラの台詞ひとつとっても、普段は普通にしゃべってるのに
戦闘時にはマーチもジェークも少年のような稚拙かつ乱雑な口調になったり・・・
こんなところに違和感を感じるのは自分だけでしょうか?
キャラクターの年齢や普段の性格なども考えると一貫性を損なわせてるように感じます。

戦闘も絵は奇麗。でもひとつの物語の終わり方がこじつけばっかり。
ややネタばれになるが、仮面の話では拮抗した戦い(むしろマーチが劣勢)だったのに、
イルが少しうろたえている隙をついて
後ろからグサリ。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ダークファンタジーではあるが、あまり暗くない作品だと思う。
知っている作品からすると、「D,Gray-man」+「ベルセルク」のような印象を受けた。

ストーリーを追う為に、只ページを捲って読むだけの作品ではなく
美術品・工芸品を魅せる事を考えて、描かれているように思える。
アンティーク品を扱っているだけに、装飾美・造形美を重んじており
ふんだんに使う事によって、画力が高い作者の技術が存分に活かされている。

同族狩りをしていても復讐劇ではなく、良心や善意で行動している為に
話の土台は悲劇なのだが、暗さはあまり感じない。
しかし残虐シーンも結構あるので、一般向けとまでは行かないかと思う。

主役のマーチは、制約を受けて生きているが、クールな暗い人間ではなく
普通に笑うし、狐に褒められて、素直に喜んだ時は可愛かった。

今の所、1番好きなのはジェーク。
ビジュアルは多少人間離れしているが、マーチを助けた時の強さは
腕っぷしもさる事ながら、優しさを持った精神の方も強く光っていた。

私も、「新暗行御史」の作者の新作だからと思って読んだ為か、最初は物足りなさを感じた。
しかしこの作品は、狩り
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Zaan 投稿日 2009/4/26
形式: コミック
まず、絵がすばらしい。
ストーリーも、良作の童話といった感じで、いかしてます。
ちょっと残酷な描写もありますが、アンデルセンや
グリムだって絵にしたら、こんな感じですよね。

深夜に読むと心にけっこう染みます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告