通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
MAKERS―21世紀の産業革命が始まる がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付きです。帯、裏カバーにヨレは見られますが、ページ部分は使用感少なく、きれいな状態を保っています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる 単行本 – 2012/10/23

5つ星のうち 4.3 136件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 1,700 ¥ 537

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
  • +
  • フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
  • +
  • シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略
総額: ¥6,048
ポイントの合計: 181pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「デジタルによる革命は、これからが本番だ──」

『フリー』以上の衝撃──ベストセラー『フリー』『ロングテール』のクリス・アンダーソンが描く次のパラダイムシフトは〈メイカームーブメント〉だ!
21世紀の製造業は、アイデアとラップトップさえあれば誰もが自宅で始められる。ウェブの世界で起こったツールの民主化が、もの作りの世界でも始まったのだ。メイカーズ(モノ作る人々)の革命が、世界の産業構造を再び変える! ベストセラー『フリー』『ロングテール』の著者が描く、次のパラダイムシフト。

内容(「BOOK」データベースより)

『ワイアード』US版編集長で世界的ベストセラー『フリー』『ロングテール』の著者クリス・アンダーソンが、新産業革命の最前線へと読者を誘う。今日の起業家は、オープンソースのデザインと3Dプリンタを使って製造業をデスクトップ上で展開している。カスタム製造とDIYによる製品デザインや開発を武器に、ガレージでもの作りに励む何百万人という「メイカーズ」世代が、製造業の復活を後押しする。ウェブのイノベーション・モデルをリアルなもの作りに持ち込むことで、グローバル経済の次の大きな波を起こすのだ。世界規模で進行する「メイカームーブメント」を決定づける一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: NHK出版 (2012/10/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140815760
  • ISBN-13: 978-4140815762
  • 発売日: 2012/10/23
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 136件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,417位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 アルチザン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/10/28
形式: 単行本 Amazonで購入
「ロングテール」「フリー」と的確に社会を見つめ、ベストセラー連発のクリス・アンダーソンの作品。
それだけに見方はとても信頼できる。
私もモノとITの関係は以前から、とても気になっていた。
ともすれば、ITが世の中のすべてだと考える人がいる。
とくにホワイトカラーとして働き、毎日、書類(PC)をいじっていると、そう誤解するかもしれない。
が、我々は物理的存在であり、自然から与えられたものを食べ続けなければ死んでしまうというのも現実だ。
インターネットを利用して、決定的にモノの作り方が変わろうとしている。
そのインパクトはインターネット自身よりも大きい。

誤解してはいけない。現実のモノの作り方が変わるほうが、ITの変化よりはるかに大きく、急速なのだ。
この本は20世紀型製造業はとても大きいロットでしかモノを作れなかったが、21世紀型製造業はとても小さいロットでもモノを作れることを多くの実例でもって示している。(全部だとは言っていない、そういうものがたくさんあるということ)

個人ですら、製造を発注できる。
その方法は、アウトソーシングするか、自分たちで3Dプリンターで作るか、いろいろあると指摘する。
そして、オープンソースハードウェアの未来がいか
...続きを読む ›
1 コメント 205人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容は、調査、主張や論の展開共に稚拙で、「3Dプリンタがいかに便利で、ものづくりを一般消費者の手に近づけるか」をただ繰り返しているだけである。
第二次産業革命に関して触れてはいるが、その考察に関してもあまり目新しい目線はなく、著者が主張する「3Dプリンタがもたらす、将来の第三次産業革命?」との明確な接点を不明瞭なままである。
とにかく、大事な話同士の繋がりを全て「これを3Dプリンタが変えるのである。」という一言でまとめており、論に深さを感じないし、読者に思考のきっかけを与えないつまらないものだ。
事実に関する理解も主観的なものに終始しており、それが事実かどうかは、読者は判断する事ができないだろう。

読者に誤解してほしくない点として、著者の主張が間違っているのではないということだ。
著者の持つビジョンは、私自身頷くところも多くある。

しかしながら、あまりにも緻密さが展開に欠けている為、なかなか納得することは出来ないだろうし、何より著者の主張は既に一般的なメディアでも様々な考察がされており目新しさが無い。

これは完全な蛇足だが、著者は、3Dプリンタの開発販売を行う3DRobotics社のCEOであるため、一般消費者や製造業従事者、製品デザイナーの目線を利害関係なく収める事はとてもむ
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/10/27
形式: 単行本
「20世紀のもの作りモデルの長所のひとつは、規模の最大化だ。だがそれは同時に、少なくとも21世紀の視点からは、欠点でもある」。

デジタル革命やウェッブの進歩が製造業の未来にどのような変革を与えるのか、既に見えている様々なトレンドから多少の希望も込めて説明している本。著者は「フリー」や「ロングテール」というベストセラー本を生み出した「Wired」誌の編集長。

自分のアイディアをCADなどのデジタルツールで画面上でデザインし、3Dプリンタをはじめとするデスクトップ工作機械で試作品を作り、ネットのコミュニティで仲間を募って意見交換し、気に入ってくれた人からネットで小口資金を集め、CtoBの形でクラウドサービス化している受発注ネットワークシステムを使って最も適した製作会社を世界から見つけて製造を委託する。そういう新しい製造業の形がひとつのモデルとして描かれている。

これだと、規模の最大化は必須条件ではなくなる。アイディアを形にするために大きな工場を作ったり多額の資金を集めたり大勢の人を雇う必要もなくなる。一連の活動の中でマーケティングすらできる。しかも、まだまだ成熟する余地があるとはいえ、既にどのプロセスも実際に登場しており、少なくない成功例も出てきている。まさに、新たな産業革命の幕開けである。

「デジ
...続きを読む ›
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
MAKERS(クリス・アンダーソン著)読了。

「IT革命」がウェブの中だけで完結した時代を超えて、今まさにモノ作りに波及しようとしている動きを明らかにした一冊。

▼ある程度まとまった需要の見込める製品開発を行い、大量生産によって単価を下げる・・・必要が無い。
▼工場などの生産設備への大規模な初期投資・・・をする必要がない。
▼労働力の安い途上国に生産現場を移してコストを下げる・・・必要が無い。
▼債券や株式の発行によって資金を集める・・・必要が無い。
▼中小企業が、開発力において大企業に勝てる

産業革命以降の製造業にとって、一種の常識になっているようなものが、次々と覆されつつある事に衝撃を受けざるを得ませんでした。

面白いのは、著者のクリス・アンダーソンが評論家としてでは無く、「ドローン」を開発した3D Roboticsの経営者として、実際にプレーヤーとしてこのムーブメントを牽引している点。

そして2012年に執筆された種々の指摘が、今この2015年になって次々に現実化しつつある状況を見るのは、手に汗を握る体験でした。

そしてこの流れの中に、日本が取り残されているのを思い知らされるのはなかなかにショッキングでした
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック