• 参考価格: ¥ 1,432
  • OFF: ¥ 25 (2%)
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Lucky Man: A Memoir がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 TMC書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少々の使用感はありますが比較的きれいな状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Lucky Man: A Memoir (英語) ペーパーバック – 2003/3

5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー

その他(13)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,958 ¥ 427
ペーパーバック, 2003/3
¥ 1,407
¥ 1,149 ¥ 580
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 160
CD, Abridged, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 4,302 ¥ 1,734
カセット, Abridged, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 2,566 ¥ 1,179

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Lucky Man: A Memoir
  • +
  • Always Looking Up
総額: ¥2,677
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容紹介

A funny, highly personal, gorgeously written account of what it's like to be a 30-year-old man who is told he has an 80-year-old's disease.

"Life is great. Sometimes, though, you just have to put up with a little more crap." --Michael J. Fox

In September 1998, Michael J. Fox stunned the world by announcing he had been diagnosed with Parkinson's disease -- a degenerative neurological condition. In fact, he had been secretly fighting it for seven years. The worldwide response was staggering. Fortunately, he had accepted the diagnosis and by the time the public started grieving for him, he had stopped grieving for himself. Now, with the same passion, humor, and energy that Fox has invested in his dozens of performances over the last 18 years, he tells the story of his life, his career, and his campaign to find a cure for Parkinson's.

Combining his trademark ironic sensibility and keen sense of the absurd, he recounts his life -- from his childhood in a small town in western Canada to his meteoric rise in film and television which made him a worldwide celebrity. Most importantly however, he writes of the last 10 years, during which -- with the unswerving support of his wife, family, and friends -- he has dealt with his illness. He talks about what Parkinson's has given him: the chance to appreciate a wonderful life and career, and the opportunity to help search for a cure and spread public awareness of the disease. He is a very lucky man, indeed.

The Michael J. Fox Foundation
Michael J. Fox is donating the profits from his book to the Michael J. Fox Foundation for Parkinson's Research, which is dedicated to fast-forwarding the cure for Parkinson's disease. The Foundation will move aggressively to identify the most promising research and raise the funds to assure that a cure is found for the millions of people living with this disorder. The Foundation's web site, MichaelJFox.org, carries the latest pertinent information about Parkinson's disease, including:
--A detailed description of Parkinson's disease
--How you can help find the cure
--Public Services Announcements that are aired on network and cable television stations across the country to increase awareness
--Upcoming related Parkinson's disease events and meetings
--Updates on recent research and developments

出版社からのコメント

Michael J. Fox’s remarkable story of his ten-year battle with Parkinson’s Disease – now in paperback --このテキストは、ペーパーバック版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 272ページ
  • 出版社: Hyperion; Reprint版 (2003/03)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0786888741
  • ISBN-13: 978-0786888740
  • 発売日: 2003/03
  • 商品パッケージの寸法: 13 x 1.9 x 20.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 39,150位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
お茶目でキューÈなキャラクター、テレビシリーズや映画で受けるマイケルの印象は総じて明るいものが多い。しかし、マイケル自身はそれを虚構だと言いきる。人気テレビシリーズファミリータイズは全米2位の好成績、代表作バックツーザフューチャーは空前のメガヒット。はたから見れば全てが順調のようだが、実際のマイケルは、いつも何かに追われるような恐怖を感じ、人の期待を裏切らないための無理な努力を重ね、地に足のつかない、彼の言葉を借りれば“バブルの中”に生きていた。パーキンソン病と診断されても、なかなかその事実を受け入れられず、人から隠すことに専念していた。
この本は、今まで私が抱いていたマイケル像とは全くの別人、一人の弱い人間としてのマイケルを浮かび上がらせる。精神的ギリギリの極限まで追い詰められたマイケルは、やがて自分の恐怖や弱さと正面から向き合う決心をして、セラピストや家族に支えられながら、現実を受け入れていく。病気、家族、仕事、それぞれの局面で、本当に大切なものを見出し、今まで自分が捕われていた価値観から脱却して、自然体で生きる姿勢を身につける過程が細やかに描かれている。個人的には、マイケルが自分の中にある恐怖と向き合う第6章が最も印象深かった。誰もが心に抱える闇、それと向かい合うのは恐ろしいことだ。しかし、様々な精神的束縛から自由になり、真に自分らしく生きるため、それ
...続きを読む ›
コメント 127人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/1/2
形式: ハードカバー
マイケルのことを、「小さな巨人」と言った人がいました。小柄なのに、彼の持ち味は一度見たら忘れられません。間の取り方、コミカルな演技の合間のなんとも言えないお茶目なアドリブ・・・。代表作バックトゥーザフューチャーはじめ、ファミリータイズ、摩天楼はバラ色に、そしてスピンシティーに至る数々の映画、TVドラマにそれはあふれんばかりに見られます。
残念ながら、パーキンソン病と闘病するため、最新作アトランティスのように、声優として声しか聞けませんが独特のちょっとハスキーな声もアニメのキャラクターのイメージをさらに広げるものと、とらえています。
今度出版される自叙伝「ラッキーマン」はマイケルが難病にかかったことまでも、ラッキーと受けとめ、家族の支えと共にとても前向きに生きていく心の叫びを本にまとめたものです。
パーキンソン病財団を作ったり基金を設立したりと、なかなか陽の目を見なかった病を自らの病名を告白することで、世界中の同じ病気で苦しむ人たちのリーダーになり、頑張っているマイケル・J・フォックスに心から拍手を送り応援していきたいと思います。
コメント 108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
 昨今、日本では多くの芸能人が自伝を出しているが、その多くは知名度に頼った見るに堪えないものだ(と僕は思っている)。
そして、この本を読んで思ったことは、そういった芸能人に読ませたいもんだっ、ていうことです。
一人の絶頂を極めた俳優が、不治の病と向き合う姿には、多くの読者が何か得るのもがあるはずだし(僕はあった)、同じ病気を持った人、その家族はどんなに励まされるだろうか。そういう意味で、彼や多くのハリウッドの俳優(ジュリアロバーツ等)というのは、多大な社会貢献をしているように思う―
 この本を読んだら、内容の無い、芸能人の暴露本なんて読む気がなくなるんじゃないかと思う。くだらない芸能ネタを仕入れる目的ではなく、本当に彼の訴えようとしていることを理解し、自分の人生のプラスにしたいと考えている人ならば、買って損はしないでしょう(英語はそれほど難解ではないですし)。
コメント 130人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
マイケル・J・フォックスについてはバックトゥザフューチャーのシリーズ以外はほとんど記憶になく、いつのまにか自分の興味の外から消えていた。
覚えていることといえば、背が小さく、童顔で、コメディー向きの永遠のティーンエイジャーだということだ。
しかしこの本を読んで正直言ってびっくりした。彼がパーキンソン病で苦しんでいたこともよく知らなかったが、彼がスターでいる間にもより「普通の人」として悩んでいたことを知ったからだ。
それと彼の文章力にびっくりした。想像力にあふれていて、実に映像的でドラマティックなだけでなく、ユーモアや皮肉がきいていて読ませる内容だ。まるで小説のような彼の持ち味は、これからも彼の書く本を読みたくなる気になる本だった。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック