¥ 2,029
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
MACROCOSM がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,350MP3アルバムを購入

MACROCOSM


仕様
価格
新品 中古品
CD 1枚組
¥ 2,029
¥ 1,988
この商品の特別キャンペーン 【10%OFF】 まとめ買いキャンペーン 1 件


Amazon の PC-8 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 【10%OFF】オーディオとCD/レコードのまとめ買いキャンペーン実施中。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【まとめ買い1000円OFF】CDレコとCD 該当のCDとスマートフォンへ音源を簡単に取り込めるCDレコを一緒に購入すると表示価格から1000円OFFになるキャンペーンを開催中。 今すぐチェック

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2011/10/19)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: TRANSONIC DATA ARCHIVES
  • ASIN: B005H0ZW9C
  • JAN: 4526180048961
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 94,304位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
2
30
3:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
3
30
3:27
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
4
30
4:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
5
30
3:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
6
30
88
88
3:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
7
30
6:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
8
30
8:07
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
9
30
6:55
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 

商品の説明

内容紹介

伝説のテクノハウスユニットPC-8、
20年の時を経て初のオリジナルアルバムリリース!

現在から遡る事20年、まだバブルの余波が残る1991年に日本初のハウスムーブメントが誕生した。そのムーブメントの中でも屈指の実力派トラックメイカーユニットとして知られていたのが当時、若干20歳だったハゼモトキヨシ、トミザワナカによるPC-8だった。OPENしたばかりの西麻布YELLOW、芝浦GOLD、川崎クラブチッタでのハウスパーティーなど殆どの大箱でのライブパフォーマンスを行い、当時人気絶頂だった808STATEのフロントアクトを務め、TVK(テレビ神奈川)の先鋭的な音楽番組への出演などで人気を博していた。だが、インディーテクノレーベルが確立されていなかった時代の為、リリースは主にメジャーのコンピレーションアルバム、TOKYO HOUSE UNDERGROUND VOL.1 (SONY)、DANCE 2 NOISE 001 (VICTOR)、SIM HOUSE 2001 DAISY GROOVE (SSE)に参加しただけで、ユニットの活動期間も短かった為、単独作はリリースされなかった。それから20年、遂に伝説として語られていた日本初のテクノハウスユニットPC-8のアルバムがリリースされる。全曲1991年ではまだ珍しかったDATマスターを発掘、それを2011年最新マスタリングし、更にはメンバー自身によるリミックストラックをも収録。その先鋭性により、これまでメディア、インターネットにはほとんど情報として残っていなかったミッシングリンクが今、解き明かされる。これは現在のクラブシーンを揺るがす重大な事件である。

アーティストについて

1991年ハゼモトキヨシ、トミザワナカにより結成。まだ誕生したばかりの都内のクラブ(西麻布YELLOW、芝浦GOLD、川崎クラブチッタなど)で数多くのライブパフォーマンスを行う。 リリースとしては主にメジャーのコンピレーションアルバム、TOKYO HOUSE UNDERGROUND VOL.1 (SONY)、DANCE 2 NOISE 001 (VICTOR)、SIM HOUSE 2001 DAISY GROOVE(SSE)に参加。TVK(テレビ神奈川)の音楽番組ファンキートマト(メジャーデビューしたばかりの電気グルーヴが司会をしていた)、トマトファーム(新人バンドコーナーで何故かメジャーデビュー前のシャ乱Qと共に紹介され、スタジオライブを行った)にも出演。人気を博すも、1992年2月に川崎クラブチッタで行われた808STATE来日公演のフロントアクトをタカハシテクトロニクスと共に務めた後、解散。ハゼモトはタカハシテクトロニクスのタカハシコウジとMUTRONを結成するも短期間で解散。その後INTERFERON名義でソロとして活動。 1993~4年にかけて海外ライセンスもされた福岡のテクノレーベルSYZYGY RECORDSのコンピレーションアルバムBELIEVE IN THE FREQUENCY POWERやExT Recordingsの前身に当たるTRANSONIC RECORDSのコンピレーションアルバムへの参加、1994年に唯一のアルバムとなったSEANCE-ROOM MUSICを発表。その直後より、ゲームのサウンドメーカーでの活動が主になり表立った活動は無かったが、2011年、永田一直の呼びかけによりiTunes StoreでアルバムSEANCE-ROOM MUSICを再リリース。その際、17年振りの新曲をボーナストラックとして提供したのを皮切りに、ライブ、DJ活動を再開した。トミザワは解散後、ハードコアテクノトラックメイカーUNIVERSE LEZのタナカトモノリとKING OF OPUSを結成。1993~4年にかけて前述のコンピレーションアルバムBELIEVE IN THE FREQUENCY POWERやTRANSONIC RECORDSのコンピレーションアルバムへの参加、1995年にファーストアルバムCIRCUMSTANCES VICTIMIZATIONを発表。ダブを基調に世界で最も早かったとされる、モンド/ラウンジ要素を取り入れたブレイクビーツトラックは現在にいたるまでテクノシーンに限らずあらゆるクラブシーンでの評価が高く、2006年に再リリース、2011年にはiTunes Storeで配信が行われた。トミザワはMUMBLE MAN名義でジャマイカプレスの7インチシングルのリリースなどレゲエ方面での活動も行っている。2007年にはセカンドアルバムLASTをavexよりリリース。現在も精力的に活動している。 また、横浜のPAN PACIFIC PLAYAや関西ダブシーンなどの多くの00年代アーティスト達がKING OF OPUSのファンで


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう